動画

お勧め

お勧め2

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月19日 (水)

SankeiEXPRESS 3月19日

ホントは少しお休みしようかと思いましたが、

毎日見ていただける方の為に、

情報を届けたいと思って。

【冷静と情熱のあいだ 髙橋大輔】全て一新 今後のことは焦らず考える (1/5ページ)

から変更

全て一新 「日本人最下位」のほうが悔しい

になってます。

http://www.sankeibiz.jp/express/news/140319/exe1403191659001-n1.htm

2014年3月18日 (火)

気分とつぶやき

このブログは高橋の為に始めたわけじゃないけれど

ほぼ高橋応援ブログとなっているのは周知のこと。

ソチまでと続けてきたけれど、なにか一区切りなのかもしれない。

いや、私の気分次第か。。。。

Godmadfw3po

私のフィギュアスケートの見方はブログを始めたころと何も変わらない。

彼を知って彼の性格の良さも理解し、幸運な出会いと多くの試練に立ち向かって

その度に立ち上がってきたこと。

彼の性格の良さにも確かに惹かれたことは確かだけれど、、、

私は演技が全てだといつも思う。

演技に言い訳など要らないし、性格など何の役にも立たない。

ただ、氷上で魅せるものが全て。

彼の前から言いう「かっこいいか、かっこ悪いか」

Xcvfy1ejrxc

私は結局ジャンプもよくは分からないし、採点方法もそれほど詳しくは分かっていない。

空っぽの頭で演技を見て、感動するか、しないか。。。心に引っかかるかどうか。

自分の感性に頼りたいと常に思う。

それでもやはり高橋大輔は特別なスケーターだと思わざるを得ない。

彼の滑りは心の奥底に深く入り込み、

苦しく、切なく、愛おしく、すべての感情を、、自分でも知らなかったような気持ちを知ることになったりする。

鈴木明子選手が演技後に「生きてる」と思ったというが、

私は彼の演技を見るたびそのような感覚になる。

そのような事は、スケーターの中では彼だけだと思う。

Bgbeiclccai1t_z

彼は、金メダルは取れなくても、伝説として語りつがれるでしょう。

誰がエースか?なぜそんなことを決めなくてはいけないのか、

誰が誰に引き継ぐのか?

彼は彼だし、いや唯一無二。そういうこと。

マスコミのことは信用できないし、彼のインタビューさえ必要ない気もする。

彼は性格はいいけれど、しゃべるよりも演技の方が雄弁だと感じてるし、

彼の演技を見る自分の感性を信じるだけだ。

Tknmzeopmgc

ただ、会場全体が彼と共に静寂し、息を止め、思わず唾を呑むような緊張を味わう試合を

出来るだけ多く見ていきたいと願うばかりです。

*

そろそろこのブログも何かしらの変化を。

2014年3月16日 (日)

お誕生日




28才のお誕生日おめでとうございます。
優しい微笑みに、癒やされる。

いつも感動をありがとうございます。

ついでに、黒執事風
ちょっと似なかったですが。


2014年3月15日 (土)

織田くん

お借りしました。

続きを読む "織田くん" »

2014年3月14日 (金)

メッセージ更新

メッセージ更新

http://w3.kansai-u.ac.jp/sports/message/takahashi/

~掲載紙情報~
3月19日(水)発売の「SANKEI EXPRESS」にコラム記事掲載予定。

このブログのサイドバーの順番がごちゃごちゃになり、直りません。。。

おかしな並びに残念な感じがあります。

桃太郎

これカッコいい!  

2014年3月12日 (水)

チャリティーに!

出演者(予定) 髙橋大輔(けがの為、演技はいたしません)
田村岳斗、織田信成、宮原知子、本田太一、本田真凛、木原万莉子、山隈太一郎、
友野一希、坂本花織、三原舞依、上野沙耶、細田采花 他

そうですよね、そんな気がしました。

駆け付けるはずですよね、彼はそんな方です。

行かれる皆様、高橋見れますね~良かったですね。

羨ましいです、生高橋。

よろしくお伝えください。。。

出演者の集合写真 @Yuriko Imanaga

世界フィギュア選手権2014 inさいたま

http://www.fujitv.co.jp/sports/figure/world2014/index.html

地元開催のこの大会には出られなくなり、本当に残念。

でも、復活お待ちしています。

見ませんが、会場には行きます。

ひとりで寂しい方は声かけてくださいねぇ。

*

「アスリートの魂」

http://www.nhk.or.jp/tamashii/file/099.html

BS1

3月15日(土)【14日深夜】午前0時00分

2014年3月10日 (月)

ニック氏の衣装チェック

この本、気になります。。。

フィギュアスケート フォトコレクション Rhapsody 2004-2014 (晋遊舎ムック)

海外のいつもの、、、ニック氏がフィギュアスケーターの衣装を批評しています。

またizayukamさんのご協力で翻訳していただきました。

ニック・ベロアス氏による衣裳チェック、ソチ五輪男子シングル編より

 

http://nickverrreos.blogspot.com/2014/02/ice-style-sochi-2014-olympics-figure.html#more

 

 

Photo_2

Daisuke Takahashi of Japan, Free Skate to Yesterday by John Lennon, Paul McCartney, Come Together by John Lennon, Paul McCartney, Friends and Lovers by George Martin, In My Life by by John Lennon, Paul McCartney, Presto (The Long and Winding Road) by John Lennon, Paul McCartney: This costume above is simply stunning; one of the loveliest ones at the Olympics. Daisuke wears a violet colored draped chiffon top with beautiful crystal work that radiates from one shoulders and then spreads throughout. I especially love the "peek-a-boo" under-top that is heavily silver sequined at the shoulder, exposing some fabulousness.
Costume Score: 9.5/10

 

高橋大輔(日本) イェスタデイ – ジョン・レノン+ポール・マッカートニー、カム・トゥゲザー – レノン+マッカートニー、フレンズ・アンド・ラバーズ – ジョージ・マーティン、イン・マイ・ライフ – レノン+マッカートニー、プレスト(ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード) - レノン+マッカートニーによるフリースケーティング:

上の衣裳はとにかくもう、絶品。このオリンピックでの最高に素晴らしい衣裳のひとつ。ダイスケは紫のひだのあるシフォン生地のトップに片方の肩から全体に広がる美しいクリスタル細工をちりばめたもの。私が特に気に入ってるのは、びっしりとシルバースパンコールがきらめくトップ下が肩から、ちらりとその壮麗さをのぞかせているところだ。 衣裳スコア:10点満点中9.5点 (訳注)男子見渡すかぎりでは、最高点ですね。次点がテン君の9点。評価が、前の白いのと比べて、相当にアップしました。今季2013年NHK杯での評は下のとおり。記事には何故か、大輔ファンで埋まってる観客席の写真つきです。やはり特殊な現象・・・でしょうね。

http://nickverrreos.blogspot.com/2013/11/ice-style2013-nhk-trophy-costumes-recap_11.html

2_2

3_2

日本とロシアの衣裳ハイライト:男子フィギュアスケーター高橋大輔(日本=上) とアイスダンスのエレーナ・イリイヌィフ+二キータ・カツァラポフ組(ロシア=下)

Daisuke Takahashi Japan, Short Program: Japan Figure Skating SUPERSTAR Daisuke Takahashi skated his SP to Sonatino for Violin by Mamoru Samuragochi in this very elegant yet dark costume. I really liked this look for him. It was all black and featured a tight fitting top with long sleeves and asymmetrical hem with leather-like panels and a crystal center front.

高橋大輔(日本)ショートプログラム:日本フィギュアスケート界のスーパースター、高橋大輔がバイオリンのためのソナチネ -佐村河内守作曲(訳注:クレジットは発表当時のまま)にのせたショートプログラムで身につけたのは、とてもエレガントで、けれども暗いトーンのこの衣裳。彼にはこの外観、すごくよくて気に入っている。全身黒で、ぴったりとしたトップに長袖、左右対称をくずした裾に皮革風の方形生地をはめ込んで前中央にクリスタル。

5

Free Skate: For his FS to Medley of Music by The Beatles, he wore this draped jersey cowl-neck top with black stretch velvet pants. While I love the top and it's draping, I have to say that if I was a costume designer and I knew that I would be designing a costume to go with a "Beatles Medley", I am not sure I would have created this ethereal look. It screams "Nijinski" more than The Beatles. But when you see the skate and hear that the Beatles medley was done in classical music style, it does kind of work. Kind of.

フリープログラム:ビートルズメドレーの音楽を滑る彼のフリーでは、僧帽風ドレープのネックラインのジャージ生地のトップに黒い伸縮性ベルベットのパンツ。このトップとそのドレープは好きだけれど、自分が衣裳デザイナーで、「ビートルズメドレー」にあわせてつくるなら、こういうこの世ならぬ雰囲気の衣裳を作ったかは疑問、と言わざるを得ない。これはどう見たってビートルズというよりは「ニジンスキー」だ。けれどもそのスケートを見て、クラシック音楽風のビートルズメドレーを聞いてみると、一応まあ、なんとなくそうなのかな、と思う。一応ね。

(またまた訳注)ところが同じニックさんが、同じNHK 杯バージョンのこの衣裳について今季グランプリシリーズ総括で語ったところは、また少し違う。

 

http://nickverrreos.blogspot.com/2013/12/ice-stylebest-costumes-of-isu-of-figure_20.html

5

Daisuke Takahashi Japan, Free Skate: For his Free Skate to Medley of Music by The Beatles, he wore this draped jersey cowl-neck top with black stretch velvet pants, similar in silhouette and style to Joshua Farris' costume. It's nice to see male figure skaters take on a more "softer"/feminine approach to their costumes. If this is a Male Figure Skating Costume Trend, I'm all for it!

高橋大輔(日本)フリープログラム:ビートルズメドレーの音楽を滑る彼のフリーでは、僧帽風ドレープのネックラインのジャージ生地のトップに黒い伸縮性ベルベットのパンツ。ジョシュア・ファリスとシルエットは似ている。男子フィギュアスケーターが衣裳により「柔らか」で女性的なアプローチを試みてるところはいい感じ。これが男子フィギュアスケーターの衣裳の今のトレンドだとしたら、目一杯応援するよ!

***********************************

そして、こちらはicenetworkに掲載の衣装チェックです。

 

http://www.icenetwork.com/news/2014/03/03/68630234/the-inside-edge-olympics-best-dressed-list

Among the men, Daisuke Takahashi won the Drew Meekins Award for "Best Use of Purple" by a man. The tunic cut of both his costumes was very flattering for him, and the deep violet shirt he wore for the free skate, with the bright crystal detail peeping out at the shoulder, was a huge improvement over the white shirt he wore earlier.

男子では、高橋大輔がドゥルー・ミーキンス賞(訳注:この連名記者二人うちの一人の名)、男性による「ベスト紫色使用」部門を受賞した。チュニック風カットの衣裳はどちらもとても彼に映えるし、フリーで身につけた、きらめくクリスタルの細かい細工が肩先からのぞく濃紫のシャツは、それ以前に使用した白いシャツからは格段のレベルアップだ。

2014年3月 8日 (土)

ご紹介ブログ

ブログがブログを紹介するのもなんですが、

美しき文章、、、私は書けないなぁ。

ミステリアスパロット(福山氏ブログ)

http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/index.html#entry-93225461

本と動画

フィギュア高橋大輔、言葉で振り返る波乱のスケート人生

http://www.asahi.com/olympics/sochi2014/gallery/takahashidaisuke/

フィギュア、日本男子

http://www.asahi.com/olympics/sochi2014/gallery/figureskating/

今発売の「婦人公論」のコラムがよいらしいので買ってこようかな。。。

 

ソチ五輪・男子フィギュアスケートの感動をもう一度

世界を魅了した 〝氷上の貴公子〟たち
羽生結弦、町田 樹、髙橋大輔の 輝きを追って

文・宇都宮直子

2014年3月 6日 (木)

休息

「引退」を一時封印

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140305-00000042-tospoweb-spo

どうぞ、しっかり休んでください。

身体と気持ちが一緒になって、次の目標に挑めますように。

その目標が何であっても応援するでしょう、、、

けれど、願わくば氷上の戦いの場に。

王のご帰還を願っています。

2014年3月 5日 (水)

欠場

高橋が世界フィギュア欠場

http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/kyodo-2014030401002084/1.htm

高橋大輔が右膝関節炎で世界選手権欠場「無理をしてでもと悩みましたが…」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000047-dal-spo

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000158-mycomj-life

高橋大輔が欠場

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000120-jij-spo

2014年3月 4日 (火)

お似合い

また、be soul2更新です。

2014年3月 3日 (月)

気分転換に

今日の毎日新聞から癒される記事を見つけました。



Img_29481



読めますか?




高橋選手の部分

更に、言葉はなくとも雄弁に心を表現することをあらためて感じさせてくれたのが、男子フィギュアの高橋大輔選手だ。今ここにいる喜び、生きていることの素晴らしさ、感謝の思い、それらすべてが高橋選手の体の隅々から伝わってきて思わず引き込まれた。
オリンピックはスポーツの勝敗を越えた人生の象徴なのだろう。

2014年3月 1日 (土)

更新(追加)

それでも前を向くためにfacebook

https://www.facebook.com/beSOUL2

(すいません、2が抜けてました。。。)

http://www.charity-kobe.jp/

高橋大輔 メッセージ更新(関西大学)

http://w3.kansai-u.ac.jp/sports/message/takahashi/

★横浜公演2014 ゲスト出演 第一弾発表!

ISU 世界フィギュアスケート選手権大会2014 2014/3/26[WED]-3/30[SUN]

映画「ホビット」

http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitdesolationofsmaug/

昨日見てきました。

久々に見たこの世界観はやっぱりよいですね。

原作が持つダークな感覚、醜さと美しさ、

相反するものが程よく溶け込み、ゾクゾクとした心の震えも

心地がよい。

オーランドブルームのレゴラスは心配したけれども

以前の美しさも再現されていて嬉しかった。

これかから2回目行ってきます。

だって今日は映画の日。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ