« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月18日 (水)

ピッチも似合う

先日行われたU-23サッカーのピッチリポート中

友人が見に行ったら、こんな良いお席だったheart04

写真を送ってくださったのでアップします。

ピッチも似合うわ。

12817

12825

12826

12827

12828

これ目線頂いてる?

12840

12844

あまりに近くて手が震えたらしい。

ピントが合ってないwwww

続きを読む "ピッチも似合う" »

2016年5月 9日 (月)

男同士の愛って

男同士の愛って、

切なくて好き。

無伴奏

http://mubanso.com/

↑これは、公開前から見たかったのに、忙しくて気が付いたら東京での上映終わってて

横浜まで見に行ったのよ。。。

虚空の愛だと、離れようとした2人の切なすぎる結末。

最後に本当の愛を確認したのだね。

怒り

http://www.ikari-movie.com/

おお、私の中のイケメン1位、妻夫木聡と

綾野剛が。。。。

<ベン・ウィショー>

ロンドンスパイ London Spy

追憶と、踊りながら

テーマ違うが、面白そう、、、だった。

DVD探す。

2016年5月 7日 (土)

ロミジュリ

Twitterなど?ではやたらと真央ちゃんとのロミジュリ待望論が聞こえてきます。

確かにそれもいいかもしれませんねぇ。。。

しかし、私は以前よりロミジュリか白鳥の湖、、、または

エリザベートをアイスショーで出来ないものかと妄想していていました。

もちろんひとつのプログラムではなく

ひとつのストーリーを全体のショーとして見せるという、氷上のお芝居。

その場合、それぞれの自分の試合用またはエキシビジョンプログラムを滑るのではなく

配役と話の内容に相応しい振り付けでなくてはいけない。

これって大変な作業なんだろうし、一流スケーターを集めてということは

難しいだろうな、きっと。

しかし、先のアイスレジェンドを見ると20分間はストーリーに添ったオリジナル振り付けのわけですし、やって出来ないことはないのですよね。

ロミジュリは分かりやすく、しかも劇的、感動的、そして切ないストーリーで

時代と国境も超えて、受け入れられるという最高のお物語ですからね。

というわけで今回はロミジュリで妄想。

いろいろな映像化、舞台化がありましたよね。

F622e02818b68959bdf45d918f18506b

Main_2

Senzai_romeojuliet1

Oth14080805000015p1

1cb128a9

上は私が見たロミジュリたちですが

一番のお気に入りは

このフランスの舞台です。

これは、大輔さんも好きだったからご存知の方も多いと思います。

この中の「死のダンサー」を大輔さんに滑って欲しいのだよね。

皆が望むところのロミオではなくて、死または運命。

衣装は竹田団吾氏で。

このイメージ。

ダークファンタジーなロミジュリに仕上げましょう。

Photo_03

25690898_o3

オープニングは高橋大輔のVAS

(イメージ)

という訳で、

それ以外の配役は?どうしましょう。

ロミオ

ジュリエット

ベンヴォーリオ

ティボルト


マーキューシオ


パリス


キャピュレット卿


ロレンス神父


モンタギュー夫人


モンタギュー卿


ヴェローナ大公


乳母


キャピュレット夫人


さて、妄想のお時間。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ