« 長光歌子さん 「体から音楽」大輔の演技 | トップページ | ゲーム高橋大輔 »

2014年8月 4日 (月)

「苦悩」

毎日毎日ほんとに暑いですね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私などなんとか生きながられている感じです。

ああ、先ほど書いた記事が消えてしまって2回目、、、(涙)

さて、突然ですが、、、日本のアニメ。

日本のアニメは世界的にも人気ですけれど、何が受けてるというと

考えるに、ストーリーの複雑さと、登場人物の多様さ。

そして、主人公は完璧ではなく常に迷い、悩んでいる。

そして、周りの仲間とともに成長していったりするわけなんですね。

こんな完成されていない少年のようなところが

見ていて感情移入でき、話に引き込まれやすいのではないでしょうか?

アメリカのヒーローは完璧で悩みなんてないわけですから。

大体、日本のアニメの主役は若くあるのは、悩みながら成長していくというところを描くためだろうし、

そこが魅力的なんだと思うけれどね。

先日見た映画「るろうにん剣士」もそんな主人公でした。

また「マレフィセント」が見れなくて残念だったのですが

娘が見たいといったこの映画もなかなか面白かったです。

佐藤健はそれほど好きではなかったけれど、

素晴らしい運動神経にびっくりし、その悩む演技に心をざわつかせたわ。

悩む男の横顔ってなんか乙女心(もしくは母性本能)をくすぐるじゃないの。

戦いたくない、人を切りたくないのに、運命に逆らえない少年のような男。

軟な外見とのギャップにもやられるよね。

脇役も私のツボを刺激してくれて嬉しかった。

江口洋介、、、、タバコの吸い方がかっこいいわぁ、サンジみたい。

伊勢谷友介と田中泯のお庭番!素晴らしいじゃないの。

あっと、もちろん藤原竜也、神木隆之介くんや仲間の女性も悪女ぽくて良い感じでした。

このとても濃いキャラクターはやはり原作が漫画ならではのものでしょう。

(私は読んでませんが、、、)

そして、最後にトドメ的な登場人物が。。。

(ネタバレ)

福山雅治!!!!!!!!!

9月に公開の「伝説の最後編」が楽しみです。

「苦悩」に乙女心が弱いのだから

「I'm kissing you」にも惹かれるはず。

このプログラムは「苦悩」だから。

彼の苦悩する影のある横顔などに、心が揺さぶられて

ドキドキしてしまうのはしょうがないところでしょう。

 

(おかりしました)

« 長光歌子さん 「体から音楽」大輔の演技 | トップページ | ゲーム高橋大輔 »

コメント

佐藤健。うちの息子と同じ名前なので(健をタケルと読むのはうちの子以外聞いたことなかった)なんとなく親近感があって気にして見てた。現代劇は若い人気俳優って感じだけど時代劇はいいですね。剣心が時代劇かって言うと違うかもしれないけど。大河の「龍馬伝」の伊蔵がすごく良かったので「るろうに剣心」の一作目を見に行ったけど面白かった。原作のイメージも崩れなかったし。2、3作目はどうしようかと思ってたけど、naoさんのコメント読んで見たくなりました。でも休みの日をコンサート、芝居、スケート!なんて言ってると見損ねてしまいそう。マレフィセント名古屋ではまだやってるみたいだけど これも危ない…

itohさん
こんにちは。素早いコメントをありがとうございます。

息子さんはタケル君ですか、、響きが良いですよね。
かっこよさそうです。

私は一作目の印象が薄くって。。劇場でしっかり見なかったせいかなぁ。
今回は娘に誘われて劇場で見たので、印象も変わったのかもしれませんが、、
脇が豪華でいいと思いましたし、殺陣が(早くて疲れましたが、、、)迫力がありましたよ。まあ、これも劇場で見なくてもいいかもしれませんが、DVDなら見てもいいかもって感じです。暇だったらということで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/60097005

この記事へのトラックバック一覧です: 「苦悩」:

« 長光歌子さん 「体から音楽」大輔の演技 | トップページ | ゲーム高橋大輔 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ