動画

お勧め

お勧め2

« 鎌倉 紫陽花旅 | トップページ | なでしこ オランダ戦 【海外の反応】 »

2015年6月22日 (月)

舞台「エリザベート」

6月20日土曜日昼公演

http://www.tohostage.com/elisabeth/castsche.html

行ってまいりました。

城田トートが素晴らし過ぎて(涙)

この世のものとは思えない美しさと存在感。

もっともこの役、死の帝王だからこの世のものではないのだから

基本的に既にそこに居るだけで成功している。が、

更にその歌唱力も主役に相応しいもので、前回も上手いと驚いたが

今回はさらに深みのあるそして伸びのある歌声で、歌手としてプロと言っていい他の配役人にも引けをとらない。

積極的にエリザベートに情熱的に迫るトートは若い役者を意識した演出か。。。

ともかく今年の2人のトートにはぴったり。

壁ドン、床ドン、、、エリザベートにもルドルフにもやたら迫る(笑)

そして、何をしても美しい。

ルキーニは山崎育三郎くんで、王子さまキャラの彼が大丈夫かと思いましたが

とても頑張っていたみたい。

品のない悪い役に、やや苦労はしてる感じはしますが

なんといっても歌が上手いし、役の幅を広げる為にはいいことだと思う。

ルドルフは京本くん、線が細くて女性かと思うくらい。いいと思うけど、、、

正直古川くんの方を見たかった。

ルドルフとトートが歌う「闇が広がる」は

この劇の中で一番好きな曲でしたが、ちょっとこの2人のコラボはぐっと来なかったかなぁ。

ルドルフはもっと切なく悲しく、愛おしく感じれなくてはね。

死の接吻はトートからルドルフに厳かに与えるべきで

ルドルフから簡単に行くべきではなかったと確信している。

あれは演出ミス。

« 鎌倉 紫陽花旅 | トップページ | なでしこ オランダ戦 【海外の反応】 »

コメント

予告編見せてもらいました。ミュージカルはまだ見たことないです。エリザベート気にはなってるんだけど秋まで歌舞伎の予定が何本かあるのでちょっと予算が…  naoさんの芝居レポ楽しみにしてます。私はまずは7/25 阿弖流為から。 
スケートはフレンズの日曜昼がなんとか当たったけど楽が全滅。ほんとにこんな激戦になるとは(×_×) 1 公演確保できただけありがたいですね。 

itohさん
こんにちは。お久しぶりです。
エリザベートは、ミュージカルとして多分誰が見てもそれなりに楽しめると思うので
機会がありましたら、ぜひ一度見てください。
お安い席もあると思いますよ~。私も安い席でもう一度見たいのですが。。。
確かに歌舞伎を何本かだと厳しいですね。
私はアテルイの席をBにしてしまったので、ちょっと不安です。
25日ですか~残念。私は23日に行ってきます(笑)

フレンズはもっと楽に取れるかと思いましたが
厳しかったですねぇ(汗)
私は何とか楽を確保しました。

阿弖流為 私は3階のA席です。でも新橋は行ったことないのでどう見えるかわかりません。ほんとは右側袖席の後ろのほうが良かったんだけど 花道も見えるので。 私の歌舞伎観劇はA、B席が多いです。やっぱり予算がないので…交通費もかかるし。

そうなんですね。
私は2階の左側で、取ってから調べたら花道が見えないかもという席でした(涙)
新橋は何度か行きましたが、いつも1階で段差がなくて見にくい劇場です。
それなら2階か3階もありだと思いましたが
花道が見えないとなると、がっかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/61778627

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「エリザベート」:

« 鎌倉 紫陽花旅 | トップページ | なでしこ オランダ戦 【海外の反応】 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ