« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月14日 (土)

CaOIの後と氷艶衣装展

先日のカーニバルの後、
実はオフィシャルホテルに行きまして、
選手の帰りを待ったのです。
一目、、、いやあわよくばお写真、またはサインなどと思ったわけです。
ミーハーですいません。 いやしかし、
着いた時には人だかりで、ちょっと厳しい感じで、、、
ほどなくしてちょうどバスが到着。
先に海外の選手が。。。
ポジェとか、ジェレミーとか、、、
私はとってもサインが欲しかったのですが
先頭にいる方があっさりしていたので
彼らもあっさり部屋に引き上げてしまった印象。
あ~残念。引き留めて欲しかった。
多分、皆さん高橋大輔氏狙いですね、きっと。
しばらく間を置いて、その大輔氏登場。。。というのはザワザワ感で感じましたが
見えなくて、
後ろ姿を見送りました。(はい。そうでしょうね。)

Img_1802

しかし、救世主が現れました。
宇野昌磨選手。
まったく見えなかったのですが、ず~とサインに応じていて
後ろの私にまで、順番が回ってきたんです(泣)
凄いな~しょーま。
大人になったんだね。
日本を背負っている自覚が出て来たに違いないないです。やっぱ違います。

Img_1807

Img_1810

すいません、頭を横にして覧ください。
氷艶展~~
とりあえず写真

Img_1852

Img_1820

Img_1827

Img_1832

Img_1847

Img_1839

後で直します。

ごめんなさい~~。

2017年10月 9日 (月)

カーニバルオンアイス2017

10月7日土曜日
カーニバルオンアイス
スーパーアリーナ S席 15列
書くのが遅くなりましたが、私カーニバルオンアイス行ってきました。
だって地元なんですもの。。。
でも、ギリギリまで迷ってあまりいい席ではなかったのですけど。
あ、高橋大輔新プロって言葉に、背中を押されたのだったかな?
しかし、やたら広い会場ですねぇ。
私は見方がプロじゃないので、狭いほうが好きです。
オープニングの全体の動きはいいけれど、全員が黒の上下でとても地味。。
会場費はかかるのかもしれませんが、なかなかのお値段のショーなので、もっと派手にしてもいいんじゃない。
あ~すいません。
先日も誰かにnaoさんてマイナス思考ですね〜と言われたばかり。。。。
気を付けます。
でも、座ったところから謎の(多分マイク)棒がリンクを遮って、いや細い棒なんだけれど
リンクですべるスケーターには十分な太さで遮られました。
ホントにテレビ東京さん、生で見に来ている客より家でテレビをみる方々重視なんですか?
 
(すいません。いつもマイナス思考です。)
 
さて書くのは高橋大輔さんのこと。
淡々と進む各スケーターの演技。
心動かされるものもあれば、やや退屈なものもあります。
しかし、もちろん心待ちにしていました彼を、、、、新プロを引っ提げて登場の高橋大輔。
その方をです。
暗いリンクにヒラヒラなびかせて登場した時から、おお~~~と思いました。
これはかっこいいに決まってるヤツだと。
ライトがその姿を照らしたときは、やや泣きそうになりました。
やっぱかっこいい、、、何これ~最高って。
 
もちろんアリーナ全体の熱量もこの時だけは特別でした。
 
これから泣くよ私って感じになったのですが、
 
曲がね。。。。わからな過ぎました。
彼は思い入れが強かったかもですけれど
分からない。。。。って頭が思ってしまって、涙がね、、、引っ込んでしまいました。
 
ああ、確かにかっこいいんです。
あのお姿で滑ってくれたのは最高だった。
義経様を彷彿もさせてくれて
いや、闇のバンパイヤかとも思わせてくださった。
軽くウェーブのかかり、メッシュの入れた髪、、、
ターンやジャンプのたびにひらりと額に瞳にかかる艶やかさ。
その髪を顔を手で撫でる仕草の切ない表情ったら、、、たまりませんよ。
 
 
でもね~
多分、私があの曲の世界観を分かっていないので
上手い言葉で賛辞を述べることが出来ない。
 
ツイッターで曲が判明して、自分でも探しました。
 
曲名:「Krone」
ピアノバージョン
こちらがオーケストラバージョン
 

https://youtu.be/U6K1pUN2c9Y

ボーカル入りもあって、
私はこちらの方が世界観も
鈍感な私にもわかりやすいと思いました。
最後になってしまいましたが
アンコールの月光は
あの衣装で、素晴らしいステップ。
ヒラヒラがいいお仕事をしていらっしゃったと思います。
 
 
 
XOIでは、どんな感じで滑ってくださるのでしょうか。。。
自分の感じ方が違ってくるのかもしれませんし、
どんな変化が起こるか自分でも楽しみです。
でも、ダークなスパイス、プリーズ。
思い出しました~~!!
最後、エンディングも終わって、、、曲がね~どこだろう?英語なんだけれど北欧?東欧?
どこ?どこの国だかわからない、ゆるくてノリのいい曲(時々「ストップ」ってなる歌詞)で周回する大輔さんは、とてもおしゃれでかっこよかったです。
後記 ツィッターでは、皆絶賛の嵐で、私の感想がこんな感じで申し訳ない気持ちにもなりますが、 これは、私の感想であって、見る人それぞれに違った思いがあるので、こういう人もいるのねと読んでいただきたい。 以前にVASを初めて見た時も分からなくて、後で豹変したVASを見て、高橋大輔の凄さを認識しました。 あの時は、最初のイメージとは自分で変えてきたから違うプログラムに見えたのであって、今回とは違うとは思う。なんだか、私が求めているものでは無いような気がして不安。感動出来ないのは不安。

« 2017年9月 | トップページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ