動画

お勧め

お勧め2

« 映画「ノア」「トランセンデンス」 | トップページ | 舞台「太陽2068」 »

2014年7月23日 (水)

PIW 7月20日に行ってきました

7月20日午後公演に行ってきました。

ふれあいタイムで、絵を渡すことを始めて今年で3回目となりました。

今回の絵は臨スポの時の大輔さんです。

まだ髪を切る前、、、ところどころにメッシュを入れて

長い前髪をやや持て余していて、

踊るたびにはらりと顔にかかってなんとも色っぽい。

それにあの時のkissingyouには苦悩と迷いともどかしさ、そして

外見の男っぽさと相反する

見ているものの母性本能をくすぐる危うさ。。。

けれど氷上の上で踊る姿の華やかさ。

そんな混沌としたもの。

それを表現したかった。

Dscf2941

さて、

正直言ってプリンスのショーはあまり期待は出来ない。

今年は出演者も少ないし、いつも海外から有名スケーターも参加するはずなのに

それもない。

行くのはふれあいタイムの為だと思っていました。

去年はバイオリンの古澤氏の参加によって、相当クウォリティーの高いものになりましたが。。。

それは生演奏を氷上で披露してくださった古澤氏個人の力によるものが大きかった。

彼の音楽で群舞も美しく見えました。

そして今年は元コンボイショーの今村ねずみ氏による演出

結論から言うと、とても良かったと思います。

楽器をテーマにした演出と構成には一つの大きな柱があって、分かりやすく、

その選曲にはセンスを感じますし、振り付けがおしゃれで

特に男だけの群舞などかっこよくて感動すら覚えました。

コンボイショーは男だけのダンスも多かったはずで男をかっこよく見せるポイントを

知っているんだろうな~と、自分の中で納得したり。

とにかくプリンスの群舞も生演奏の音楽家を呼ばなくても

見てそれなりの価値があるものになっていて、今後も進化していくだろうし

プリンスのショーの見せどころになっていくのかもしれません。

*

ゲストスケーターたちの演技ですが

この日は、みなさん素晴らしくてこの7月のショーにしてこのレベルの高い演技。。。

海外スケーターはいなくても国内選手のレベルの高さに驚きますね。

ジャンプで転ぶ人もいなかった、、、多分。

あっこちゃんのツゴイネルワイゼンは難しいステップを流れるように滑り、思ったよりも

爽やかな色っぽさで素敵な大人のプログラム、、、ご自分でも自分らしいとおっしゃったように

演技に無理がないというか、

私の好みからするともっとけだるく怖い感じで官能的な方がいいのだけれど。

*

ピアソラのタンゴ。。。かっこいいじゃないの織田君。

もしかしたら彼

ラストサムライとか以外に2枚目路線が似合うのかもしれないよね。

ジャンプなど現役よりいいのではないだろうか、、、やわらかい彼独特の降り方で

見ていてストレスがなく素晴らしい。

*

町田君は、je te veux。

最初に帽子とコートを着てる噂のプログラム。ああ、これがねと見る。

彼は前には感じなかったオーラが出てきたようだ。

ジャンプの安定感はすばらしいし、演技はバレエのソリストのようで自信に満ち溢れているように見えた。

この時期の男は自信が出来ると驚くほど変わるのかもしれない。

*

今回の席は南西で、いわゆるショートサイドになります。

お目当てのkissinngyouは北が正面で、、

こちら側はやや残念な感じだったかなぁ。

それでもあの特別な、別格な存在感は会場全体を覆い

登場しただけで、他のスケーターとはくらべものにならないくらいの歓声

その人気は今も揺るぎはしないでしょう。

なんと表現して良いか分からないけれど彼は違うのだ。

他のスケーターは確かに氷上を滑っているという感じだが

彼は何か自由さがあって、浮いてるというのは大げささけれど、

氷上でのバランスの悪さとか、、、それこそ重力を感じさせない動きなんですよね。

そんなことを思いながら見たkissingは、幕張よりさらに進化をしていて

完璧ではないかという感じで。。。

ちょっと押しつけがましさもなく、

それはもう彼のこの曲にイメージしていることが

そのまま伝わるような切ない演技でした。

*

というわけでふれあいタイムは、3回目なのに超緊張。

とにかく大輔さんだけは止めなくてはと、やたらバナータオルを振り

お呼びしました(汗)

南西はほんとに一斉にスケーターが来るので大変なんですよ。

ホントは、あれも聞こう、このことも気になるしと聞くことを考えていたのに

すっかり舞い上がって

ともかく絵を渡して、握手して写真を撮るという使命を全うしたという感じです。

あ~(ため息)

あの顔がこちらを向いただけで頭真っ白になりますって。

お話する皆様、すごいわ~(涙)

でも何とか一枚撮れましたよ~

目線も向いてますよね、、、う~うれしい。

Dscf2946

Dscf2947

Dscf2948

これは友人に向いてる。

彼女の渡した花束、、、(奥の方の)よく見てくださいね。ブルーのバラでネットで注文したものでオランダ産だとか。。。凄い!

その手前のも友人の花束です。皆さん、素晴らしいわ♪

*

ここからはすでに2周目のあっこちゃんと織田君。

2周目でお疲れなのにこのサービス!

もう、織田君!あっこちゃん!大好きだよ~ありがとう。

Dscf2984

Dscf2995

凄いカメラ目線、、、

ポーズは私がお願いしたわけではないのですが

私の「こっちも~」の声に反応してくださったのです。

おばさんですいません。。。

なんだか大輔さんじゃないとずうずうしくなってしまいます。

2

Photo

もう、面白すぎ!

「織田君、かっこいい!」と声をかけたら

「何かの気の迷いです。」とか、、、

ほんと、癒されました。

でも、最近髪型とか

品のいい茶色のカラーリングに柔らかな髪質に合うカットで

おしゃれで素敵になったと思いますよ、ね。

*

町田君も2周目で、ちょっとしたプレゼントを渡すときに

白夜行が大好きですといって

ポーズをお願いしてしましました。

そしたら、持っていた花束をおいて、このポーズ。

なんていい人なの。。。

Dscf3011

スケーターの皆さま、

一緒に行ってくださった皆さん

ありがとうございました。

« 映画「ノア」「トランセンデンス」 | トップページ | 舞台「太陽2068」 »

コメント

久しぶりにお邪魔します。

やっぱり、行けばよかったかなと後悔しますね。

もういけないかな、アイスショー。

今回も素敵な絵ですね。

naoさん、お久しぶりです。
私は18日夜の公演に行って来ました。昨年の全日本以来の生高橋大輔。

>なんと表現して良いか分からないけれど彼は違うのだ。

>彼は何か自由さがあって、浮いてるというのは大げささけれど、

>完璧ではないかという感じで。。。

>ちょっと押しつけがましさもなく、

本当にnaoさんがおっしゃる通りです。
滑りの質、身体の使い方、一つひとつの動き所作、音のとらえ方
観客とのコンタクト、何から何まですべて”高橋は違う”のです。

スケーティングはますます浮遊感が出てきて、ジャンプはふんわり
ジャンプで宙に舞うよう。私は南から見たので残念ながら彼のkissを
受け取ることはできませんでしたが、後ろ姿を堪能しました。
彼の背中、男のたくましさと哀愁を感じて素敵でしたよ。
背中で語れる男。

ふれあいタイムでnaoさん力作の絵を渡し写真まで撮れて良かったですね。
私はまだふれあいタイムに参加したことがありません。
恥ずかしいというか、度胸がないというか。きっと彼を前にしたら何も言えず
固まるか口をぽかーんと開けてしまうような気がして。バーナーもバッグに
入れていましたが、周りに掲げている人がいなかったので揚げられなかった。
せめてバーナーだけでも揚げて、”ここにもあなたのスケートが一番好きな人がいる”
と表現すれば良かったと後悔しています。

PIWで生高橋の演技を見て、改めてオリンピックの録画を見ました。
全日本とオリンピックの映像は心痛むというか、胸いっぱいになるので
あまり見ていません。今すこしづつ明かされる当時の彼の心身の状態を
理解しながら見ると、演技後の彼のコメント、解説席での本田先生の言葉
歌子先生とニコライの表情、織田君の号泣、さらに意味深く感じました。

長文になり失礼いたしました。


はじめてコメントします。私も行きましたが、本当に素晴らしかったですね。大ちゃんの演技は毎日進化するし、その度に感動します。握手も自然体で二列目にいる観客にも気を配ってくれますね。町田君も演技者としての余裕が出てきたように感じます。彼はどちらかというとバレーダンサーのような身のこなしだと思います。ステファンの振付かと思うほどステファン要素が入っていました。あっこちゃんのスピードがあるスケーティングが素晴らしかった。私も毎回4日間も通ってしまいました。

naoさん こんばんは。
まずは、お写真をありがとうございます❤
久しぶりのnaoさん節でPIWを振り返って、再びうっとりですよ。
プリンスのメンバーの方々は年々上手くなってますね。本当に演出も良かった。
音源が良いので、とても楽しめました♪

大ちゃんの滑りは後半、鳥肌が立ちました。幕張よりも力強くなった感じですね。
見たのは西南だけど、、北ではないけれど、、欲を言えばキリがない(笑)

そして、今年のふれあいは、、、あー、なかなか想定通りにはいきませんね。
しかし、去年見つめて頂いた大ちゃんの目もやさしかったけれど、
今年の目は感謝と慈愛に満ちた、何とも言えない美しい目で、頭がすぐ真っ白になる私でも、一生忘れないと思います。
織田君はほんとに良い人。ふれあいを一層楽しませてくれて最高でした。

今年も下手だった私の写真(苦笑)  naoさんの写真はすばらしい。
感謝して頂きます❤

naoさん、おはようございます。
 
伏せたまぶたにハラリとかかる前髪♡♡♡素敵な絵です。今年も上手く渡せてよかったですね。写真をたくさんありがとうございました。

私も同じ公演を見ていましたが、naoさんの感想の通りの素晴らしい公演でした。 
町田選手が、自信を持ったバレエのソリストのようだったという表現、本当にそんな感じでした。昨年彼に新プログラムのことを聞いたら、秘密!と言われて、実はちょっとムッとしたのですが(笑)、その時の彼の決心、覚悟を見事に見せてもらえた1年でした。

私は自分の写真の腕はハナから諦めていて、スケーターさんたち一人一人に一言ずつ声をかけることだけしていましたが、まともな会話になったのは織田さんくらい(笑)彼は本当に感じがいい人です。

高橋選手のI'm kissing you、臨スポで見たそれは、新造の船が恐る恐る大海に漕ぎ出して行くようで、見守っていきたい気持ちが強くなりましたが、今回の演技は、大洋のど真ん中でどんな波が来ても、余裕を持って舵取りできるかっこいい船になっていました。
その船はどこの港で休息を取り、次の行き先をどこに定めるのか?
気長に待つことにします。

naoさん、今更ですが久々におじゃまします。

いい写真が撮れてよかったですね! 男っぽい大輔さんのすっきりした立ち姿、その逞しい腕にしっかりと大切に抱えられたご自分の素晴らしい作品・・なんて実際に見たらどんな感じがするんでしょう、羨ましいにも程があります。制作、お疲れさまでした!

スケートの感想もありがとうございました。大輔さんは、本当に、あの自由さがたまらないです。とてつもない身体能力と生まれもったセンスと・・他、どこからくるのか訳もわからない、という制約の無さなんですよね。どうしても人間の体の条件反射的なものか、これをする時はこういう動作になってしまう、という動きをするスケーターの中で、彼だけはそうは見せない、というのが数限りなくあるのに、つい大輔さんばかりリピしすぎて、逆に忘れちゃってたりする。

Kissing、幕張で見て以来動画の断片と皆様のレポで察するだけですが、短い間にもどんどん熟してきているのですね。このプログラムそのものには、「過渡期」というイメージを持っています。今の大輔さんに必要な役目を持って生まれて、大輔さんが、見守るファンと一緒にそこを駆け抜けて、その役目を果たしてくれた、というような。大輔さんのスケート、ここ数ヶ月の、まだまだ、このまま見ていたい、という祈るような気持から、最近は、「次」の大輔さん、どんなかな、という期待感が膨らむようになりました。進化しつづけているスケーター、まだまだ斜め上を行ってくれていたんだな・・。

naoさん、こんばんは。私も今更なのですが、プリンスではお世話になりましたm(__)m
実はnaoさんアップのお写真だけ早々と保存させて戴いておりましたよ♪どれもカッコイイとしか言えませんね!やっぱり高橋大輔いいな~!ってしみじみ思いました。

あの日は、高橋選手の前に滑っていた織田君も鈴木さんも町田君も皆失敗がなくて素晴らしかったので、高橋選手が滑る前は大丈夫かな・・と少し心配してしまいましたが、余計な杞憂でした。(これは高橋選手に失礼ですね)

プリンスで見たkissing youの生高橋選手はnaoさんの感想そのままです。どこがどういいのか、自分なりに頭の中で言葉を並べてもすっきりしない・・これを全て素敵で的確な言葉でまとめてくれるnaoさんは流石ですね。お写真とレポ、ありがとうございます。

keさん
こんばんは。
お久しぶりですね。
コメントありがとうございます。ショーは行く気になれば行けますよ。
絵のことありがとうございます。

kkさん
いつもコメントをありがとうございます。
背中も素敵ですよね。。。
そうですか、、、ふれあいタイムって私も苦手で、あ、大輔さん以外は大丈夫なんでけれどね、3回目でも頭が真っ白です。
今回も何とか渡せて良かったです。もうそれ以上は望まないことにします。

オリンピックの映像は私もあまり見ていません。
なんかつらいですもんね。
一年休んで癒されて欲しい、、、けれど絶対に戻ってきてもらいたい。

今度また旅のお話しましょうね。

natalieさん
初めまして。
久々のはじめての方なのに、お返事が遅れてすいません。
ホントに大輔さんは毎日進化していたみたいです。
4日も通ったのですか~素晴らしいですね。

皆素晴らしかったですよね。
まっちーは、そうステファン見てるようでした。ほんとバレエです。

素晴らしいPIWでしたね。来年も行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/60030386

この記事へのトラックバック一覧です: PIW 7月20日に行ってきました:

« 映画「ノア」「トランセンデンス」 | トップページ | 舞台「太陽2068」 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ