動画

お勧め

お勧め2

« るろうに剣心 伝説の最期編 | トップページ | 引退会見 »

2014年10月14日 (火)

高橋大輔 引退

ちょっと落ち着いたので、パソコンの前に向かっています。

友人のラインで知ったのですが、、、

まさか、その時が今日になるなんて思ってもいませんでした。

どうして今日なのか。。。

もっと長く考えても良かったんじゃないか。。。

しかし、今までの行動や言動、周囲の方々の言葉を振り返ると

早くから決めていたのかもしれないとも思ったりして。

台風が行ったけれど、風が強くて家のドアがバタバタしているのは

私の心と同じだな。

思ったより衝撃が強くて、自分でも驚いています。

彼ほどのフィギュアスケーターは今後出てこないと思っていたし、

尊敬する選手だと思いは昔から変わらぬつもり。

でも、彼のすべてを肯定するつもりはないなんて冷静なところにいたと

自分は思ったりしてた。

引退ももう少しあっさりと受け止められるはずと思っていたのに、

本当に悲しくて。。。。

悲しくて。

言葉にすると嘘くさいと思っていた私がブログを真剣に書き始めて、

彼を好きになったことで、

いろいろ変化したなぁ。

彼しか興味がなかったフィギュアスケートだって、

先日はブロック大会まで見にいったし。。。笑

このブログで知り合った友人も出来たっていうが一番のことかな。

試合での彼はもう見れないのかもしれませんが、

まだ滑ってくれるのだし、

氷上にいる限り

彼を見ていたい。

【記事】

http://www.asahi.com/topics/word/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%A4%A7%E8%BC%94.html

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2014101401001069/1.htm

http://www.kansai-u.ac.jp/sports/message/takahashi/

« るろうに剣心 伝説の最期編 | トップページ | 引退会見 »

コメント

私は、これ以上スケート連盟に高橋くんが愚弄されることなくてよかったなぁ、と思っています
「続行」も「引退」も自分ひとりで決めた勝手もんです
これからも勝手にさせてあげましょう

もともと好きだったフィギュアスケート。学生を卒業、就職、結婚、育児でずっと離れた生活をしてきたけど 2005年高橋大輔に出会いどっぷりとスケートに引きずり込まれました。こんなに深くはまり込むとは思ってもいなかったけど naoさんと同様たくさんの仲間に会えたことがとても嬉しいです。
2000DAYSでUPされていた鎌倉での写真を見て なぜか あ、この人やめるんだと思いました。そうしたら引退発表があって。急すぎて驚いたけど。自分の決断に迷いのないすっきりした顔をしていたので もう試合での姿を見ることはかなわないのかという悲しみが和らぎました。
お疲れさまと思いながらも 1シーズンだけでいいのでいつか彼が復帰してくれることを心の隅では願ってしまうけど。 

今週末は全日本ノービスを見に行こうかと思います。未来のトップスケーターたちを見るのもまた楽しいです。

yoitomakeさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
そうですね。スケート連盟からもう何も束縛されないですね。
それは良かったのかもしれませんね。
将来のことをゆっくり考えて貰いたいです。

itohさん
こんばんは。
お返事がいつも遅くてすいません。
そうですか。前からお好きだったのですねぇ。
どっぷり嵌ってしまってますか?やはりお仲間もできて嬉しいですね。

鎌倉の写真でですか?すごい。。。

私は突然のことでびっくりでしたが、会見は明るいお顔にこちらが癒されました。
話の最初で一旦復帰もできると言ったのはそのつもりがあるということでしょう。
だから戻ってくると信じています。

全日本ノービス、素敵ですね。
私も先日東ブロック大会で樋口新葉さんを発見しました。
将来が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/60476439

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔 引退:

« るろうに剣心 伝説の最期編 | トップページ | 引退会見 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ