« 注目の本 | トップページ | いろいろなもの2 »

2014年1月28日 (火)

いろいろなもの

審判はジャンプに入る前の動作や踏み切ってからの空中の姿勢、高さなどを見ている(写真は高橋)

フィギュアの採点、審判はどこを見ているか

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO65539700Z10C14A1000000/

これ、見逃してました。

分かりやすい解説ですね。

フィギュアスケートの団体戦で、選手は個人戦とは異質のプレッシャーにどう立ち向かうのか

冬季五輪の団体戦にとりつく魔物

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO65748880T20C14A1000000/

4回転の成否がカギとなる髙橋大輔は3回目の五輪出場

羽生結弦らのメダルを脅かす、
強敵パトリック・チャンとふたりの伏兵

(お借りしました)

信濃毎日新聞(1月27日)

Img_27131

「氷上の語り部」などと呼ばれる高橋さんはその名の通り、頭のてっぺんから首、肩、

手足など、全身を自在に使って、4分半のドラマを見せることが出来る人。

リズム感や踊りのセンスは、生まれながら備えてるに違いない。でもその先が違うのです。

全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】

« 注目の本 | トップページ | いろいろなもの2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろなもの:

« 注目の本 | トップページ | いろいろなもの2 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ