動画

お勧め

お勧め2

« もうすぐソチ | トップページ | 勝手に応援企画2 »

2014年2月 4日 (火)

勝手に応援企画

今はどこにいるのでしょうか。

情報によると、モスクワで調整して9日にソチに入る予定らしい。

団体戦の応援席には間に合うのだろうか。。。

さて、この企画は高橋大輔氏の素晴らしさを語っているものを集めようというものです。

沢山ありますが、まずはこんな感じのものを。。。。

友人から教えて頂きました。ありがとうございます。

東京操体フォーラム実行委員ブログ

から

全日本フィギュアスケート選手権「男子ショート」

原点回帰

これは、ちょっと古いのだけれど、褒め方が凄いから。

翻訳はizayukamさん

ワールド・フィギュア・スケーティングの記事より

http://fskating.com/2012/05/daisuke-takahashi-the-way-of-art.html

– The Way of Art 高橋大輔ーー アートの道 

MAY 08, 2012 By Vladislav Luchianov By ヴラディスラフ・ルチアノフ

This unique skater has thousands of articles written about him. It is difficult to say whether my another Japanese essay will be worthy of your attention but I hope my thoughts will be interesting to you. Also, I do not think it makes sense to enumerate here all the titles and victories of this famous figure skater, as most fans of figure skating very well knows them. But for formality I will list the most important of his achievements.

この個性的なスケーターについては今までにすでに何千という記事が書かれてきた。私のこのもう一つの日本エッセイがあなた方が目を留めるにふさわしいと言えるかどうかは難しいところだが、私の考えたことを面白いと思ってくださることを願っている。 また、この有名フィギュアスケーターの獲得タイトルや勝利の数々を並べ挙げるのは、ほとんどのフィギュアスケートファンなら良く知っていることなので、意味がないとも思う。しかし形式的に必要な手続として、彼の最も重要な業績をリストアップしておくことにする。

Daisuke Takahashi is the 2010 Olympic bronze medalist, the 2010 World Champion, a two-time (2007, 2012) World silver medalist, a two-time (2008, 2011) Four Continents Champion, and a five-time (2006-2008, 2010, 2012) Japanese national champion.

高橋大輔は2010年オリンピックの銅メダリスト、2010年世界チャンピオン。2度の世界選手権銀メダリスト(2007年、2012年)、2度の四大陸選手権チャンピオン(2008年、2011年)、全日本タイトルを通算5回獲得(2006-08年、2010年、2011年)

He represented Japan at the 2006 Winter Olympics and at the 2010 Winter Olympics. His bronze medal at the 2010 Winter Olympics was the first Olympic medal for Japan in the men’s singles event.

2006年および2010年冬季五輪日本代表。彼の2010年の銅メダルは日本男子シングル選手史上初。

Season 2011/12. At 2011 Skate Canada, Daisuke earned a score of 84.66 in the short program and 153.21 in the free skate to win the bronze medal with a combined score of 237.87. At the 2011 NHK Trophy, he earned a new personal best score of 90.43 to take the lead in the short program, with a 10.66 point lead over teammate Takahiko Kozuka. He won the gold medal with a combined total of 259.75 points and qualified for the Grand Prix Final. He finished second at the Final. At the Japanese Championships, Takahashi was first after the short program with a score of 96.05 and placed third in the free skate, scoring 158.38 points. With a total score of 254.60, he won his fifth national title, finishing ahead of Takahiko Kozuka and Yuzuru Hanyu, and was selected to compete at the 2012 World Championships, where he won the silver medal. Daisuke Takahashi finished the season at the 2012 World Team Trophy setting new personal best scores in the SP (94 points), free skating (182.72 points), and overall (276.72 points), and finished first in the men’s event. His short program score set a new record in men’s single skating.

2011-12年シーズ成績:2011年スケートアメリカではショート84.66点、フリー153.21点、合計237.87点で銅メダル獲得。同NHK杯で、ショートで新自己ベストのスコア、90.43点で2位のチームメイト小塚崇彦選手を10.66点上回って一位通過、最終合計得点259.75点で大会を制し、グランプリファイナル出場を果たす。ファイナルでは2位。全日本選手権では高橋は96.05点のスコアでショートプログラム一位。フリーでのスコアは3位の158.38点、合計254.60点で小塚崇彦、羽生結弦を押さえて5度目の全日本のタイトルを獲得し、また2012年世界選手権代表に選ばれた。世界選手権では銀メダルに輝く。シーズンの締めくくりに、高橋大輔は2012年世界国別対抗戦で新自己ベストをショート94点、フリー182.72点、合計点276.72点とすべて更新し、男子シングル一位。ショート得点は世界記録を更新した。

I often ask myself how some skaters attract just fantastic attention of fans around the world. Why do we want to watch again and again performances of some skaters? Why during the performance of some skaters we are completely forgetting about everything and just enjoying programs? I have not found an answer. I only have a few suppositions.

私はよく、世界中のファンの熱烈な注目を集中して浴びるスケーターがいるのは、どういうことなのか、と自問する。何故私達は、特定のスケーターの演技を、何度も何度も繰返し見たくなるのだろうか?どうしてあるスケーターの演技中は他のことは全部どうでもよくて演技に没頭するのだろう? 答えはみつかっていない。ただいくつかの推測があるだけだ。

The career of Daisuke Takahashi can be described just in one word. Yes, do not be surprised. I think some fans now have angry questions such as: “In one word?! He won so much, he has many great performances, hundreds of thousands of fans and you want it all summed up in one word?!!” And I understand these people. They are absolutely right asking such questions!

高橋大輔のスケート人生はただ一言で表すことができる。そう、驚かないでいただきたい。多分ファンの中には怒ってこんな質問をする方もいるだろう。「一言で?!高橋選手は何度も優勝を重ねて、たくさんの素晴らしい演技を残し、何十万とファンがいるのに、それを一言でまとめたいわけ?!!」言い分はよくわかる。その質問は全くもって当然だ!

But the thing is that one word is Japanese. Those who know even a little Japanese culture understand the course of my thoughts. Japanese characters are very different from many other phonetic and lexical structures of different languages. Each of them has a deep meaning. This is not just a sound or word in the traditional Western understanding of these things. This is the deepest meaning, which is an integral part of each Japanese character. In ancient times in Japan there was even an art form of writing hieroglyphics. People spent days, months or more just to achieve excellence in their writing.

しかしその言葉というのは実は日本語だ。日本の文化をほんのわずかでも知る人なら、私のたどった考えを理解してくれるだろう。日本語の文字は他の多くの言語の文字使用と比べて、音声学的、語彙的な意味で構造が大変に異なっている。個々の文字に深い意味あいがあるのだ。これは西洋の伝統的なそういったものの理解のし方における、単なる音や言葉といったものではないのだ。これは日本の文字の不可欠な要素である、その最も深い意味のことを言っている。いにしえの日の日本では象形文字を書くというアート形式があったほどだ。文字を書くということの至高の作品を生み出すために何日、何ヶ月、それ以上を費やしたりしたのだ。

As you can see, at the top of this paragraph I presented the character, which, in my opinion, is very suitable for the description of all art work (his skating is really can be considered as an art form) of Daisuke Takahashi. This character can be translated as the Way, in the deepest sense of this word.

見ておわかりのように、この段落の上に書いてあるのがそれだ。これが、私の見るところ、高橋大輔の全ての芸術作品(かれのスケート演技は実に芸術の一形式と考えられる)を語るのにとてもふさわしい言葉だ。この文字はその言葉の最も深い意味において、“the Way”(日本語に訳し戻すと、あり方、道程、方法)と訳すことができる。

Life can’t look like always direct and straight line and you can see it if you carefully look at the left side of that Japanese hieroglyph. Even more clearly you can see it if you remember your personal experiences. The way in figure skating was not always straight for Daisuke too. There were moments of glorious ups and painful downs. But even the failures are the part of the Way and without them it’s impossible to imagine Daisuke’s bronze medal at the 2010 Vancouver Olympics with which he entered into the history of his country.

人生は、決していつも直接的、直線ラインの行程として見渡せるわけではない。それは上の「道」の文字の左側の象形部分を注意深く見てみればわかるだろう。だれもが自分自身の経験を思い出せば、さらにはっきり理解できることだ。大輔にとっても、彼のフィギュアスケートの道のりはいつも真っ直ぐなものではなかった。栄光ある頂きに達する時、痛みにみちた谷をたどる時を幾多も越えてきた。しかし、失敗、失意ですらその「道」の一部であり、それなしでは大輔が、それによって彼自身が自国の歴史の一部となったあの2010年バンクーバー五輪の銅メダルを想像することはできない。

Victories and defeats form a single whole, adding experience in life and in sports and build the character of a person. After that the skater achieves greater harmony in performances.

勝利と敗北は一つの完結した全体を形作り、人生において、競技においての経験を重ねていくことで人間としての自己を建て上げていく。そうしてのち、スケーターはその演技にあらわれる、より高いレベルの調和に到達する。

Performances of Daisuke can not be divided on just footwork, handwork, body movements, etc. Yes, technically it’s possible, but to understand all the beauty of his performances you have to perceive all the details in full. No, do not TRY to do it! It’s useless. You just have to watch and FEEL it. Feelings will come by itself and you are unlikely will not be able to accurately describe them. These incredible feelings are the result of Daisuke’s movement on his Way.

大輔の演技はフットワーク、手の振り、体の動き、等々と別々に分けることができるものではない。そう、厳密にいって技術的には可能だが、彼の演技の真髄を残らず理解するためには隅々までの全ての要素を全体としてとらえなければならない。いや、よした方がいい、そんなこと!試しにやってみようとするだけでも。無駄なことだ。ただ、見て、そして感じる、それだけだ。感覚はそれ自体でやってくるもので、多分それを正確に言葉であらわすことなんてとても無理だ。受け手のこの言葉に尽くせない感覚は、大輔が自分の「道」にのっとってやっていることから来るものだ。

He never deviates from his own unique way. Even for the sake of the ever-changing requirements and trends in figure skating. He accepts them, but as a master he harmoniously integrates the necessary changes to programs and continues to conquer audiences around the world. No one knows exactly what kind of Way it is. You can’t know or understand it by your mind; you can only feel it by your heart and soul.

彼は決して自分自身のユニークな行き方を踏み外すことがない。フィギュアスケートのめまぐるしく変るルールや傾向に対応していくことにおいてもさえも。彼はそれを受け入れる。しかし達人はその必須の変更を調和をもってプログラムに溶け込ませ、世界中の観客をなおも征服しつづけるのだ。それが具体的にどういう「道」であるか、それを完全に理解するものはいない。理知的なマインドで知る、とか理解するとかできるものではない。心と魂で触れ、感じ取ることしかできないものだ。

When Daisuke is on the ice, he is both focused and relaxed; concentrated on the main and at the same time draws attention to the details; immersed in what is happening, but not divorced from reality. It is a condition which described by the Eastern (Oriental) philosophers, when they say that man is on his Way without deviating from it. The Way when person is not only in harmony with himself, but when he passes this extraordinary feeling to the people around. This is the only Way to reach a full potential of a person. That’s what Daisuke creates on the ice.

氷上にいるとき、大輔は集中し、かつリラックスしている。中心の柱となることがらに焦点をあわせながらも、細部にも注意を促している。演技で起こっていることに没頭しながらも、現実世界から離縁してしまうことはない。東洋の哲学でいうところの、人がその「道」にのって進んでいき、そこから外れていかない状態。人がその人自身と調和しているだけでなく、この途方もない感覚を周りのものに手渡せる、そのあり方(=道)。これが、人間がその可能な限りの最高に到達できるためのただひとつの「道」だ。これが大輔が氷の上で創り出すものだ。

His skating on the ice can be compared with Japanese calligraphy, where each image of a character brought to perfection; when every line has meaning, and when all connected lines form a stunning and very beautiful picture.

彼の氷上の滑りは日本の書道とも対比することができる。そこは文字ひとつひとつの造形が完全さを描き出す世界だ。個々の字画にそれぞれ意味があり、つながった線すべてが目の覚めるようなとても美しい画を生み出す領域だ。

I was lucky to do an interview with Daisuke. In his every word I felt the idea, that figure skating is an art for him, it’s his Way. He continues to follow it in spite of failures, injuries and not always objective judging. He continues to do it, because he can‘t and want no to do it by some “another” way. Because any “another” way will not be his Way  and he has always been, and I am sure will remain loyal only to his own road. A person should follow only his own way of life and not someone else’s desires. That is the only recipe to comprehend the all depth of the word the Way.

大輔にインタビューをする幸いな機会(http://fskating.com/2011/10/daisuke-takahashi-winning-is-not-the-only-goal.html)を得たことがある。彼の一言ひとことに、フィギュアスケートは彼にとって芸術であり、彼の「道」なのだということが伝わってきた。彼は失敗にも、怪我にも、必ずしも客観的とは言えないジャッジ評価にも関わりなく、やはりその道を行き続けるだろう。その道を行き続ける、それは彼が何か「別の」道を行くことなどできない、行きたいとも思わないからだ。どんな「別の」行き方もそれはかれの「道」ではないのだから。彼はこれまでも、そして私が確信するのはこれからも、自分自身の道だけに忠実でありつづけるだろう。人は人生において自分自身の道だけを歩むべきで、他の誰かの願望に従うものではないからだ。それが「道」という言葉のもつ全ての深みを味わう唯一の案内書だ。

Photo: Zimbio 写真:ズィンビオ

ちょっと古かったけれど、、凄い褒めよう。

また探してきます。    

やっぱ、ニコルのも良かった。あとで再アップします。

全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】

« もうすぐソチ | トップページ | 勝手に応援企画2 »

コメント

naoさん いろいろな記事の紹介ありがとうございます。

東京操体フォーラム実行委員ブログ
今までスケートに馴染みがなかった人が高橋の演技を見て
このように感じて下さったのは嬉しいですね。
そう、そうなのですよ、彼の演技はスケートの概念や枠、型を
超えた見る人の心を揺さぶるものなのです。

– The Way of Art 高橋大輔ーー アートの道 
読みながら、うーんとうなってしまいました。
西洋人から見た東洋の哲学、漢字のとらえ方も実に興味
深いです。
ヴラディスラフ・ルチアノフさんはどんなバックグラウンドの方
なのですか?

このような圧倒的で立派な高橋大輔論を読んでしまうと
もう何も言えないなあと思ってしまいます。
しかし、高橋大輔の演技を愛することに上等も下等もない。
これからも私は私の感じたままを、拙い言葉でも語って
いきたいです。

勝手に応援企画、どんどん出てくるのですよね?
楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/59069881

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に応援企画:

« もうすぐソチ | トップページ | 勝手に応援企画2 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ