動画

お勧め

お勧め2

« ギエム | トップページ | 表紙 »

2014年8月18日 (月)

舞台「ロミオ&ジュリエット」

蜷川演出
さいたま芸術劇場 小ホール
オールメールシリーズ
「ロミオ&ジュリエット」
昼公演を今日観てきました。

注意:ネタバレあり

このシリーズはほぼ見てますが、初めての小ホールです。
余り有名な役者が出ないせいかもしれませんが、
質素な舞台、いやワザとだと思う。
は、効果的です。
舞台は座席が三方向からすり鉢状に取り囲まれ、何処から見ても
役者を近く感じます。
若くしなやかな肢体や動きが遮るものなく見れて
簡素な中にも工夫があり、時々出る舞台装置は豪華であったりした。
シェイクスピアの中でも、特に有名で蜷川氏自身も何度も演出している演目は
単に若い役者、と言うだけではなく、時々おっと、とセンスが良い?
と感じたのは、モンタギュー家の晩餐会。
皆、長い髪で上半身裸体、下はロングドレスで統一したところ。
思いつかないことだけど、意外に良いと、いやだいぶ良いよと思った。
彼らをバックにロミジュリが出会い会話するシーンは絵になる。
こんな事を言っても、
正直、時々長いセリフにねむくなったりした。
シェイクスピアってセリフがくどい。
でも、最後のクライマックス…
2人の永遠の愛が死により結ばれたときは
素直に泣けましたよ。泣きたかったし…
そして、両家が手を取り合い…ここは説教臭くて嫌いだが、
まあいいわ。

と、思った時にカミナリのような激しい音。どうやらマシンガンだ!
明るくなったら、全員死んでました。
おー❗️❗️
誰が?と思ったら、話の筋に関係なく
仲間にからかわれイジメられていた少年でした。

いやいや、面白いわ蜷川さん!
さすがです。最近歳かな〜と思ってましたけど、
考え方が若々しいです。
ブラボー❗️


« ギエム | トップページ | 表紙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/60167867

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「ロミオ&ジュリエット」:

« ギエム | トップページ | 表紙 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ