« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月

2015年10月25日 (日)

再びのラブレター

http://youtu.be/NsUplazBWp0

手を下げるしなやかな腕と人差し指と小指の角度の雅びやかさ。

まっすぐ前を見つめる潤んだ瞳の美しさ。

広げた腕に頭をもたげる首の艶めかしさ。

臥せた瞼の長い睫の愛おしさ。

上目使いで流す視線の妖しさ。

曲と共にしなやかに躍動する身体全体、腕と指先、

力強く滑らかな足の動きのたおやかな優美さ。

演技全体を覆うオーラは官能的で禍々しいほど妖艶。

Untitled10

天から落ちた美しい堕天使は、もう戻るすべを知らず

心に悪を湛え、瞳に魔を宿す。

多くのものを惑わす魔性のものになっていく

背中の羽は濡れて輝くような黒い翼。

翼をはためかせ

この世界に舞い降りる。

2015年10月23日 (金)

舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」

http://www.parco-play.com/web/program/dublin2015/

これを最初に見たのは、もう10年ほど前になるのだろうか。

それは生の舞台ではなくて、NHKで放送したテレビを何気に録画したものでした。

まだVHSテープだった。。。。

やたら面白くて、笑って。でも切なくて。。。泣けた。

私は理屈っぽい芝居は好きじゃない。

ただ何も考えず、、、ちょっと泣くっていうのが理想的。

このお芝居ホント大好きなんだ~~。

うちの子供たちの好きで、一緒に何回も見たなぁ。(懐かしい)

これまでに1回再演されて、大騒ぎで見たけれど、、

やっぱり最初に見た感動はなくなって

だけど、大好きなんだよね。この芝居。愛してるんだよね。

そして今回の再々演。

Dublin_fly_ol_2

ちょっと笑えて、ちょっと泣けたから良かった。(笑)

恐ろしい外見だけれど純粋な心を持つカビ人間と言いたいことが逆にしか言えない

少女の愛のお話は、切なくて美しくて哀しくて。。。。

2015年10月 6日 (火)

ノーベル賞とか海外の反応や興味あること

海外「日本人凄すぎだろ…」 ノーベル賞 日本人の連続受賞に海外から称賛の声

海外「日本に申し訳ない…」 高速鉄道は中国方式に インドネシア人が大落胆

「MOZU」国際エミー賞候補に!受賞なら連続ドラマ部門で日本初快挙

菅原小春さん

命を削って踊るようなダンサー 

似てるスケーターがいたけれど。 。。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ