« LOTF千秋楽 | トップページ | 舞台 ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン »

2016年7月21日 (木)

舞台 ラ・バヤデール 幻の国

http://labayadere.noism.jp/

ノイズム公演

金森さんの演出・振り付けの舞台を見るためにKAAT神奈川芸術劇場へ行って来ました。

関東の公演ではこの劇場の上演が多い。

ここは新しくて綺麗だし、広々していて好きです。

でも公共施設って、無駄に広いような気もしますねぇ。1階の空間はもっと有意義に使えないものかしら。

7月3日(日)15:00~

今回も入り口付近に金森さんがいらしてて感激。

早速、サインなど頂いてしまいました。

でも、いつも緊張してしゃべれないのがほんと残念。

おばさんになってずうずうしくなったりしてるのに、だめだわぁ。

さいたま芸術劇場のチケット買いましたというのが精一杯でした(涙)

Noism0『愛と精霊の家』

http://saf.or.jp/stages/detail/3603

来月も楽しみです。

Tumblr_o9u5bcogim1vr9m5bo4_1280

さて、「ラ・バヤデール」は

カルメンにつづく演劇的舞踊ということで

ストーリーがはっきりあるので、台詞をいう役者さんも数名参加して

その台詞によって、だいたいのストーリーは分かるが、前もって筋は把握しておいたほうが良いとは思う。

私的に狂言のような台詞をすこし大げさにいうのは好きじゃないけど

本質は踊りだし、金森さんの振り付けの素晴らしさ、演出のこだわりが素晴らしかったとは思う。

舞台美術、特に衣装はとても独特で美しくて目を引くものがある。

バレエを基にしたコンテンポラリーダンスは、やはり美しくて良い物を見た

という満足感のようなものはあるのだが、

心の興奮という点においては、

この前後に見たLOTFには、到底およばなかった。

まあ、比べることでは無いと思うのだけど。

Tumblr_o9u5bcogim1vr9m5bo1_1280

ノイズムはダンサーの技術はいいと思うけれど、これというスターがいないことが

華やかさにかけ、いまひとつ面白みにかける原因じゃないだろうか。

振り付けの金森さんは、もちろん才能はあるのだけど。

舞台にも出て欲しい。

多分いま舞台に出ても相当のオーラを持っているはず。

残念。。。。

さいたまでは出演されるのかな?

« LOTF千秋楽 | トップページ | 舞台 ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/63945135

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台 ラ・バヤデール 幻の国:

« LOTF千秋楽 | トップページ | 舞台 ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ