« 本と動画 | トップページ | ニック氏の衣装チェック »

2014年3月 8日 (土)

ご紹介ブログ

ブログがブログを紹介するのもなんですが、

美しき文章、、、私は書けないなぁ。

ミステリアスパロット(福山氏ブログ)

http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/index.html#entry-93225461

« 本と動画 | トップページ | ニック氏の衣装チェック »

コメント

ブログ読みました。
私がこの2つの番組を見て何故後味が悪かったのか
彼女が的確に書いて下さいました。

ファンだとどうしてもバイアスの見方、時には冷静さを失うこともあり、
なかなか第三者に理解してもらえないことがありますが、この文章は
誰が読んでもよく分かります。

こんばんは、美しい文章、はい、本当に。

この方の言葉、ものを見通す目の凄さ、対象のエッセンスを汲み取る洞察は、内側にある引き出しの深さが垣間見えて、ぞくぞくします。「収奪」、のところにもあるような切り口にいつも、自分の似たような俗っぽさを指摘されたようで恥じ入ってしまうのですが、同時に心にふれたあれこれを、とても尊重して大切に綴ってくれる言葉に、満たされます。高橋選手のソチの演技についての文章も、いまだに泣きべそ全開になりそうな自分を引き上げてくれるので、ときどき覗きにいきます。


(文章・・私はnaoさんが綴る、愛情があるけど対象と馴れ合わない、ふとどこかから新しい風がフワっと吹き込んでくるような文章もとっても好きです。)

例の「質問」が批判されているTV番組にも触れてくれていたのですね。。白状すると、途中までで見られなくなって自分で中断してしまい、まだ終わりまで見ていません。・・どころか、やっと数日前、ソチの二つの演技を始めて映像で見たのでした。。。(ニワトリ)

エントリー違いですが、CBC放送ソチ演技のリンク、感謝します!

naoさん、こんばんは。
ソチ五輪が終わって、いろいろな思いが頭をよぎり、久々にコメントします。

高橋選手がソチ入りして、たまたま最初の公式練習を見ていた海外の記者さん?のTwitterを見て、右膝の状態がこちらが想像していた以上に悪く、満足がいく練習ができていなかったことはわかり、これはこちらも覚悟して本番を迎えなければいけないなとは思っていました。
それでもご本人は、例の作曲家問題も笑い飛ばし、穏やかにメディアに対応して、おそらく心中は思うように動かない身体に対する憤り、焦り、不安、それによって更に増す緊張感と闘ってドロドロだったことでしょう。
そういう状況の中で、FSのビートルズ・メドレーのあの透明感、会場を優しさで包むような演技は、諦観でも達観でもない何だったのだろうと思っていました。福山さんのような芸術家が絶賛するアスリートの枠を超えた選手なのだと再認識した次第です。

恐らくご本人はずっとギリギリのところで闘っていて、身体も心も疲弊しきっていることでしょう。どうかゆっくり休んで、どんな形でもまた元気に氷上に戻ってきてほしいと願います。

リアル×ワールドというドキュメンタリーですが、これがソチのフィギュアスケート日本男子の総括なら、こういうまとめ方になってしまうのかとも思いますが、この番組は高橋選手にフォーカスしたものですから、この密着取材は彼の何を見ていたのか?やはり残念に思います。
私は個人的に日本のエースが誰かということには興味がなく、日本のエースといわれる人はいつの時代にもそういう立場の人がいるわけで、私が高橋選手にずっと期待していたのは、世界中の人が驚いて感動する演技をして、未来永劫語り継がれる選手になってほしい、スポーツと芸術の融合であるこの競技で、人の心を捉えるという部分で語り継がれる初めての日本人選手になってほしいというものでした。

ですからソチ五輪のEXに、6位という順位でも招待されて、しかも1部のトリという言わば破格の扱いには胸が熱くなりました。これは高橋選手が実績あるベテラン選手ということだけではなく、彼がこれまで見せてきた数々の名演技、名プログラムへの賞賛、若い選手は彼のステップを真似し、彼のプログラムを振りつけた振付師に依頼が増えたりした、世界のフィギュアスケート界に与えた影響力、そういったもの全てに対する評価、尊敬の念の表れだったと思います。

番組の中で、男子フィギュアの人気を高めた功労者という描写はありましたが、世界でこういう評価を得るに至った、特にソチを目指して理想のフィギュアスケートを追求していったここ3年の挑戦、歩みが殆ど語られていなかったとこが残念でした。高橋選手一人をフォーカスしたドキュメンタリーなら、今回の五輪の結果だけでなく、どういうスケーターなのかという部分をもっと表現してほしかったと思います。

kkさん
こんばんは。
そうなんですよね、彼女の文章は美しくて
説得力もありますからね。
尊敬です。

izayukamさん
こんばんは。
いつも izayukamさんにはお世話になってありがとうございます。
izayukamさんの文章力こそ素晴らしい。
彼はすべての人を詩人にさせるのではと思っていますが
あなたもですよ。

質問は今でもあの場に相応しくないと思っていますけどね。

erdbeereさん
いつもコメントありがとうございます。
erdbeereさんのおっしゃることに頷くことしかできません。
まったくその通り。同感です。
彼には金メダルもあげたかったけれど、しかし彼は伝説となり語りつがれる存在の方です。彼はメダルを獲ることで応援してくれた方々に恩返しのつもりだったのかもしれませんが、私たちは彼が滑ってくれることだけで幸せな想いですよね。
私もエースなどどうでもいいのですが、
それでもあの質問は残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/59259977

この記事へのトラックバック一覧です: ご紹介ブログ:

« 本と動画 | トップページ | ニック氏の衣装チェック »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ