動画

お勧め

お勧め2

書籍・雑誌

2011年8月 6日 (土)

「なでしこ激闘録」

先ほど、読んでみました。PCばかりじゃいけません。

でも、PCに向かうけどね。

まず巻頭を飾るコラム「空前絶後の快挙がもたらしたもの。」に感銘を受ける。

だれ?ってよく見たら金子達仁。さすがです。Nnmberのいや日本でも有数のスポーツライターだ。

「日本人は日本人に甘すぎる。盲目的過ぎる。ここ十数年来、そう感じ続けてきた。」で始まるこの文章。

日本人は、なでしこに辛すぎる。

2011年7月17日、フランクフルトで行われた第6回女子ワールドカップ決勝戦は、日米両国民にとってはもちろんのこと、それ以外の人々にとっても強烈な印象を残した試合だった。~サッカーびいきと笑われるのを承知で断言させていただくならば、これは日本スポーツ史上最高の快挙である。空戦絶後の快挙である。  

帰国してからのなでしこたちに寄せられている賛辞は、だから、私にはまるで物足りなく感じられてしまうのだ。

被災者の諦めない姿は、なでしこに2度の跳ね返す力を与えた。

  そろそろ 気が付かなければ。

  花を咲かせ続けるためには何が必要か。

  土と水である。

  国民栄誉賞ではない。

  なでしこを、徒花にしてはいけない。

と、結んでいます。

良い文章でした。ブログにも生かしたいなぁ~無理だけど。

次のコラム「再びの絶体絶命のもおれなかった心」も良かったし、澤選手はじめ各選手のコメントも凄く興味深い。

この優勝は奇跡ではなく必然であったと思うし、そして彼女らはさらなる高みへとすでに向かっている。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

1日5分でお肌プルップル♪美顔器980円?

2011年7月28日 (木)

なでしこ特集

ちょっとした情報を。。。

次のNumberは「なでしこ特集」です。

「完全保存版 なでしこジャパン激闘録」特集(仮)

そうそう、これ見たかった。Numberを、先日はこんなイメージで、探しに行ったんです。それで安藤選手の記事を見つけたわけです。まあ、それはそれで良かったのですけどね。

【決勝レポート】
「アメリカには負ける気がしなかった」
【MVP&得点王】
澤穂希
キャプテン澤の「有言実行力」
【FACES OF 21】
なでしこジャパン21人の肖像
宮間あや「普通にできたのが勝因です」
川澄奈穂美/丸山桂里奈/海堀あゆみ
岩清水梓/岩渕真奈ほか
【新・名将の条件】
佐々木則夫 「優勝するための4つの法則」
【インサイドストーリー】
彼女たちの涙と汗の22日間。
【プレイバック頂点への軌跡】
準決勝 vs.スウェーデン「小さな変化と大いなる勝利」
準々決勝 vs.ドイツ「発想の転換で難敵を下す」
グループリーグ全3戦
【カズへの手紙 特別編】
三浦知良 「なでしこたちへのラブレター」

うわー、今TV見たらなでしこ出てますね。川澄と澤。とんねるずの食わず嫌い当てるやつ。

また、これを読んで感動を思い出し、そこに浸りたい。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

1日5分でお肌プルップル♪美顔器980円?

2009年8月30日 (日)

「向日葵の咲かない夏」

「向日葵の咲かない夏」を最近読みました。

文庫になってから時間もたってますから、話題としては遅いと思うけど。

覚書として。

まず序章の友達が死んでクモになるところから、え~happy02となったのに

ラストに行くまでの間に話が凄い展開をして一気に読み終えました。

大体、ぼくという主人公の一人称で書いてある文章で

読んでいる者はほとんどこの主人公に思い入れがあるだろうに

この裏切られ方はどうだろう。

最近の小説のには、ジャンルというものを付け難くなっているようだ。

それは多分、私たち以降の漫画世代からなのではないかな~

と勝手に解釈しているが。。。

韓国でも日本の小説が受けていると聞くけど

こういった小説は漫画とともに日本の文化の特徴だと思う。

と勝手な思い込み。

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ