動画

お勧め

お勧め2

« 再びのラブレター | トップページ | 映画「ライチ★光クラブ」 »

2015年12月24日 (木)

解放のプログラム

高橋大輔。

彼は単に以前の演技者にもどったわけではない。

新しい高橋大輔になってリンクに帰ってきた。

私たちの想像を超えた先の。

フィギュアスケートの革命と言っては大げさか。

解放。

あらゆるものからの解放のプログラム。

それは偶然に見たこの動画を思い起こさせた。

「あらゆる規範から解放され肉体表現の可能性を追求しているようだ」

彼は小さい枠、フィギュアスケートの枠にも留まらない。

いや収まりきれない。

今回のショーで称賛すべきは、振付師シェーリーンではないだろうか。

高橋大輔のプログラム、ラクリモーサ。

デニス・テンのプログラム。

そしてウィバ&ポジェのロミジュリのプログラム。

これらは全て彼女の手によるものだ。

22日このショーで一番最初に観た時は、正直に言うとテン君のプログラムが一番好きだった。

スピード感のあるストリートダンスを見ているようで新鮮な感覚と

彼の身体から感じる、若い情熱、焦燥感、切なさ、孤独感。

これを高橋大輔が滑っているところも想像したけれど。。。

しかし、このプログラムはテン君のものであって、彼にしか表現できない

このプログラムの世界観を感じるし、彼の驚くほどの身体能力の高さや

音感の良さや感性を感じることが出来て、わくわくした。

私は今回、このプログラムを滑るデニステンの熱烈なファンになりました。

ウィバ&ポジェのロミジュリのプログラムは

超有名なこのストーリーをまるで台詞があるような演技で見事に氷上に再現して見せてくださいました。

もちろん演じるこの2人の演技力が素晴らしかったことは疑いようも無いけど。

(ポジェってなんて男前なんでしょう)

私は基本的には歌詞のない音楽でスケーターは演技してもらいたいのだけれど。。。

だって、コラボなんて特にパントマイムか!って思ってしまうのだ。

振り付けはそうじゃないだろ~

歌詞の再現なんて要らない。音楽はイメージと世界観で表現するものなんだよね。

フィギュアスケーターは役者やパントマイムの人じゃないから。

23日楽に観た高橋大輔は更に良くなっていて、どこまで進化をするのだろうかと怖いくらいで。。。

とにかく彼は別格でした。

NYでダンスを学んだこともあったでしょうが、彼の凄さはまっさらな状態で

与えられたものをスポンジのように吸収して、こちらが思いつきもしなかったような

凄いものに仕上げてくるということだと思うのです。

彼は何も見つけられなかったとか目標が無いなどという方ですが

でも、そのような彼だからこそ、このプログラムが素晴らしいのではないでしょうか。

音楽のイメージ、自分の世界感を伝え、その空間全体を共鳴させ、感動に震えさせる。

単にコンテンポラリーダンスと言っても氷上での表現は

スピードをコントロールしながら踊ることになりバレエダンサーのそれより

更に難しく、確かな技術力と身体能力がなければならない。

しかし私たちは、ラクリモーサの世界感。。。

ひりひりするほどの哀しみや切なさ、怒り、、、祈り。

いや言葉にすると違うのかもしれないけれど、感じたよね。

凄いとしか言い表せなかったけれど、あの演技に感動しました。

フィギュアスケートの可能性と方向性を見せてもらったような気がします。

本当に別格。

気が付かないのは、彼だけか。

« 再びのラブレター | トップページ | 映画「ライチ★光クラブ」 »

コメント

naoさん、こんばんは。

XOIレポ、ありがとうございます。2公演、私もあの場にいられて幸せです。高橋大輔ファンのためだけではない、スケートよく知らない人が立ち寄っても楽しいショーだと言ってもらえる、そういうショーだったことがうれしいです。(実際にそういう意見も聞きました)スケーターみんなの演技が楽しかったし、ノービスの若い子も「作品」を作ろうという気概が伝わって見応えがありました。

そして新プロ、naoさんの大輔語りが戻ってきたゾクゾク(^^♪

もう何度めでしょうか、この人のファンでよかったと思えたのは。今回は思い入れいっぱいで臨んだのですが、それを上回るエネルギーで明後日の方へふっ飛ばしてくれた演技でした。重厚でありながら輕みをもつスケートで、苦悩の表情で訴えかけながら虚無が響いてくるような表現であのラクリモーサの畳みかけが語られる、一筋縄ではいかないところが自分としてははっとさせられた処でしたが、そのフワリとした部分とか見かけと対極にあるものが動画では弱くなっていて、シェーリーンにも、ぜひ会場で見て欲しかったと思いました。いや、世界中の人にじかに見てほしい。

別格であることを気が付かないのは、彼だけ・・・・そうなのでしょうね。だからこそ、何の自我も邪魔しないで表現の幅が無限大で、そして果てしなく進化しつづけるのかもしれません。

Lacrimosa  Day of Tears -Peisner
私は幸いにも大阪初回と新横楽も含めて生で4回見て、その後テレビ放送を何回もリピートしています。見れば見るほどこのプログラムはいろいろ私自身に問いかけてきて感じ方も違う、摩訶不思議プログラム。語彙力と文才がない私には言葉でこのプログラムを上手く表せません。高橋大輔自身、いつも説明を加えず見る人が好きなように感じて欲しいというスタンスなので、これでいいと思っています。

シェイリーンよ、今この時にこのプログラムを高橋大輔に与えてくれてありがとう。
よくこの3曲探してくれた。この選曲は神がかり的。

2%でもグレーでもとりあえずでも、とにかく彼が「スケートする」と明言してくれたことが嬉しい。1ファンの私が彼の人生にどうこう注文することは出来ないけれど、やっぱり彼は氷上の表現者で、観客の称賛を糧として輝く人ですよ。

>本当に別格。
気が付かないのは、彼だけか。

性格はそう変わるものではないから、本人も「僕は僕でした」と言っているし、全部ひっくるめて高橋大輔。私は俗っぽい人間でいいと思う。神格化、絶対化される方がある意味気味が悪いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/62929329

この記事へのトラックバック一覧です: 解放のプログラム:

« 再びのラブレター | トップページ | 映画「ライチ★光クラブ」 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ