動画

お勧め

お勧め2

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

舞台「トロイラスとクレシダ」

トロイラスとクレシダ

http://setagaya-pt.jp/performances/20150615-511.html

Cd58q06ukaao2sa

Ckg8feukaaku5p

昨日夜パブリックシアターまで行ってきました。

久しぶりのパブリックシアター。3回目だったかなぁ。それも初めて1階席で、

印象が全然違いました。

2階から見たときはもっと大きい劇場かと思っていました。

1階やや右手でしたが、とても見やすかった。

この演目は、以前蜷川さんのお芝居で見ていましたが、

シェイクスピアとはいえ、まったくよく分からない内容に魅力はなくて(笑)

ただ突然「岡本健一」が見たいと思って取ったチケットなんですよねぇ。

彼はほんとに色気がある方で、前から一度舞台で見てみたいと思っていました。

時代はローマ時代あたりですが、衣装は現代風で、さらに彼は金髪に不良風の革ジャン

で、常にけだるそうな態度の役がなかなか素敵。

大した台詞はないもののその場に居る存在感が重要なのでしょう。

彼を配役した方は、多分彼の色気を分かってるのだと思う。

最後はクレシダが惚れてしまうのだけれど、まあ彼なら納得できる。

だって普通、浦井くんを裏切るなんて~となるだろうが、岡本くんならしょうがないか。。。とね。

この作品は、愛、家族、絆の崩壊というものがテーマか。ああ無常。レミゼラブル?

期待しては裏切られる。

岡本健一出演ドラマの一番のお気に入りは

外科医有森冴子での患者役。

誰か覚えてますか?有森冴子~私ね、大好きだったのよ。

それが急患で運ばれてくる若いサラリーマン。

駆けつけてくる上司に橋爪功。

(この方もまだ若くってかっこいい、、、というか雰囲気が良くって。。。この方の演技力がなかったら、この内容は成立しなかったかもしれません。)

その上司に突然抱きつく若い男!

この2人の関係は。。。?って話でした。

ラストシーン彼は死んでしまうのですが、もうねぇほんと泣けるんですよ。

そいいえばこの脚本は誰なんでしたかね。素晴らしいです。

調べたら、ああそうだった井沢満氏でした。

やっぱりね。

この回のお話。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E7%A7%91%E5%8C%BB%E6%9C%89%E6%A3%AE%E5%86%B4%E5%AD%90

  • 第9話:彼と彼の愛の物語
  • 脚本:井沢満 演出:細野英延
    ゲスト・・・橋爪功岡本健一

    2015年7月27日 (月)

    TheICE2015

    http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=the+ice+2015

    Mao Asada & Jeffrey Buttle - THE ICE 2015

    このコラボはとっても素敵。

    ジェフの振り付けはおしゃれですし、息もぴったり。

    TheICEはショーとして構成など工夫があって楽しそうですね。

    ショーのオリジナルのプログラムも多そうです。


    Misha Ge - THE ICE 2015 投稿者 japanskate

    そっか~。。。やっぱり勇気が要りますよね。

    自分をちょっと反省して、ミーシャくん見直しました。

    2015年7月24日 (金)

    東京五輪エンブレム

    0150724at66_p
    結束と平等イメージ=大会エンブレム発表-東京五輪

    http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2015072400902

    東京五輪、エンブレムが初お披露目

    http://news.nifty.com/cs/sports/phdetail/oricon-20150724-oric2056548/1.htm

    大会エンブレム発表=東京五輪

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000074-jijp-spo.view-000

    すいません記事だけ載せました。

    正直言うとやや無難すぎて、がっかりかな。

    前の東京オリンピックの斬新なデザインは素晴らしすぎたので

    比べてはいけないと思うの。

    そしてロゴマークの下。。今はこんな感じの文字デザインが最先端なのか気になる。

    これ行かなくちゃ

    http://www.vi-shinkansen.co.jp/35thAnv/spring/


    Pic_books_cover

    「ダブリンの鐘つきカビ人間」
    http://www.parco-play.com/web/program/dublin2015/

    <公演情報>
    PARCO&CUBE present
    『ダブリンの鐘つきカビ人間』
        作:後藤ひろひと 演出:G2
        出演:
        佐藤隆太 上西星来(東京パフォーマンスドール)
        白洲 迅 大塚千弘
        小西遼生 中村昌也 木戸邑弥 明樂哲典
    マギー 後藤ひろひと 吉野圭吾
        篠井英介
        村井國夫

    <公演日程>
    【東京公演】2015年10月3日(土)~25日(日) 渋谷・パルコ劇場
    【福岡公演】11月4日(水)福岡市民会館
    【大阪公演】11月13日(金)~15日(日)森ノ宮ピロティホール
    【仙台公演】11月17日(火)電力ホール
    【札幌公演】11月20日(金)札幌市教育文化会館 他

    お問い合わせ:パルコ劇場 03-3477-5858 http://www.parco-play.com/
           キューブ  03-5485-2252 http://www.cubeinc.co.jp/
    企画・製作:パルコ キューブ


    <キャスト・スタッフコメント>

    後藤ひろひと(作)
    容姿は美しいのに心が醜い青年。そんな青年がかかったのは姿が醜くなって心が美し
    くなる病気。
    「カビ人間」と呼ばれるそんな主人公は登場人物や観客の心の扉を一つずつ開けていきます。
    居酒屋で「いつか僕も後藤さんの作品に出してください!」と佐藤隆太君が私に熱く語
    ったのは今から12年も前の事でした。
    まっすぐに私を見つめて話す彼に「さーてね!」と笑って答えた私でしたよ。
    まさか再会する彼が「カビ人間」になっているとは夢にも思いませんでした。
    あの時の誠実で正直な彼の瞳を思い出すと、今はなんだか作者である私の心の扉が一つ
    開けられるのを感じています。
    隆太君が演じる「カビ人間」はきっとたくさんの扉を開けるのでしょうね。

    舞台「阿弖流為」

    Ateruifl_201507_b

    劇団新感線の作品「アテルイ」を歌舞伎にした「阿弖流為」。

    昨日新橋演舞場にて見てまいりました。

    面白い!これは歌舞伎の新しい方向性みたいなものも暗示させてくれたのではないでしょうか。

    新感線も自らの公演をいのうえ歌舞伎と呼んでいましたから

    その演出は歌舞伎を見習う部分も大きかったのです。

    けれど、今回は出演者のほとんどが歌舞伎界の方で、声の出し方、台詞まわし、

    見得の切り方が本物で、それだけでも感動ものです。

    内容から言っても歌舞伎にぴったりで、市川猿之助氏もギャグ以外、すぐ歌舞伎になる

    とおっしゃったとか。

    いや本当に違和感がありません。

    それに程よくギャグは挟んであり申し分もありません。

    これは新感線のファンはもちろん歌舞伎ファンの方も満足の内容だと思います。

    出演者で特に目を引いたのは田村麻呂役、中村勘九郎さん。

    いい役だったこともありますが、舞台栄えして声の張りもよく台詞が聞き取りやすい。

    芝居の台詞の区切り方と強弱が何かがかっこいいんですよね。

    もちろん市川染五郎さんもいいんですが、今回はややお疲れな感じにお見受けしました。

    昨日は長い公演の終盤戦で、主役はほぼ出ずっぱり。叫ぶ台詞も多いし、長いし、見得を切るしね。。。もう大変ですよ。

    その上、殺陣がまたスゴイからねぇ。

    歌舞伎の殺陣は遅いってイメージですが、これに限ってはそんなことはありません。

    素晴らしいいつもの新感線風の殺陣でしたよ。

    しかし、S席をケチってしまって

    2階なのに安かった左側B席は大失敗。肝心な花道がまったく見えませんでした。

    小さいスクリーンで見る羽目に。。。

    まあ、見に来れただけでも良かったです。やや見くびってましたしね。

    今までも期待しない方が見て良かった時の感動が大きいのですから。

    残念なことに今月中で終わってしまうのかな、、、興味があればぜひどうぞ。

    http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/schedule/2015/7/post_225.php

    あら、27日まで。

    Aterui_0317

    それと、これには驚いたわ。

    http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/images/enbujo_201507ff.jpg?html

    Photo

    続きを読む "舞台「阿弖流為」" »

    2015年7月22日 (水)

    プリンスアイスワールド2015

    先日の日曜日にテレビの放送があったのを録画で今頃見ました。

    今さらですが、ちょっと感想。

    見たといいましても、興味があるとこ、、、それも見たいと思っても

    つまらなければ早送りしましたから、そんなに真剣に見てはいないかも。

    そもそも高橋大輔氏の過去の映像があるということで録画したようなものですから。

    けれど映像は、ヒップホップスワンとラブレターと、キッシングで

    それもフルではなかったのはほんとに残念でした。

    スワンは大好きなんですが、、

    ラブレターにはあまり思い入れがなく(すいません、、、

    好きな方が多いですよね。)

    kissing youは沢山見た気がしてまして。。。。

    まあ、今となっては贅沢な思いでした。

    大きな画面でバチェラレットとか見たかったです。

    今年の注目は、宇野昌磨選手ですねぇやっぱり。

    荒川さんのイメージが強いこの曲を使いのに緊張するというしょーまくん。

    しかし荒川さんの解説によると彼の「トゥーランドット」のこの曲は王子が歌う部分である為

    男子が滑るのには違和感がないし、むしろ当然らしい(言い方は違います)

    赤い衣装も王子様らしくて素敵。

    ランビさまもこの曲で滑ってましたが、

    しょーまくんの若々しい挑むような王子も素敵でした。

    プリンスアイスワールド2015横浜公演 part5 投稿者 sedecca

    そして、前も心引かれた安藤美姫さんの「子守唄」。

    前回見たときに振り付けは誰だろうと思って、調べましたが分かりませんでした。

    今回の解説によりますとランビさまがこの曲を選んだと言っていましたので

    振り付けも彼だと思います。

    いや~素敵な振り付けなんですよ。ほんとにモダンで曲にあった優しい振り付けが好き。

    ランビさま、素晴らしい。

    2015-07-19 PIW東京・町田樹・継ぐ者 投稿者 figyua22

    そして、やっぱり町田樹さんの演技には魅入られます。

    彼独特の世界観を確立していて、、、なんていうか他のスケーターとは別世界な印象。

    少し前だとオーバーアクション過ぎて鼻についてたこともありましたけど

    そんなことはもう、なにか超越した感覚ですね。

    織田さんも売れっ子なのにレベル高い演技だし、

    永井さんは更に美しいし、

    新葉さんは相変わらず元気で初々しい。

    鈴木さんはジャンプ不調でしたが、珍しくポップなメロディーで

    目を引く素敵な黒レース衣装が素敵。

    プリンスのレギュラーメンバーは今まで脇役であったポジッションから

    一挙に主役になった様な演出は去年からのねずみさんのお力。

    やっぱりショーは演出。

    当たり前なことですが、今まではその部分に力が足りなかった。

    今後日本のショーはもっと進化するのではないかと思うのです。

    そのためにはもっと見る側の要求を伝えるべきではないかなぁと。。。

    今の観客って目が肥えてて、素晴らしい方々だと思うのですけれど(私は違いますが)

    まだ日本のアイスショーはそれに応えることが出来てないような気がしています。

    2015年7月20日 (月)

    チケットお譲りします。

    http://www.dorian-gray.jp/cast.html

    こんにちは。
    行きたくて取りましたが、その日が都合が悪くなってしまいました。
    興味がある方のお問い合わせお待ちしています。

    舞台「ドリアングレイの肖像」のチケットです。
    中山優馬君主演。
    9月5日土曜日17時半開演。
    S席11列目の見やすいお席です。
    9500円の定価でお譲りしたいと思います。
    どうぞよろしくお願いします。

    2015年7月13日 (月)

    シャーロックスペシャル?

    わ~何これ。初めて見た~

    もちろん日本でも放送されるよね。

    2015年7月12日 (日)

    インド映画「きっとうまくいく」

    今日はさいたま芸術劇場で、映画を見て来ました。

    2年前に公開されたインド映画です。

    友人がインド映画って面白いと言っていたのと

    前からずっと気にはなっていたのですが

    なかなか見れなくて。。。

    最近は映画を見に都内に出るという気持ちがなくなっているからでしょうねぇ。

    今回も近くで上映ということだったから。

    いやいや~~~面白かったです。

    全部で170分という長い時間はあっという間に終わってしまいました。

    正直、知ってる役者はいないし、

    地味な感じだし、、、、最初は不安だったのですが。。。

    いきなり飛行機を止めさせるあたりは、掴みはオッケーといった出だしからの

    10年前の学生時代戻って物語が進行し、時々現代にという話も自然で分かりやすく

    いろいろな現代に繋ぐ伏線がとても上手い。

    笑って、そして泣ける

    ほんとにいい映画でした。

    続きを読む "インド映画「きっとうまくいく」" »

    ペプシ新CMがやたらカコイイ

    新しいのがやっと来ましたね~

    今回は長く待ったような。。。

    まるでスターウォーズの次回作を待つ感覚。

    またまた痺れる映像。。。

    いいね!

    インタ

    こちらはロングバージョン

    続きを読む "ペプシ新CMがやたらカコイイ" »

    Artistry on Ice 2015 in Taipei

    こんにちは。

    今日は梅雨の晴れ間。

    ここ埼玉は相当暑かったです。

    ところで先日、台北で行われていたArtistry on Ice 2015の模様をチラッと、、、

    ジョニーの部分だけしか見ていないのですが

    素敵。

    そいいえば昨年は、

    ああ、こんな素敵なショー羨ましいなぁ。

    なんかね、日本で行われるショーって今ひとつなんですよね。

    やや発表会的になるっていうか。。。

    やはりショーの為のオリジナルのプログラムっていうのが必要だと思うの。

    その場合、現役選手だと難しいとは思うから

    ここは引退したスケーターが中心になるのはしょうがない

    っていうかそれでいい。

    だから大輔さん、帰ってきてください。

    ショー全体のストーリーテラー的な存在として

    あなた意外に考えられない。

    2015年7月 7日 (火)

    演技の追加

    また情報がやや遅いのですが

    演技が追加になりましたね。

    ブルースと月光ですか。。。嬉しいですね。

    EXの「バチェラレット」が入ってないのがとても残念です。

    高橋大輔 The Real Athlete【Blu-ray】 [ 高橋大輔 ]

    価格:8,100円
    (2015/6/19 13:26時点)
    感想(0件)

    発売元HP

    http://eshop.fujitv.co.jp/product/item/16565

    内容紹介

    高橋大輔20年の集大成。
    フィギュアスケーター《高橋大輔》の20年に及ぶ軌跡のドキュメンタリーと、
    美しくそして力強い唯一無二の名演技の数々を収録した、記録と記憶に残す珠玉のブルーレイ&DVD!

    [内容解説]
    ■日本男子フィギュアスケーター界初のオリンピックメダリスト高橋大輔の演技集!
    バンクーバーオリンピックで、日本男子フィギュアスケート界初のメダル獲得をはじめ、
    数々の輝かしい実績を残し、昨年惜しまれつつも現役引退を表明した、
    フィギュアスケーター界のカリスマ・高橋大輔の珠玉の演技集DVD!

    ■高橋大輔の20年に及ぶスケート人生を辿るファン垂涎のドキュメンタリー!
    彼のスケート人生の始まりから、初の日本王者となり、その後のトリノオリンピックやバンクーバーオリンピック、ソチオリンピックと、
    3度のオリンピックに出場する過程での、覚悟や努力そして怪我による苦難などを、
    膨大な映像資料と彼のインタビュー映像で紐解く良質なドキュメンタリー作品!

    ■彼の素顔に迫ったプライベート映像も満載!

    2014年10月14日、競技生活からの引退を表明したフィギュアスケーター髙橋大輔。
    2007年世界選手権では日本人初の銀メダルを獲得、全日本選手権では2005年からの3連覇を含む計5回の優勝、
    2008年四大陸選手権や2012年GPファイナル優勝をはじめ、バンクーバーオリンピックでは、日本人男子初の表彰台に上るなど、
    数々の輝かしい実績と、記憶に残るパフォーマンスを魅せてきた、
    名実ともに日本フィギュアスケート史に残る彼のフィギュアスケーターとしてのこれまでの軌跡と、
    数多くのファンを魅了してきた美しさと力強さをもった名演技を、全日本選手権を中心に、
    オリンピックや世界選手権などを収録したファン待望のドキュメンタリー&演技集!


    <本編ノーカット収録予定演目>
    ■2001~2004season
    2002世界ジュニア選手権  FS バイオリン協奏曲第1番(※ダイジェスト)
    2003全日本選手権  SP 映画「ミッション:インポッシブル2」より Nyah
                     FS パガニーニの主題による狂詩曲 by ラフマニノフ
    ■2005~2006season
    2005全日本選手権  SP 映画「ムーランルージュ」より ロクサーヌ  
                     FS ピアノ協奏曲第2番
    ■2006~2007season
    2006全日本選手権  SP バイオリン協奏曲 by チャイコフスキー
                     FS オペラ座の怪人
    2007世界選手権    FS オペラ座の怪人
    ■2007~2008season
    2007全日本選手権  SP 白鳥の湖(ヒップホップ・バージョン)
                     FS ロミオ&ジュリエット by チャイコフスキー
    2008四大陸選手権  FS ロミオ&ジュリエット by チャイコフスキー
    ■2009~2010season
    2009全日本選手権  SP Eye by Coba
                     FS 映画「道」より by N.ロータ
    2010バンクーバーオリンピック  FS 映画「道」より by N.ロータ
    ■2010~2011season
    2010全日本選手権  SP「ある恋の物語」「マンボメドレー」
                   FS ブエノスアイレスの四季
    2011全日本選手権  SP In The Garden of Souls by VAS
                     FS Blues For Klook by E.ルイス
    2012年世界選手権  FS Blues For Klook by E.ルイス
    ■2012~2013season
    2012全日本選手権  SP 「Rock’n Roll Madley」「The Stroll」「Rudy’s Rock」
    FS オペラ「道化師」より by R.レオンカヴァッロ
    2013年世界選手権  SP 月光
    ■2013~2014season
    2013全日本選手権  SP バイオリンのためのソナチネ
                   FS ビートルズメドレー  
    2014ソチオリンピック  FS ビートルズメドレー
    ※収録楽曲は、権利上の都合により新録音、再編集したものがあります。
    ※収録内容は予告なく変更の可能性がございます。予めご了承ください。


    [特殊内容/特典]
    【特典映像】
    ■メイキング
    ■全日本選手権エキシビション集
    2005年 ノクターン
    2006年 ノクターン      
    2007年 ロミオ&ジュリエット by チャイコフスキー
        白鳥の湖(ヒップホップ・バージョン)
    2009年 ラブ・レター
        Eye by Coba
    2010年 映画「アメリ」より ピアノによるアメリのワルツ
        「ある恋の物語」「マンボメドレー」
    2011年 映画「海の上のピアニスト」より「ザ・クライシス」
        「ある恋の物語」「マンボメドレー」
    2012年 ブエノスアイレスの春
        「ある恋の物語」「マンボメドレー」
    2013年 映画「海の上のピアニスト」より「ザ・クライシス」
        Eye by Coba

    封入特典:オリジナルフォトブック

    ※特典の内容及び名称は予告なく変更の可能性がございます。予めご了承ください。

    [スタッフキャスト]
    出演:高橋大輔
    ※「高」の字は、「くちだか」ではなく「はしごだか」


    [発売元]フジテレビジョン

    (C)2015フジテレビ

    内容(「キネマ旬報社」データベースより)

    フィギュアスケーター・●高橋大輔の20年に及ぶ軌跡のドキュメンタリーと名演技の数々をBD化。ファンを魅了してきた美しさと力強さを持つ名演技を、全日本選手権の模様を中心にたっぷりと収録。素顔に迫ったプライベート映像も収める。            

    内容(「Oricon」データベースより)

    バンクーバーオリンピックで日本男子フィギュアスケート界初のメダル獲得をはじめ、数々の輝かしい実績を残し、2014年惜しまれつつも現役引退を表明したフィギュアスケーター界のカリスマ・高橋大輔。彼の20年に及ぶスケート人生を辿るファン垂涎のドキュメンタリー、さらに美しく力強い唯一無二の名演技の数々を収録。彼の素顔に迫ったプライベート映像も満載!BD数量限定生産商品。            

    2015年7月 6日 (月)

    なでしこ W杯決勝

    今日の戦いを楽しみに先週は過ごして来ました。

    けれど始まってからの15分で、テレビを見るのがつらくなってしまいました。

    子供を駅まで送らなくてはならなくて、実際のところ見てないんですけれど。。。(汗)

    帰ってきてからしばらく、ラインやtwitterなどを見たりして

    画面を直視していなかった。

    めげますよね、4失点は。

    見てるだけの私がそう思うのですからグランドにいる本人たちは

    どれほどダメージを持っていたのか想像も付きません。

    頭が真っ白状態になったんじゃないだろうか、、、。

    でも、そこから澤が入って落ち着きを取り戻して

    1点入れて、反撃に転じるあたりはさすがでしたね。

    (お~地震だ)

    後半にオウンゴールかもしれないけれど、ともかく2点目が入ったと

    思ったら、セットプレーからすぐに失点。

    今回アメリカの日本対策は万全でした。

    まず試合の入り方の気合が違いました。どうしても勝ちたいという気迫をアメリカには

    感じたなぁ。特に日本との対戦に臨むにあたって奮起してたんだろうと思う。

    なでしこだって気持ちは強く持っていたと思うのですが

    少し相手が上回ったのかもしれません。

    確かに、アメリカは強かったけれど、、、あの点数差ほど実力差はないと思うが。

    実際後半は1-1だった。序盤の4点が悔やまれる。

    いやしかし、なでしこはよくやりました。

    私がここまで過ごして来れたのは、なでしこと錦織のおかげです。

    決勝までありがとうございました。

    今週からは、何を励みに生きていこうか模索中です。

    つれさかさま

    【海外の反応】

    http://blog.livedoor.jp/aushio/

    宿敵アメリカに完敗も悔いは無し。なでしこは最後まで“らしかった”。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150706-00823687-number-spo

    2015年7月 1日 (水)

    錦織、2回戦棄権

    錦織圭が2回戦棄権「このままやっても勝てないと」

    なんて残念なんでしょうか。

    しかし、脚は大事にしなくてはね。

    怪我はスポーツ選手にとって一番の敵かもしれないです。

    ウィンブルドンが全てではないし、良い選択だったと思います。

    次は万全な体制で、また面白いテニスを見せて欲しい。

    http://matome.naver.jp/odai/2143437320848491101

    ガット職人が明かす“エアK”錦織の変化と素顔

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000000-tospoweb-spo&pos=2

    で、サッカーの話題など。。。

    [スポニチ]U―22代表 コスタリカに快勝 野津田ボレー、金森ミドル弾
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/07/01/kiji/K20150701010647500.html

    【なでしこ】

    http://blog.livedoor.jp/aushio/archives/44620995.html#more

    いよいよ明日ですね~これだけが楽しみです。

    ウィンブルドン 1回戦

    ナンバーコラム

    「錦織、1年前からの心変わりとは」

    http://number.bunshun.jp/articles/-/823642

    昨日の夜から深夜にかけての激闘はご覧になりましたか?

    フルセットにもつれ込み、3時間22分。

    錦織の足が心配ですけれど

    インタの

    「そうであっても言わない」という言葉にちょっと感動しました。

    なんだかプロ、男って感じ。

    【海外の反応】

    http://tamenal.com/9924

    【ウィンブルドン】錦織、2回戦はセンターコート

    ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000027-sph-spo

    « 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

    投票2

    • 音楽
    • 理由も教えてくださると嬉しい。

    投票

    • 投票
    2016年8月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    無料ブログはココログ