文化・芸術

2017年7月 8日 (土)

「髑髏城の七人」における蘭丸について

いや~久々のブログだよ。
 
今日はやたら暑かったから2015XOIを見て涼んでました。
この年の高橋大輔のラクリモーサとデニステンのえーと、とにかくあのプログラムは最高だった。
このラクリは、氷艶で弁慶が死んだ時にぴったりのプログラムだと思った。
最高だったね、氷艶。この話はまた今度。
 
新感線の「髑髏城の七人」シリーズが幕を開け、花鳥風月の花を氷艶と同時に見た。
新感線の代表作とも言えるこの髑髏城を4種類の作品として、解釈と脚本、役者をすべて変えて4つの作品を3か月づつ一年かけての上演になる。
前から言っているように私の一番好きな作品「アオドクロ」もやはり「髑髏城の七人」を
もとにしたものだ。
初めて見てもとにかく面白いから別に前もっての予習などは必要ないが
森蘭丸と天魔王と捨ての介の関係性をよく考えて見ないと納得がいかない(多分)または疑問点が出てくると思うのだ。
4つとも違う観点から脚本してるから4つの作品となるわけなので、面白いのだが
どの作品を見るか、そして自分の好みに合うのかで大きな印象の違いが出てくるだろうね。
私は今花と鳥を見たが、蘭丸だけで言えば、完全に鳥が私好み。
これはやや「アオドクロ」に近かった。
おっと、順序だてないといけない。
 
天魔王は蘭丸を仲間に引き入れる為に、薬を使う。
薬のせいではあっても、あまりにも急激な正から悪への転身。
(ダークサイドに堕ちた美しい剣士)
この後の残虐非道なふるまいにどうして?と疑問を持つのだ。
 
「アオドクロ」
・信長(天)の影武者であった天魔王(智)と捨之介(地)は同じ顔である。
(天魔王と捨ての介は同じ役者・市川染五郎が2役を演じる)
・信長が死ぬ時、天魔王は一緒だったが、蘭丸は信長に生きろとの命で城から逃れる。
・捨之介は、情報収集の為、信長の死に間に合わなかった。
 
初めは仲間を助けようとして髑髏城に乗り込んだ蘭丸だったが
天魔王に薬を使って誘惑されてしまう。
蘭丸は信長のことを、愛していた。
絶対的に愛。
蘭丸は信長の小姓だったし、この時代肉体関係にもあったというのは有名な話。
本当は一緒に死にたかった。。。
生きろと言われていままで生きていたもののそれが本当の自分なのか。。。
なぜ自分は生きているのだ。
殿と共に華々しく生きてきた日々が忘れられない。
 
だから天魔王の
「蘭丸なんの為に生き永らえているのだ?殿はそんなことの為にお前を逃がしたのか?」
「鉄砲300丁?そんなものは要らん。欲しいのは森蘭丸、お前だ。」
そして口移しに血のような薬を飲まし、惑わせる。
このシーンはゾクゾクしたわ~何度再生して見たことか(笑)
薬と呪縛もあったけれど、自分から望んで、
信長と同じ顔を持つ天魔王と一緒に戦い死ぬことを望んだ。
(男って生き物はそういうとこあるよね)
それまで大切にしていた縁(えにし)仲間を自ら断ち切り、
以前の自分、殿と共に常に死と隣り合わせで天下を駆け抜けてきた自分になって、死にたかったのだ。
最後に天魔王をかばって死ぬのはそのためだと思う。
 
※ちなみに「アカドクロ」は蘭丸が女だったという設定。
 
 
 
「花」
・信長と天魔王と捨ての介は違う顔である。
・天魔王は足を引きずる悪知恵の働く小さい器の男。
気が小さい分、疑い深く慎重な男である。
・蘭丸の山本耕史は影は感じるが落ち着きのある男、だいたい40歳はどうよ?蘭丸は美少年じゃなきゃね。
 
 
この公演の場合は天魔王と蘭丸、そこに捨之介を加えた3人の関係性がよくわからず
それぞれが際立ったキャラを作り上げれば良いという事か?
そうなるとアオドクロのような蘭丸の裏切りはどういう心情のものか?演じるほうも見るほうも疑問が残る。
口移しの薬のシーンも特に印象に残らず。
 
「鳥」
・信長と天魔王と捨之介は違う顔である。
・天魔王の森山未来はやや軽い感じがするな。セリフ回しもどうだろう?
・森蘭丸は早乙女太一。彼は外見的に好みではないものの若くてまあ綺麗という点と
なんといっても殺陣の見事さは今まで見た中でも別格。芸術品です。
チケット料金の半分以上はこれに払った気分。
 
これは前にやったワカドクロと同じ感じですね。
ただ前公演と「花」と違って、蘭丸がダークサイドに堕ちる過程は少し説得力があったような気はします。
祈祷師、または魔術師が復活したし、青のように歌で説明してる部分があった。
やはり口移しで薬を飲ませるが、天魔王が軽い感じだからなあ~ああ不満。
 
しかし、先日初髑髏城の友人によると、あまりの転身にびっくりとのことだったが
もうね、自分で想像、妄想することだね。
 
 
 
 

2016年7月21日 (木)

女子美 萩尾望都先生講演と原画展

7月17日に恒例となっている女子美オープンキャンパスの

萩尾先生の講演に行って来ました。

実は女子美は我が母校でして、懐かしい。。。

と言っても大きく変わっていまして、面影はニケの像とテニスコートくらいかな。。。

私は去年はうっかり見逃したので、一昨年の山崎直子氏との対談から2回目となります。

せっかくなので早めに行って学食でランチを食べたり、キャンパスの中を見たりして待つことにしました。

いいわねぇ~平和。

さて、萩尾先生を見るのは今年の吉祥寺であったSF原画展のトークショー以来。

またお元気そうな先生を見れて良かったです。

昨年はここで実際に先生に描いてもらった~~!!!

って、司会の方が。

去年は行かなかったんだよねぇ残念。

今年は前もって質問を募集して、それに答える形の講演でした。

1、発想の源は?(銀の三角など)

萩)幼いころから美しいものに憧れる時期を過ごし、美しいものを求めるところが原。

銀の三角は、武蔵野音大を見学に行ったとき古楽器パンフレットを売っていいた。

シタールなど初めて見たが、なんて美しいのか、誰が引いていたのかという妄想から。

2、トーマの心臓を執筆された当時は外国の資料などどうされたのか?

萩)ドイツを旅行したり、当時ヘルマンヘッセが好きで、人生についての悩みなど自分と重なった。

出版社の図書館から植物の資料を借りてドイツの花の咲く木などを想像して描いたり、

想像したりです。

3、トーマの心臓「そうして僕は生きている彼の中に」が「そうして僕は生きている彼の目の上に」になったわけは?聖書からの引用?

萩)もともとは彼の目の上にだったが編集者が分かりにくいのではということで初版は彼の中にになったが、やはり彼の中ではないという思いがあったので戻した。聖書からではない。

当時は2色刷り多く頼まれた。多色は迷って難しいので、2色は好きだった。

4、ポーの一族のようにトーマの心臓の続編は?

萩)ないです。

5、漫画のアイデアを100くらい持っていると読んだことがありますが

作品として発表していく順番はどのように決めていますか?

萩)編集者に○ページと言われたら決める。

6、波多野先生に原作提供したきっかけは?

萩)

舞台 ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/16_gogoboys/

この舞台、知らなくて、、、気が付いたときには完売してまして

チケット探していたところ某サイトに直前のチケットが格安(定価より安く)で表示されたのを

ちょっとドキドキしながら取りました。

仕事もお休みだったので、ホントにラッキーでした。

平日の昼間でも、立ち見の出る人気公演ですもの。

当日はチケットを譲っていただく人と一緒に観劇でしたが

ホントにいい方で、阿部サダオファンということでしたが、

彼のように性格がよさそうなニコニコ感じの良い方で、それだけでも嬉しかったのに

帰りにお菓子まで頂き、なんだか申し訳なかったですよ、まったく。

ああ、私はなんて気の利かないやつなんだ(涙)

帰りは、お茶でも一緒にできるかなと思ったら、急いで帰られてしまったので

やや残念でした。

_dcj5851_minithumb500x33216157thumb

_dcj5748_minithumb500x33216149thumb

私はというと、やはり岡田くん目当てかな。

岡田君は2年前に「皆既食」で舞台デビュー。

このチケットは抽選に申し込み過ぎてあまってしまい

沢山の方に買っていただいたのです。

すいません、岡田君のランボーを是非にも見た過ぎた。

でも、みんな微妙な席だったなぁ。。。

多分あれから何度目かの舞台だとは思うけれど、彼はもちろん舞台の上でも映えるし、

声の伸びも良くて、大好きです。

もっと早くから舞台で演じるべきでしたね、もったいない。

歌も上手そうだから、トートでもいいんじゃないかな。

あ、、、横道。

ところで、「ゴーゴー…」はさすが大人計画、松尾スズキって感じで。

豪華キャストがそれぞれしのぎを削る台詞の応酬とアドリブの嵐?

いや、ややついて行けない場面も時々あり、

でも意外とシリアスなテーマだったりするし、

こっぱずかしいところを隠そうとするたくらみだったりしたのかもしれませんね。

美少年が死後に自分の皮で作られた椅子になりたいと思う、怖いほどの執念を

戦争の恐ろしさだったり、テロの脅威だったりを絡めて描いています。

もっとまじめに美しく描いてもらってよかったのにねぇ。松尾さんじゃだめか。

阿部さんは今回の役はやや受身で

ガンガン来てたのは、寺島しのぶさんと、吹越満さんかな。

岡田君も美少年とマネージャーの2役なのですが、まったく違う役を上手く演じていました。

切なくも面白い舞台でありました。

追伸:劇団新感線 生田斗真主役「ヴァン!バン!バーン」のチケット

お譲り先を探しています。

8月23日12時30分~

S席1枚。

詳しいことはメールでお問い合わせください。

お待ちしています。

分からないときは、コメントを。

http://www.v-b-b.jp/

舞台 ラ・バヤデール 幻の国

http://labayadere.noism.jp/

ノイズム公演

金森さんの演出・振り付けの舞台を見るためにKAAT神奈川芸術劇場へ行って来ました。

関東の公演ではこの劇場の上演が多い。

ここは新しくて綺麗だし、広々していて好きです。

でも公共施設って、無駄に広いような気もしますねぇ。1階の空間はもっと有意義に使えないものかしら。

7月3日(日)15:00~

今回も入り口付近に金森さんがいらしてて感激。

早速、サインなど頂いてしまいました。

でも、いつも緊張してしゃべれないのがほんと残念。

おばさんになってずうずうしくなったりしてるのに、だめだわぁ。

さいたま芸術劇場のチケット買いましたというのが精一杯でした(涙)

Noism0『愛と精霊の家』

http://saf.or.jp/stages/detail/3603

来月も楽しみです。

Tumblr_o9u5bcogim1vr9m5bo4_1280

さて、「ラ・バヤデール」は

カルメンにつづく演劇的舞踊ということで

ストーリーがはっきりあるので、台詞をいう役者さんも数名参加して

その台詞によって、だいたいのストーリーは分かるが、前もって筋は把握しておいたほうが良いとは思う。

私的に狂言のような台詞をすこし大げさにいうのは好きじゃないけど

本質は踊りだし、金森さんの振り付けの素晴らしさ、演出のこだわりが素晴らしかったとは思う。

舞台美術、特に衣装はとても独特で美しくて目を引くものがある。

バレエを基にしたコンテンポラリーダンスは、やはり美しくて良い物を見た

という満足感のようなものはあるのだが、

心の興奮という点においては、

この前後に見たLOTFには、到底およばなかった。

まあ、比べることでは無いと思うのだけど。

Tumblr_o9u5bcogim1vr9m5bo1_1280

ノイズムはダンサーの技術はいいと思うけれど、これというスターがいないことが

華やかさにかけ、いまひとつ面白みにかける原因じゃないだろうか。

振り付けの金森さんは、もちろん才能はあるのだけど。

舞台にも出て欲しい。

多分いま舞台に出ても相当のオーラを持っているはず。

残念。。。。

さいたまでは出演されるのかな?

2016年4月29日 (金)

ポーの一族 続編「春の夢」

萩尾望都「ポーの一族」新作が40年ぶりに登場!flowersに掲載 http://natalie.mu/comic/news/185359

2070912_201604280982706001461825050

http://www.hagiomoto.net/news/2016/04/2016528.html

2016年5月28日頃発売の『月刊flowers』7月号に、萩尾望都先生の「ポーの一族」新作が掲載されます。4月28日発売の『flowers』6月号に予告が掲載されました。

「ポーの一族」の新作は「春の夢」というタイトルで、7月号には前編40ページが載り、前後編だそうです。『flowers』創刊15年周年記念企画で、40年ぶりの続編です。1944年、戦火を逃れてウェールズに来たアランとエドガー。そこでドイツ人の少女と出会う、というもの。

Flowers201606

 

News_xlarge_po_1c

思わぬ、大ニュースです。

先日の対談ではまったくこのお話はなかったので。。。。

40年の時を経て。

エドガーとアランにとっては一瞬のことなのかもしれないけど。

あと、一ヶ月、、、待ちきれません。

5月10日には、「ポーの一族」の復刻版全5巻が刊行。復刻版は発売当時の装丁にて登場し、5冊がセットになった限定BOXも用意されている。限定BOXはポストカード8枚セットの特典付きだ。

2016年4月18日 (月)

萩尾望都展 萩尾望都×ヤマザキマリ対談

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/

吉祥寺美術館で萩尾望都SF原画展を開催しており

そのイベントとして、萩尾望都先生とヤマザキマリ先生の対談が

一昨日の16日に武蔵野公会堂でありました。

350人ということでしたが、twitterでは落選者の悲報も聞き、

外れたかなと思っていましたが、

なんと当選しました。

しかし、番号が300番台で…いやいや行けるだけありがたい。

でもね、土曜日なのに運悪くこの日はお仕事が入っていて、

終わってから駆けつけるこのになったのです。

なので前の週に展示は見ておきましたよ。

初めて吉祥寺美術館に行きましたが、ほんとに駅前で。。。

(車で行ったのは失敗でしたねぇ)

そして入場料100円と言う安さ。

今回SF展とのことで「ポーの一族」「トーマの心臓」の原画はなかったのが

残念でしたが、「11人いる!」の原画を観れて本望でございました。

ああ、ドキドキして読んでた当時が思い出されます。

11

それと、見た事がなかった作品も多く、本の表紙など素晴らしい作品を

見れたのも良かったです。

萩尾先生の作品は、それだけで本のイメージを表現できてると思うのです。

先生のイメージの広さ奥深さ、それを表現する技術が伴っている見事な作品が

所狭しと飾られています。

じ~と見ていたいのですが、他の方の邪魔になりますので。

ささっと一回りしました。

Photo

因みに同時開催の

浜口陽三記念室にある 「南桂子―遠くをみる」

もお奨めです。

この中の冬の木を描いた作品が気に入ったのですが

後で高橋大輔さんが枯れた木が好きだと言ってたのを聞いて

やっぱり彼も芸術家的視点を持っているのだわぁと再確認しました。

はい、前置きが長くなりましたが

対談。実に面白かったです。

ヤマザキマリ先生は、ハキハキしたお話がお上手な方で

自分の主張もはっきり言いますけれど、萩尾先生へのリスペクトも感じられ、

先生のお話も上手く引き出されて対談相手として最適だったと思います。

(マリ先生の話長い、、、とか、やや脱線気味とかはありましたけど。。)

マリ先生は萩尾先生からのご指名だったとかで、、、

良かったです。ホントに頭の良い方だと思いました。

対談は聞いていて興味深いし、面白いしあっという間の1時間40分でした。

その中で私が一番身を乗り出したのが

最後の質疑応答で、

「先生は以前好きなバレリーナはヌレエフとおっしゃっていましたが

今好きなバレリーナはいらっしゃいますか?

それと先生の机の上に高橋大輔さんの写真がありますが、お好きなんですか?」

という質問があったのです。

思わず良くぞ聞いてくださいました。御礼がいいたい!

しかしその答えには、ややがっかり感が。。。

「好きなバレリーナは今はいません。

でも羽生くん。ONMYOUJIがよいです。

1回見たときはふ~んという感じだったのですが

2回目にみたら、ホントに陰陽師になっていて素晴らしかった。陰陽師が乗り移っているような感じがしました。

どうしてそんなに変わったのかと思ったら、野村さんとの対談の後だったようです。

高橋大輔さんの写真は

知り合いがいろいろな写真を送ってくるのです。例えばスイカの写真とか。。。

その中に高橋大輔さんの写真も入っていて、見たらシャルル9世(漫画の登場人物)だなと。髭のハエ具合とか。

(ほんと残念)

お奨めのSF本という話で、ほんとに沢山の本が出てきたのですが

書けたら後で書きますね。(メモしたから)

続きを読む "萩尾望都展 萩尾望都×ヤマザキマリ対談" »

2016年3月 2日 (水)

マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」とシェルカウイ

http://theatre-orb.com/lineup/16_beauty/

マッシュー・ボーンではないか~

これよさそう。見に行こうっと。

シディ・ラルビ・シェルカウイ + ダミアン・ジャレ「BABEL(words)」のダイジェストです

旧約聖書の「バベルの塔」の物語に由来したコンテンポラリー・ダンス。

民族、テリトリ­ー、様々な言語、国家のアイデンティティといった問題が、

鋭く、時にはユーモラスに、­10以上の国々から参加する多国籍なダンサーと

ミュージシャンらによって描かれます。 (この公演は終了しています)

おお~シェルカウイ。 この方つい最近知りました。 観てみたい。

 

続きを読む "マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」とシェルカウイ" »

2016年2月22日 (月)

SUGAR WATER

昨年のカーニバルアイスにゲストとして、素晴らしいパホーマンスを見せてくれたダンサー小春さんの初の単独ダンス公演に行ってきました。


<<公演概要>>

KOHARU SUGAWARA presents "SUGAR WATER"

日程:
2016年2月21日(日)

時間:
・第一部 開場 11:30 開演 13:00
・第二部 開場 16:30 開演 18:00

場所:
天王洲アイル 寺田倉庫 特設会場


人間の持つ「感情」をテーマとした、菅原小春の最新ダンスクリエイション。公演の会場、ステージ、演出、音、ダンス、衣裳まで、全てを菅原小春がプロデュース。

徹底的にこだわりぬいた「音」と「ダンス」で今までにない新たなアートを創り出す。

当日は、約一時間にわたるダンスショーに加え、菅原小春デザインのオリジナルグッズなども販売致します。

Image

写真のような場所、倉庫での公演。
観客は全てスタンディングで、疲れるし見にくいし。。
時間は短かったけど…
行って良かったなって思います。
前に何度か動画ではみていましたが、
生でカーニバルで見た時は遠くても、彼女のダンスは迫力があって大きく見えた。
カッコ良くて、ドキドキして、感動しました。やはり生は違います。
私のその日のハイライトでした。
もう一度生で見たいなぁーと思っていた所にこの公演を知って
すぐ申込みしたけど、どんな人たちが見に来るのか、、
場違いにならなきゃいいけどと心配でした。(~_~;)
けど、良かった。
久しぶりに心震わせました。
彼女は魂で踊る人です。
ドラム、ギター、バイオリン、ピアノの生演奏に合わせて身体を躍動させ、
感情を踊ります。
楽しさ。
悲しさ。
不安。
嫉妬。
言葉は無くても伝わります。
言葉より直に心に響くようです。
もう一人、そんな方を知っています。
でも、貴方はやはり氷上の方だ。
氷上を支配する方です。

2015年10月23日 (金)

舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」

http://www.parco-play.com/web/program/dublin2015/

これを最初に見たのは、もう10年ほど前になるのだろうか。

それは生の舞台ではなくて、NHKで放送したテレビを何気に録画したものでした。

まだVHSテープだった。。。。

やたら面白くて、笑って。でも切なくて。。。泣けた。

私は理屈っぽい芝居は好きじゃない。

ただ何も考えず、、、ちょっと泣くっていうのが理想的。

このお芝居ホント大好きなんだ~~。

うちの子供たちの好きで、一緒に何回も見たなぁ。(懐かしい)

これまでに1回再演されて、大騒ぎで見たけれど、、

やっぱり最初に見た感動はなくなって

だけど、大好きなんだよね。この芝居。愛してるんだよね。

そして今回の再々演。

Dublin_fly_ol_2

ちょっと笑えて、ちょっと泣けたから良かった。(笑)

恐ろしい外見だけれど純粋な心を持つカビ人間と言いたいことが逆にしか言えない

少女の愛のお話は、切なくて美しくて哀しくて。。。。

2015年10月 6日 (火)

菅原小春さん

命を削って踊るようなダンサー 

似てるスケーターがいたけれど。 。。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ