動画

お勧め

お勧め2

« お誕生日 | トップページ | SankeiEXPRESS 3月19日 »

2014年3月18日 (火)

気分とつぶやき

このブログは高橋の為に始めたわけじゃないけれど

ほぼ高橋応援ブログとなっているのは周知のこと。

ソチまでと続けてきたけれど、なにか一区切りなのかもしれない。

いや、私の気分次第か。。。。

Godmadfw3po

私のフィギュアスケートの見方はブログを始めたころと何も変わらない。

彼を知って彼の性格の良さも理解し、幸運な出会いと多くの試練に立ち向かって

その度に立ち上がってきたこと。

彼の性格の良さにも確かに惹かれたことは確かだけれど、、、

私は演技が全てだといつも思う。

演技に言い訳など要らないし、性格など何の役にも立たない。

ただ、氷上で魅せるものが全て。

彼の前から言いう「かっこいいか、かっこ悪いか」

Xcvfy1ejrxc

私は結局ジャンプもよくは分からないし、採点方法もそれほど詳しくは分かっていない。

空っぽの頭で演技を見て、感動するか、しないか。。。心に引っかかるかどうか。

自分の感性に頼りたいと常に思う。

それでもやはり高橋大輔は特別なスケーターだと思わざるを得ない。

彼の滑りは心の奥底に深く入り込み、

苦しく、切なく、愛おしく、すべての感情を、、自分でも知らなかったような気持ちを知ることになったりする。

鈴木明子選手が演技後に「生きてる」と思ったというが、

私は彼の演技を見るたびそのような感覚になる。

そのような事は、スケーターの中では彼だけだと思う。

Bgbeiclccai1t_z

彼は、金メダルは取れなくても、伝説として語りつがれるでしょう。

誰がエースか?なぜそんなことを決めなくてはいけないのか、

誰が誰に引き継ぐのか?

彼は彼だし、いや唯一無二。そういうこと。

マスコミのことは信用できないし、彼のインタビューさえ必要ない気もする。

彼は性格はいいけれど、しゃべるよりも演技の方が雄弁だと感じてるし、

彼の演技を見る自分の感性を信じるだけだ。

Tknmzeopmgc

ただ、会場全体が彼と共に静寂し、息を止め、思わず唾を呑むような緊張を味わう試合を

出来るだけ多く見ていきたいと願うばかりです。

*

そろそろこのブログも何かしらの変化を。

« お誕生日 | トップページ | SankeiEXPRESS 3月19日 »

コメント

覚えてらっしゃるでしょうか。
お久しぶりです。naoさんがブログを始められた当初、コメントを差し上げたものです。
お恥ずかしいことに、ここ3年ほど更年期とやらで、家庭でも仕事でも気力体力がめちゃくちゃ弱ってしまって、どうにもつらい時期もありました。でもここ半年前くらいから、だんだん以前の活力にもどりつつあり、こうやってコメントさせていただきました。いつもnaoさんらしい感性で大ちゃんへの思いを綴って下さり、ありがとうございました。そして、とうとうソチも終わってしまいましたね。私にとってはそんな3年間でしたけど、大ちゃんの演技だけが私の救いというか、国内の試合だけは自分の気力すべて使って、全部観戦しましたよ。彼だけが自分を動かしてくれたこと、本当に幸せな時間をもらったこと。感謝しかありません。いま彼が休養しているとわかっていても、相変わらず彼の存在を探し続けてる自分がいます。naoさんのブログにもいつも立ち寄らせて頂きましたしずっと続けて下さって嬉しいです。ソチの演技は素晴らしかったけど、やっぱり想いを断つことができずにいます。彼のいないフィギュアスケートなんて・・・。他の選手にまったく興味がわかないということはないけれど、彼の演技しか惹きつけられないですもん、、しょうがありません。ファンの我儘です。なんか去っていく恋人への未練みたいですね。お恥ずかしいです。でもこれまでの試合観戦の全ての演技は私の一生の宝です。なんだか自分の想いをnaoさんのブログで長々と語ってごめんなさい。夢のようなあっという間の時間でした。またnaoさんの語られる、いろんなお話、楽しみにしています。

chonさん
こんばんは。
お久ぶりです。
もちろん覚えていますよ。
このブログの最初から読んでくださって、コメントを頂いて本当に感謝しています。
続けられたのもchonさんのような方がいてくれたおかげです。
もうお体は大丈夫でしょうか。
彼は選手をやめたわけではないですし、締めくくりを語るのは早いと思います。
まだ宝物の夢ような時間が続くはずです。
ただ、漠然と私が少し変わりたいと思っただけなんです。
いろんな話、、、読んでいただけるなら頑張ります。

naoさん、こんばんは

そう、最後はただ、演技なんですね。インタビューさえ必要ない、と言う言葉は、響きました。高橋選手自身から、自ら望んで発しているメッセージすら、演技を見るときに必要か、というと、そうではないかもしれない。ファンだから、喜んでどんな情報の切れ端も楽しみますけれど、それは時に諸刃の刃というか、彼の演技を味わうには、邪魔になることがあります。情報が多すぎて真っ白になれなかったり、演技を見る受け手側としての、とるべき距離感を間違ったり。

空っぽにして演技を見られるのは、素晴らしいです。いろいろ舞台でのパフォーマンスアートを見て積んできた研鑚ゆえかもしれませんし、もともとの才能かもしれません。

今季のアップダウンの激しさ、めざしてきた一番大切な試合で、欲しかった結果を得させてあげられなかった悔しさ、そのあとの空白に、鬱になりそうな自分を持て余していました。それも、必要以上の勝負へのこだわりの結果だったのかもしれません。選手本人のこだわりならともかく・・。真っ白になれてなかったなあ。とてもいい時に、この記事を読ませていただきました。

もういちど、空っぽになって、彼自身のスケート、今生きている、と思える演技を、ゆっくり見返していこうと思います。

ブログ、変化があるのなら、それもまた楽しみです。どんな形でも、夢の時間を、これからも共有してください。どうぞ急がず、ゆったりと。


naoさん こんばんは。

1ヶ月たっても、気持ちはあちこちへ飛び、メディアに気持ちを翻弄され、
扱いの良い番組に自分の気持ちを持ち上げてもらい、、、
情けないことです。

naoさんの言われるとおり、私もまた「自分の感性を頼りたい」と思い、大ちゃんの演技を繰り返し見ています。
その折、漠然と思っていたことを、またもnaoさんが言い当ててくれました。

>ただ、会場全体が彼と共に静寂し、息を止め、思わず唾を呑むような緊張を味わう試合
そう、生観戦はほんの2年間ですが、「生きてる」実感のある濃い日々でした。
もちろん、ショーでの演技を見せてもらうことによっても、この人生の楽しみが継続するのは確かなのですが。
できるものなら、もう一度、彼の心の内を推し量ることなく、ただ、キラキラした美しい滑りと演技を堪能したい。
長年、観戦を続けてこられた方々が本当にうらやましい、今日この頃です。

naoさんの大輔愛の言葉にいつも、大きくうなづいています。なぜ、ここまで惹かれて来たのか分かったような気がします。演技一つ一つに魂が縫い込まれている。人は本物にしか共感しないものと私は信じています。他のスケーターもそれぞれ魅力はありますが
この人以外には”魂を持っていかれません”これが全てだと思います。<インタビューは要らない>同感です。彼はなぜあんなに素直なんでしょう。そしてインタビュアーの意図につい乗せられて弱気な胸の内を吐露させようとする。ここが我々ファンをいつもヤキモキさせられる由縁です。もっと、自信もって「俺様が一番だ~」って言ってもらいたいですね!これは年末に対談した熊川さんに激励されてましたからね。今後の行方も自信を持って歩んでゆけば、必ず”曲がりくねった道”が真っ直ぐにつながるはずですから・・・♪今後も楽しい大輔愛のブログ続けてください。

naoさん こんばんは。
なんだか気の抜けた日々を送っています。
ソチロスってこういう感じなのかなあ。
そんな中で、naoさんのブログは清涼剤っ感じ。

>空っぽの頭で演技を見て、感動するか、しないか。。。心に引っかかるかどうか。
っていうnaoさん、izayukamさん同様、さすがだなあと思います。
でもそんなnaoさんも私のように鈍感なやつも同じように感動させる高橋大輔ってのはほんとにすごい奴だ!と今さらなが思います。

仕事が忙しいこともあり、大ちゃん(の動画)なしの生活・・・
そんな中で、久々にアスリートの魂で大ちゃんを見ました!
ローリーとの練習風景の大ちゃんの滑りがあまりにも素敵で、涙流しながら見てしまいました。

striataさんの言われるように、「キラキラした美しい滑りと演技を堪能したい。」と心の底から思います。

izayukamさん
いつも心に沁み込みコメントをありがとうございます。
どんな変化か、、、
実はまだ私にもわかっていませんが、
まあ、心のままに。。。
興味のあることを綴ろうかと思い始めました。
どうぞよろしくお願いします。

striataさん
コメントをありがとうございます。

>彼の心の内を推し量ることなく、ただ、キラキラした美しい滑りと演技を堪能したい。
そうなんだけれど、私はそうしたい。
けれどそれは意外に難しいことなのかもね。

ひまわり姫さん
いつもありがとうございます。

けれど、あの自信のなさこそが彼の演技が私たちの心を揺さぶる所以なのかも
しれないと思うと、俺様になってしまっても困るのかもしれませんが。。。
もっと自信を持ってもいいとは思いますよねぇ。
高橋愛のブログ、、、かどうか分かりませんが、
気の向くままに。。。

tamaさん
こんばんは。
私も気の抜けた日々。つまらないわ~ぁ。
まったくもって、つまらない。
彼はきっと帰ってくれるでしょう、けれど待つのはなんと長く感じること。
彼の変わりは、何にも出来ないけれど
私は私の中で彼の位置を少し変えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/59305759

この記事へのトラックバック一覧です: 気分とつぶやき:

« お誕生日 | トップページ | SankeiEXPRESS 3月19日 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ