« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月

2014年4月25日 (金)

アモリ・ヴァッシーリさん

今さらなんでしょうが、この方あさイチ見て知りました。

葉加瀬太郎さんとコラボしてるのですね~

しかし、この白鳥の湖が

私のお気に入りなのでアップ。

(お借りしました)

アモリ・ヴァッシーリさん(テノール歌手)

成熟した力強い歌声と甘いマスクで多くの女性の心をつかむ、フランス出身の歌手、アモリ・ヴァッシーリさん(24歳)。クラシックの名曲にオリジナルの歌詞をのせ現代風にアレンジし、ポップスとして昇華させた彼の音楽は、クラシック好きのみならず多くの人々の耳になじみます。
2009年、20歳のときにフランスでメジャーデビューし、これまで発表した3枚のアルバムは、100万枚以上の売り上げを記録。そしてアモリ人気はフランスからヨーロッパ全土、そして世界規模に広まり、南アフリカでは英語以外で歌う洋楽CD売上記録を塗り替えました。

スタジオでは、、、

「♪美しき愛の詩(うた)」モーツァルト交響曲第40番第1楽章より
「♪白鳥の湖」チャイコフスキー「♪白鳥の湖」より

とても素晴らしかったわぁ。

スポーツ特別顕彰授与式

(お借りしました)

高橋選手に県スポーツ特別顕賞 ソチ五輪6位入賞たたえる

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014042416524486/

埋め込み画像への固定リンク

【ニュース】

今年のFOIはVOGUEがファッションプロデュース

http://www.vogue.co.jp/blog/vogue-wedding/archives/954

今年の夏は、荒川静香さんのプロデュースするアイスショウ「Friends On Ice」で、なんとVOGUE が一部のファッションプロデュースをさせていただくことになりました!

続きを読む "スポーツ特別顕彰授与式 " »

2014年4月23日 (水)

Number他

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2014年 5/15号 [雑誌]

アイルトン・セナ特集!

衝撃的な死からもう20年かぁ。。。

'13-'14フィギュアスケート・ファイナル

特写&独占インタビュー(1)文◎野口美惠

羽生結弦 「僕が追いかけているのは、自分です」

特写&独占インタビュー(2)文◎野口美惠

リプニツカヤ 「スケーター人生を歩み始めた日」

特写&独占インタビュー(3)文◎田村明子

グレイシー・ゴールド「私もトリプルアクセルを」

***

楽しみな舞台

蜷川演出「ロミオとジュリエット」

http://saf.or.jp/arthall/stages/detail/1160

蜷川幸雄が初めて手掛けたシェイクスピア作品である「ロミオとジュリエット」をオールメール(男性俳優のみ)による新演出で上演します。
ロミオ役は若手俳優の中でも演技派としてとりわけ注目を集める菅田将暉が、ジュリエット役は「彩の国シェイクスピア・シリーズ」内の人気企画「オールメール・シリーズ」でおなじみの月川悠貴が演じます。

・・

この菅田将暉くん、ごちそうさんで杏ちゃんの長男役で注目されましたが

多分、初出演は仮面ライダーです。仮面ライダーW。

このところ仮面ライダー出身の役者さんの活躍が目立ちますよね。

http://matome.naver.jp/odai/2127849487933400601

http://www.geocities.jp/bouken_komachi/rekirider.html

★オダギリ・ジョー

★水嶋 ヒロ

★綾野 剛

★佐藤 健

★福士 蒼汰

などなど

水嶋ヒロの仮面ライダーカブトは面白かったなぁ。

それと、内容が深くて衝撃作だった仮面ライダーファイズ。↓

http://www.tv-asahi.co.jp/555/001_topix/25_ayano2.html

話がそれたけれど、、

舞台の話

綾野剛が出演する「太陽2068」

誰かぁチケット、取って~

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/14_taiyo.html

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/14_taiyo/index.html

好きなのは「顔」

先日、宮本センセーがおっしゃったお言葉。

一番良いところは「顔」

まさにその通り。

ということで私の好きな顔をピックアップ。

一応プログラムごとにランキング。

1位VAS

指なめ顔が最高だった。

D0052679_21535953

D0052679_2151457

X_a11294df

21

803

2位バチェラレット

この時期でしか表現できない危うさ

「これが私の魂」

Bih_xtrceaaji0p

07nhk159

3位ピアソラ

誘う顔と苦悩の顔が最高

20114cc5

20114cc13

20114cc20

なんという麗しさ。

4位道化師

この写真は、最高!!!!

ホントは一番かもと思うけれど

プログラムが好きじゃないのだぁ。

Cover0213x_span7

Gpf1

5位ビートルズメドレー

T7tnk6rah9y

Rfhj2vb_uz8

試合の演技で、これほど違和感(わざとらしさ)のない穏やかな微笑って

難しいと思うのだけれどね。

天使の微笑だわ。

Mlid5oowpvs 

6位eye

なんといってもどや顔。

エロ男爵は色っぽい。。。

B0038294_1512985

B0038294_1554651

なぜか写真不足、募集中。

7位ロクサーヌ

(つづく)

2014年4月22日 (火)

高橋大輔 関大トークイベント

(お借りしました)

悩める高橋大輔 進退結論は急がず「ゆっくり、じっくり考える」

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/04/21/kiji/K20140421008018110.html

高橋大輔 来季休養を表明 進退は「離れたとこから考えたい」

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/04/21/kiji/K20140421008018490.html

高橋大輔 今欲しいものは「パートナー。もう何年もいない」

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/04/21/kiji/K20140421008018390.html

進退は1年後に決める。高橋大輔はリンクに戻ってくるのか!?

その前に「パートナーほしい」。

http://www.joyfull.info/sports/s1005/article0358/

【速報】高橋、町田、織田応援感謝会 開催

http://www.unn-news.com/ku-times/article/201404215155

(お借りしました)

4月22日

グッドモーニングにニュース

http://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20140421_18308.html

2014年4月18日 (金)

一番良いとこは「顔」

フィギュアスケートファン 2014―日本男子総括号 (COSMIC MOOK)

この本にある宮本先生が高橋について書いてあるらしいの。

まだ買ってないけれど。

宮本先生が高橋の一番良いところは顔ですと

語っているらしい、、、2ページにわたっているので読みごたえがあるみたい。

顔かぁ。なるほどね。

2014年4月16日 (水)

アンディ・ウォーホル展

「永遠の15分」について

将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう。―アンディ・ウォーホル

タイトル「永遠の15分」は、「将来、誰でも15分間は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの有名な言葉に由来します。彼の生きた時代は、長い歴史から見れば短い時間だったかもしれませんが、その影響は現在、そして今後も永遠に続いていくと言えるでしょう。

http://www.mori.art.museum/contents/andy_warhol/

http://mori.art.museum/contents/andy_warhol/highlight/index.html

今日森美術館で開催中の「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」

に行っていきました。

多少でもデザイン、広告にたずさわったものなら、

彼の作品は、特別な意味を持っていると思う

広告というか、、、あの80年代の時代そのもの。象徴的な美術、芸術です。

しかし、行ってみて初めて彼の作品のほんの一部しか見てなかったことに

気が付きました。

膨大な、多彩な作品に圧倒され、改めて彼の才能を知りました。

良い時代のアメリカ的な作品ではありますが

今でも色あせない新しさもあり、概念に縛られない自由さ。

面白い。

昔のドキドキ感を思い出しました。

5月6日までです。

興味のある方は見逃さないでください。

(ヒルズの回し者じゃないですが)

↑これ買っちゃった。

荒川さん

おめでとうございます!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000082-spnannex-spo

お体を大事にして、元気な子を産んでください。

それから、戻ってきてくださいね。

お待ちしています。

2014年4月13日 (日)

興味あるもの動画

単なるつぶやき

食事もしたのについポテトチップに手が伸びて、、、

まずい。。。GWには水着になる予定

(怖いわ~)

そうそう、

「アナと雪の女王」も公開と同時に見たなぁ。

だけどあの映画の良さが分からない。

周りの女の子たちは痛く感動していたけれど、、、どこが?

何処が感動のところか聞きたかったなぁ。

私のオバサン的な感覚には合わないと思いました。(汗)

お休みしてる間に世界選手権があって、自分の仕事の状況も変わって

お芝居や映画を見たりで

意外と忙しくしてはいたものの

けれどやはり深刻な高橋大輔欠乏症。

まったくね、彼は素晴らしい。

高橋大輔。

芸術家でありダンサー。

そして、アスリート。

自分に自信がなくて、自分の素晴らしさにまだまだ気が付いていない。

持って生まれた音感とダンスセンスと感性を持ち、

周りの賞賛にも奢らずにスケート技術を磨く努力もできる。

単なる芸術家のスケーターということならショーでもと思うのだが

彼の滑りはそのアスリート魂によって

試合でこそ彼の真価を見れるに違いない。

今のジャッジの採点方法からして、確かに厳しいとは思うのだけれど

足を治して、自分の滑りが出来たなら、まだまだ世界で戦っていけるはず。

その別格な滑りは、例えるなら

水に放たれた魚、

大空に翼を広げる鳥

の様です。

彼は「氷に選ばれし者」。

彼のいないリンクは支配者不在の王国。

それを直接自分の眼で見ようとは思わない。

2014年4月12日 (土)

誰も知らない高橋大輔

期間限定だそう。

お借りしました。ありがとうございます。

舞台「蒼の乱」感想

実は4月1日に行ってきたんですよ。

感想も前に書いたのだけれど、時間がかかってそしたら消えてしまった。。。

だから今回は簡単にしてしまう。

公演公式サイト

http://www.aonoran.com/

公式ブログ

http://aonoran.jugem.jp/

友人のおかげで9列目中央という絶好のお席。

開演前にいつものロックが響き渡るとドキドキ感が一層増して好きだ。

前公演の「鉈切り丸」ほどの悪い奴は出てこない分、話は複雑に絡み合い

前半の展開はやや退屈。前半の天海祐希は終始女性的な演技(わざとだけれど)

だし、後半になって天海祐希が剣を振りかざし闘う展開は、観客が待ち望んだことでしょう。

登場人物沢山の人々の想いを詰め込み、この話を3時間でまとめ上げるのにはやや無理があるのかとも思うが。。。

さすが素晴らしかった殺陣。

早乙女太一、彼は新感線の為に存在しているようだ。

彼の弟との殺陣がさらに良くて、まあこれを見れるだけでも行って良かったと思わせる。

最後の天海祐希が遙か壮大な草原とどこまでも広がる青い空にひとり、という演出と舞台美術がまた素晴らしかった。

次の公演

http://www.otonanoshinkansen.com/

2014年4月11日 (金)

予告編

見つけた~

Thank you, Japan

こんばんは。

地元のさいたまで開催された世界選手権は、ソチに行けないこともあって

だいぶ前にチケットを購入して楽しみにしていました。

しかし、彼のケガ、そして欠場を受けてチケットを総べて手放しました。

ほんとに残念でした(涙)

けれど、やはり地元開催、、、

それに縁もあってか友人のおかげで女子SPを日本女子から見ることが出来て、

真央ちゃんの素晴らしいSPリベンジ、

あっこちゃんの最後のSPは愛に満ちて、

かなこちゃんの元気な滑り、

これらを見れて良かった。。。

それから、男子フリーも見ることが出来ました。

男子フリーは町田君対羽生君の意地の対決を見たし、

海外の何人かの引退も兼ねた演技も見れました。

そして演技より印象深いのはこの日の席が外国人と海外から来た日本人に囲まれた席で

隣のハビ君を応援しにスペインから来た紳士と仲良しになりまして

私の片言英語と彼の片言日本語でお話出来て、楽しかったということ。

帰りに頬の左右にチュッチュってやってくれて

これはスペインのあいさつだよって(勘違いしないでねってことも含んだ?)

でも、オバサン的には嬉しかったよ~(笑)

個々にはそんな国際的交友もあったり。。。

前の席の3人組の女性たちは、ほんとに何種類あるのだという国旗を持って

すべての選手を応援していましたし、いつもの試合よりスタオベがやたら多かった印象を持ちました。

海外から見ても、この大会のフレンドリー、いや愛に満ちた会場の雰囲気は伝わったみたいですね。

そんな記事のご紹介です。

とても嬉しい記事ですよ。

ツイッターで翻訳してくださっていた

やっちさんにお願いして

ブログに載せることを快諾していただきました。

翻訳は超抜粋、超意訳なので

その旨ご了承くださいとのことです。

(長い英文ですが、、)

でも、これで十分です。

いつもありがとうございます。

Inside Skating:Thank you, Japan

http://www.insideskating.net/2014/04/06/features/thank-you-japan

日本、ありがとう。今回の世界選手権はこれまででも最高のものの一つでした。素晴らしい会場、驚くべき観客と忘れ難い時。

文字通り、いくつかのイベントは死ぬほど素晴らしかった。その差はメダリストの違いだけ。何人かは競技生活に別れを告げた。埼玉スーパーアリーナはその最後の場として完璧だった。スケーターという名の元に、ファンという名の元に、ありがとう、日本

それらは真央のオリンピックだった。女子SP歴代最高スコア、カラフルで幸せ溢れる花と贈り物のシャワー、何千の顔、幸せそうな顔。そしてとりわけ、ミスの無いSPの後には真央の輝く笑顔があった。たとえそれが望んでいたよりも1ヶ月遅くにやってきたゴールデンルーティンだったとしても、

真央のノクターンはフィギュア史の一部として生き続けるだろう。今回のワールドで私にとってとりわけ良かったのが真央の2つのプログラム、そしてエキシビションナンバーの“スマイル”。山あり谷ありのキャリアを歩み今フィギュアっていいなと言う彼女に良く似合う。

あなたが言うフィギュアの良さ。それはあなたの存在のお陰でもあるのですよ、愛する真央。

町田樹。まるで彼はアリーナで一人であるかのように、平和と静けさの中で一世一代のパフォーマンス“エデンの東”を見せた。その2分50秒には輝きと、光、希望が見えた。ありがとう、樹。

2014年4月10日 (木)

織田君の写真記事

織田君いつも楽しい写真をありがとう~。

こんな記事見つけました。

フィギュア選手のおふざけ写真に注目

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20140410-00035667-r25

織田は、村上とツイッター上で会話するなかで、「写真は常に変顔と決めてんねん」とも投稿している<br />
※この画像はサイトのスクリーンショットです

https://twitter.com/nobutaro1001

先日書いた記事でお知らせしましたが、

関西テレビの「誰も知らない高橋大輔」は、フジテレビ地上波かBSフジで放送予定があるそうです。

舞台

今後、見る予定またはお薦めの舞台

noism「カルメン」

http://www.noism.jp/news/2014/03/noism1noism2-2.html

劇的舞踊『カルメン』

Noism1 & Noism2合同公演 劇的舞踊『カルメン』

舞踊 × 演劇から生み出される、愛と死の物語の”物語”

[演出振付]金森穣
[衣裳]Eatable of Many Orders
[家具]近藤正樹
[映像]遠藤龍
[音楽]G.ビゼー〈カルメン〉オーケストラ版&組曲版
[出演]Noism1 & Noism2、奥野晃士(SPAC-静岡県舞台芸術センター)

スタジオライフ公演「トーマの心臓」

http://www.studio-life.com/stage/toma2014/pre/

スタジオライフ公演『トーマの心臓』2014年

彩の国シェイクスピア・シリーズ『ジュリアス・シーザー』

http://saf.or.jp/arthall/stages/detail/1093

TV情報

見たいわぁ、これ。

誰も知らない高橋大輔

http://www.ktv.jp/sp/takahashi/index.html

やっぱり気になりますね。

残念ながら見れないんだけれど、

誰か動画上げてください。。。

*

Get Sports

http://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20140413_17474.html

http://www.tv-asahi.co.jp/getsports/week/index.html

栄光の日本フィギュア 夢の続き

http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/16978_201404131600.html

*

ぼちぼち再開します。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ