« 映画「ホビット」 | トップページ | 気分転換に »

2014年3月 1日 (土)

更新(追加)

それでも前を向くためにfacebook

https://www.facebook.com/beSOUL2

(すいません、2が抜けてました。。。)

http://www.charity-kobe.jp/

高橋大輔 メッセージ更新(関西大学)

http://w3.kansai-u.ac.jp/sports/message/takahashi/

★横浜公演2014 ゲスト出演 第一弾発表!

ISU 世界フィギュアスケート選手権大会2014 2014/3/26[WED]-3/30[SUN]

« 映画「ホビット」 | トップページ | 気分転換に »

コメント

こんにちは。
ご無沙汰してます。
何ともほっこり出来る高橋選手の写真をありがとうございます。
とても悔しくて寂しい思いをしているのかな・・・・と私なりに案じていたので。
こんな写真を見れて単純ですが、嬉しいです。

私の息子も以前事故で膝を骨挫傷したことがあり、その時は、レントゲンでは骨が折れたりヒビが入っているのは解らなくて、でも膝が腫れて激痛があり、注射で水を抜くとその中に血液が混ざっていて、骨そのものが損傷していることがわかり、MRIをとり、3か月間松葉づえでした。最初の2か月は全く足をついてはいけなくて、残り1か月は少しづつ足に体重をかけていって、最後の2週間は、片松葉づえでした。
だから、高橋選手も多分練習は出来ていないのではと思ってました。
一流アスリートは、いつも疲労骨折や怪我と紙一重のぎりぎりの所まで自分を追い込み、厳しい練習をしています。

今シーズンは、4回転の調子があまり良くなくて、何となく違和感や痛みがあるにもかかわらず、練習をついやりすぎてしまったのでしょうね。
別に気持ちが入らなかった訳ではなく、一生懸命やっているのに4回転が上手くいかないので、落ち込みがあっただけのことで、そんな中彼は、本当に強い気持ちを持ってやれるだけの精一杯の努力をやり遂げプレッシャーに打ち勝ったと思います。
世界選手権がすぐなので、負けず嫌いの彼はまた無理をしてしまうのでしょうか・・・まだ心配です。
何事も自分の捉え方次第と、何か意味のある事と高橋選手は言いますが、息子が怪我した時、何故今なの!部活があと2か月で引退だから、それからでもいいじゃないかと、大会に出れない事に私は泣きました。息子も家族の前では泣きませんでしたが、相当泣いたと思います。未だにあの経験は悲しみのままですが、息子も昨年高校に入学し、今は精一杯部活に励んでいます
昨年の4月部活を始めるやいなや、やはり筋力が弱っていた膝を部活中に痛め、腫れて水がたまりました。またかと、愕然としましたが、10日間安静にして、そこから、練習を少しずつ増やしていき、その間も腫れましたが、水を抜くことなく、徐々に激しい練習をしても腫れなくなるまで冷やしたり湿布をしながら、時間をかけて治しました。
通常は、水は抜かないで、治療し、大会等があって、腫れをひかせないと動けない時は、水を抜くそうです。高橋選手もそんな感じだったのかと勝手に想像してます。

世界選手権が終わったら本当にゆっくり休んで、その時なら静かな環境の中で、じっくり先の事が考えられると思います。
でも、私の本音を言えば、一から体を作り直して、歓声と拍手とスポットライトの中に、尚一層のオーラをまとって氷上に帰ってきてほしいです。
彼は、それが一番似合う人だから。
そして、何事もやはり良い経験でしたと、また、自信を持って心から言ってほしい。
あの穏やかで優しい笑顔で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/59219157

この記事へのトラックバック一覧です: 更新(追加):

« 映画「ホビット」 | トップページ | 気分転換に »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ