« 荒川さん | トップページ | 一番良いとこは「顔」 »

2014年4月16日 (水)

アンディ・ウォーホル展

「永遠の15分」について

将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう。―アンディ・ウォーホル

タイトル「永遠の15分」は、「将来、誰でも15分間は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの有名な言葉に由来します。彼の生きた時代は、長い歴史から見れば短い時間だったかもしれませんが、その影響は現在、そして今後も永遠に続いていくと言えるでしょう。

http://www.mori.art.museum/contents/andy_warhol/

http://mori.art.museum/contents/andy_warhol/highlight/index.html

今日森美術館で開催中の「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」

に行っていきました。

多少でもデザイン、広告にたずさわったものなら、

彼の作品は、特別な意味を持っていると思う

広告というか、、、あの80年代の時代そのもの。象徴的な美術、芸術です。

しかし、行ってみて初めて彼の作品のほんの一部しか見てなかったことに

気が付きました。

膨大な、多彩な作品に圧倒され、改めて彼の才能を知りました。

良い時代のアメリカ的な作品ではありますが

今でも色あせない新しさもあり、概念に縛られない自由さ。

面白い。

昔のドキドキ感を思い出しました。

5月6日までです。

興味のある方は見逃さないでください。

(ヒルズの回し者じゃないですが)

↑これ買っちゃった。

« 荒川さん | トップページ | 一番良いとこは「顔」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/59481640

この記事へのトラックバック一覧です: アンディ・ウォーホル展:

« 荒川さん | トップページ | 一番良いとこは「顔」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ