« 無題 | トップページ | そして眠れない高橋ファンに。 »

2013年12月22日 (日)

ローリー・ニコル 高橋を語る

昨日アップしたIcenetworkの英文の記事をizayukamさんに訳して頂きました。

すべての高橋ファンの方に読んで頂きたい。

Takahashi, Nichol come together on Beatles free Famed choreographer describes program as 'poetic and profound' タカハシとニコルがビートルズのフリープログラムで、「Come Together」 名振り付け師が語る「詩情があって懐深い」プログラム Posted 12/20/13 by Akiko Tamura and Lynn Rutherford, special to icenetwork 2013年12月20日Iicenetworkへ田村明子氏、リン・ラザフォード氏による特別寄稿

Takahashi_fs_a1aujqe0_pjd3vffc_onxx

Lori Nichol says Daisuke Takahashi has a "very unique balanced blend of athleticism, vulnerability and passionate soul." -Getty Images

ローリー・ニコルは高橋大輔のことを「アスリート精神と傷つきやすさと情熱的な魂を、とてもユニークなバランスで併せ持つ」と語る 写真提供Getty Images "

Daisuke does not perform emotion and movement that is put on him; rather, the movement and profound emotion come from within him." - Lori Nichol Nichol, the legendary choreographer who helped Evan Lysacek to win his Olympic gold medal in 2010, created Daisuke Takahashi's new free skate, a Beatles medley. This is the first time the two great talents had met in person and worked together. She talked about her experience working with the skater and the thought she put into this particular piece of work. Takahashi will compete at the Japanese Figure Skating Championships, Dec. 20-23 in Saitama.

「大輔の演技というのは他から与えられた感情や動きを演じるのではなく、むしろその動き、深い感情は彼自身の内側からつき上がってくるもの。」―― ローリー・ニコル 2010年のエヴァン・ライサチェクのオリンピックの金メダルにも貢献した伝説的振付け師ニコル氏は、高橋大輔の今季新フリープログラム、ビートルズ・メドレーを手がけている。この二つの大いなる才能が直に会ってプログラムを作るという共同作業は今回が初めて。彼女に、このスケーターに振り付けた時のことと、このプルグラムに込めた思いとを語ってもらった。高橋はこの12/20-23の日程でさいたま市で行われる全日本選手権に出場予定。

Icenetwork: How did you come to work with him this time? I know it almost happened last year but didn't. Nichol: Daisuke contacted me very soon after worlds. This year the schedule and logistics went smoothly for us to work together. Icenetwork: 

今回、どういういきさつで高橋選手のプログラムを振り付けるに至ったのですか?昨シーズンに実現しかけて、そうならなかったことは知っていますが。

ニコル: 大輔に世界選手権のすぐ後に連絡をもらったの。今回はスケジュールも周辺状況もどちらにとっても問題なく話が進みました。

Icenetwork: What was his best feature as a skater that you observed while working with him? Nichol: There are so many 'best' features, how do I choose just one? Even though we hardly knew each other, I felt somehow I understood his heart -- not the details, of course, but the essence, the depth, the sincerity. It was very interesting because he had this strong desire to learn new skating skills, new ways of moving. He opened himself to the heart of the Beatles music and my philosophy on skating. It was quite funny, too; I could tell he was unsure of himself and perhaps of me as well at first, perhaps feeling a bit silly when he did creative movement, and I was quite nervous, as I have this huge responsibility to help this precious magnetic soul that put his trust in me. Icenetwork: 

彼を振り付けてみて、この選手のどの部分がスケーターとして一番優れた資質でしょうか?

ニコル: 彼には「一番」素晴らしい資質が山ほどあるのよ、そのどれをたったひとつだけ選べというんでしょう。私たちはお互いをほとんど知らないのに、何か彼の心を理解できる気になれたの。――それはもちろん仔細な部分ではなく、そのエッセンス、その深さ、真摯さといったこと。とても興味深かったのは、彼が新しいスケーティングスキル、新しい動きを学ぼうという強い欲求があったこと。ビートルズの音楽の本質と、スケートに対して私が持っている哲学に対して、完全に心を開いてきた。そういっても、ちょっと可笑しいのは、彼は自分に対しても確かな自信なんて持ってないのが見えたし、私のことだって多分最初は信頼できるか迷った思う。そんな中で独創的な動きをしてみせる時も、手応えなんてなくて、なんだかな、と思ったんじゃない。私は私で、かなり神経質になってた。この貴重な魅惑的な魂が私にゆだねてくれたものの責任の重さにね。

Icenetwork: Is there anything about him that was different from other elite skaters you have worked with in the past? Nichol: Many of the greats have very similar character traits that get them to the top. The greats I have worked with straddle this very fine line between having confidence in themselves and being perfectionists, and, therefore, in a way, have a skewed sense of how good they are. It is always sad to me that people so talented, accomplished and amazing are the last to ever realize just how good they really are. The skaters have different ratios of athleticism to artist; Daisuke has a very unique balanced blend of athleticism, vulnerability and passionate soul that make him a very honest and magnetic skater. He does not perform emotion and movement that is put on him; rather, the movement and profound emotion come from within him and travel outward. He is a very giving performer and doesn't succumb to cheap theatrics. I have this fun vision of him that, if I was an accomplished painter, would be fun to create: this sleek black panther that when his head is thrown back in passion, this magnetic energy emanates from him, and all things surrounding are pulled into his aura. Icenetwork: 

この選手と、他にあなたがこれまで手がけてきた一流選手たちとで違う点があるとすればどういうところでしょうか?

ニコル: 一流の人たちというのは、彼らをトップに押し上げた共通の特性というものがあります。私が一緒に仕事してきた一流の人たちは、自分自身に自信を持つということと、完璧主義者であることとの、あるとても微妙な細い境界線上にまたがっているので、結果として、自分がどれだけ素晴らしいかに対して、ある意味で歪んだ感覚を持っていた。才能にあふれた、大きな成果を出した素晴らしい人たちが自分がどんなに素晴らしいかをちっとも理解しようとしないのは、私にとっていつも悲しいことです。スケーターはそれぞれ独自の割合でアスリートでありアーティストである部分を持つものです。大輔はアスリート精神と傷つきやすさと情熱的な魂を、とてもユニークなバランスで併せ持っていて、それが彼を正直で人を惹き付けるスケーターにしているのです。大輔の演技というのは他から与えられた感情や動きを演じるのではなく、むしろその動き、深い感情は彼自身の内側からつき上がって溢れ出てくるもの。惜しみなく与える演技者でいて安っぽい劇的効果狙いの誘惑に屈しない。彼に対して私の楽しい妄想は、私が優れた画家だとしたら、すらりと流れるような黒豹が情熱的に頭を反り返らせている瞬間、その発散する磁力のあるエネルギーと、周り中がそのオーラに吸い寄せられるさま、彼を題材にこんな絵が描けたら面白いでしょうね。

Icenetwork: What quality of him did you want to bring out the most? Anything in particular? Nichol: I wanted to improve his skating skills, emphasize his magnetic sensual energy, give him space to perform an honest interpretation. Icenetwork: 

彼のどんな部分を一番引き出そうとされましたか?特にこれというものは?

ニコル: 彼のスケーティングスキルを向上させたかった。そのことで彼の磁力のある官能的なエネルギーをもっと強調することができるし、その正直な解釈を演じる上でのゆとりを加えることができるように。

Icenetwork: I know the base of your artistry always comes from skating itself. How did you evaluate his skating skills? Nichol: I taught him some exercises and just watched closely how he used his knees, feet, lean, power, etc. I taught him the Swedish S, an old world figure that I was fortunate to have been taught when I was very young. I was so lucky to train in the Philadelphia Skating Club and Humane Society and learn the history of skating in both theory and in designs on the ice. ... I have made it a mission over the last 20 years to teach it around the world to skaters and coaches. It is on this very small pattern I can assess a lot about what a skater understands about their body position on an edge, their knee rhythm, free leg action, blade action, and then teach them skating skills and exercises accordingly. My plan was to show him new things so he could be like a child again discovering skating, energizing his curiosity and motivation. Icenetwork: 

あなたの芸術性の基調をなすものは、常にスケーティングそのものからくるということは知っていました。彼のスケーティングスキルをどう見ましたか?

ニコル: ちょっとしたエクササイズの型を教えてそして彼の膝、足、体重、力の使い方などをじっくり観察しました。その上で、スウェーデン式Sという、古い時代のフィギュア、私がとても若い時に習う好運にあずかったものを伝授しました。私がフィラデルフィア・スケーティング・クラブとヒューメイン・ソサエティーでトレーニングすることができて、スケートの歴史を理論と氷上での実際のデザインの両面から学べたのは、本当にラッキーなことでした。それ以来、この20年世界中でそれをスケーターやコーチに教えることを自分の使命としてきました。氷の上に描く小さな形の中に、スケーターがエッジに乗ったときの自分の体の位置、膝のリズム、フリーレッグ(訳注:接氷していない方の足)の動き、ブレードの動きをどのように理解しているか、をかなりの部分見て取ることができます。その上でそれにのっとったスケーティング技術と練習法を教えるのです。私の目論見は、新しいものを提示して、彼にもう一度、子供のようにスケートについて発見してもらって、好奇心とモチベーションに新しい力を吹き込みたいということでした。

Icenetwork: Please tell us about his new free program. How did you pick the music and what is the concept behind your Beatles medley? Nichol: I remembered his words that he wanted to do something different and something to thank his fans. I also felt he was amazing to tango music but didn't want a whole tango program. I have had the "Come Together" piece waiting for many years for just the right person, a tango version of a Beatles tune. Then it was about finding the other pieces that would work with it and work for his elements within all the rules. I loved the idea that he begins with "Yesterday," which was best for his feeling for the elements but also allows a nod to his past and then moves on from the past, the good and the bad. The "Come Together" for the step sequence was so much fun! I am very proud of this step sequence. I think it is a piece of art. Only Daisuke could do it like that. He becomes like a sleek, impassioned animal when performing it. Then there is the knocking, as if another part of his soul needs to be opened. To "Friends and Lovers" by the Beatles producer George Martin, he turns and glides toward the audience, pulling us in like a magnet. He skates FOR his friends and lovers, and BECAUSE of his friends and lovers, and he has loved them all, is grateful for them all. But it slides into "In My Life," where he does the Swedish S figure. And he gestures toward it as the lyrics would be singing "I loved you more" ... so poetic. "The Long and Winding Road," well, it has been! And that it is a long and winding journey through life, so enjoy it, celebrate it, it is the only one you have. In my opinion, the program is poetic and profound. As only Daisuke could do it. I hope people will care enough to really see it, and feel it. Icenetwork:

 新しいフリープログラムについて聞かせてください。この音楽を選んだ訳と、あなたのこのビートルズ・メドレーの背後にあるコンセプトは何でしょうか?

ニコル: 彼は私に、何か違ったこと、何か彼のファンに感謝を伝えるものがやりたい、と言ってきたのを覚えています。私が彼のタンゴは素晴らしいと感じていたこともあり、同時にタンゴ一色のプログラムにはしたくなかった。私にはこの、ふさわしいスケーターに出会うまで、と長年のあいだ温めてきた「Come Together」の曲があって、それはビートルズの曲のタンゴ調アレンジの曲でした。あとはそれにうまく合う曲、現行ルールに沿ったエレメンツがうまく入れられる曲、というのを探したのです。彼が「イエスタデイ」でプログラムを開始する、というのがすごく気に入っています。彼のエレメンツに向かう気持ちにふさわしいことと、同時に彼の過去の日々、そこから一歩ずつ歩んできた、いいこと、悪いことの両方に対して、頷いて肯定してあげることなのです。そして「Come Together」のステップシークエンスの楽しさ!このステップシークエンス部分は私自分ですごく誇らしいの。一個の芸術品になっていると思う。あんなふうにやれるのは大輔だけ。彼はここでは滑らかで情熱につき動かされた一個の獣みたい。そして、かれの魂の別の部分への扉を開けることが必要で、そのためのノックであるかのような音が一つ、響きます。ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティンの「フレンズ・アンド・ラバーズ」でかれは観衆に向かってターンし、滑らかに滑ります。磁石に吸い寄せられるように私たちを引き込みながら。かれは友人や彼を愛してくれている人のために、そして友人や愛してくれる人たちがいるがゆえに、滑るのです。かれはその人たち全てを愛し、またその人たちすべてに感謝しています。けれどそこで曲が「イン・マイ・ライフ」に移ります。そこでスウェーデン式の「S」を描くところです。そしてそれに向かってジェスチャーをするところで、歌詞が歌っているのは「それよりも君のことをもっと愛しているんだ」・・・とても詩的でしょう。そして「長くくねった道」、全く、彼にはその通りだったでしょう!そして人生はまさに長く曲がりくねった旅路だから、それを楽しみ、それを称え祝うこと、与えられている人生はこのひとつきりなのだから。私が思うに、これは詩情があって懐深いプログラムになりました。大輔だけがこれを滑りこなすことができるというような。見る人が真にそのことを見て、汲み取ってくれるだけの十分な関心を寄せてくださることを願っています。

Icenetwork: Was there extra pressure to work with him -- or anyone -- for the first time in the Olympic year? Nichol: Yes, there was extra pressure, and that would be an understatement! He is such a divine skater, and he has worked with so many good choreographers, and he was putting himself in my hands for the Olympic long. I took that responsibility very seriously and had trouble sleeping with worry. It was a time I am grateful for my age and experience and my nature of loving big challenges! But I had heard from many that he was a kind man and not arrogant ... this was very important in the decision to take on the project because I do not work well with arrogance or attitude. His letter to me showed a profound desire to learn and create. Icenetwork: 

オリンピックの年になって彼と、――あるいはその他のだれかとでも――初めて組んで仕事をする、ということの他の年以上のプレッシャーはありましたか?

ニコル: はい。よりきついプレッシャーを感じました。しかもこれってかなり控え目な言い方なんですよ。彼は神々しいばかりのスケーターで、他の大勢の素晴らしい振付け師と組んできていて、その彼がオリンピックのロングプログラムに私の手に自身を委ねてくれたんです。その責任をとても重く受け止めて、心配で不眠に陥ったのです。あの時は、自分の年齢と今までの経験、わたしが大きな挑戦を愛する性格であったことにせめても感謝しました! でも沢山の人から、かれは優しい人で、傲慢なところがない、と聞かされて、・・・それがわたしがこのプロジェクトを受けるのに大きな決め手となりました。私は、傲慢だったり横柄な態度の人とは、うまく仕事をしていけないからです。彼の手紙には、新しく学びたい、創造したい、という深い願いがこもっていました。

Icenetwork:  If you have had a chance to see his performance on video, please tell us what your thoughts were. Were you pleased? Nichol: I was very happy to see the progress from Skate America to NHK Trophy; of course, there are many details to refine, but the best part was his fighting spirit and obvious efforts in training. Icenetwork: 

ビデオで彼の演技を見るチャンスがあったなら、感想を聞かせてください。良かったですか?

ニコル: スケートアメリカからNHK杯までの進歩が、とても嬉しかったです。もちろん、細かなところでさらに磨きをかけるところはありますが、一番は彼の闘志とトレーニングでの明らかな努力の跡を見たことです。

Icenetwork: What is your prediction for the Sochi Olympics? Nichol: I will never make a prediction or have expectations, especially for the Olympics! All any of us can do is work each day with deliberate, quality practices, leaving no stone unturned, with an ever-burning flame of hope and vision of a great performance, and then in competition trust one's training and just do it. It is a lot like a wedding: If you only think about THE day, you miss most of the fun, joy and satisfaction that come from the journey leading to it! Icenetwork:

 ソチ・オリンピックのあなたの予想は?

ニコル: 予想や特定の期待、というものはしません。特にオリンピックは!ひとりひとりが出来ることというのは、念入りな計画に沿った質のいい練習を日々重ねること、どんな小さなこともないがしろにせずに可能性を探り、燃え尽きることのない希望をもって素晴らしい演技を演じている自分を思い描くこと、そして試合にあっては自分のやってきた練習を信じ、ただ、やるだけ。結婚式によく似てます。その日それだけを考えていたら、それを用意する過程での楽しさ、喜び、満足感のほとんどを取り落としてしまうでしょう。

Icenetwork: Do you feel he has a good chance for a medal? Nichol: Can you imagine the pleasure for all lucky enough to watch him if he can put together two programs displaying all that makes him great? It will be a special day for everyone, and a great day for the progress of the art of figure skating. Icenetwork: 

かれがメダルに届く可能性は高いと思われますか?

ニコル: 彼を偉大にしているものをすべて出しきれる演技で二つのプログラムをあわせてきたら、私たちが好運にもそれを実際に目にできるその喜び、ちょっと想像してごらんなさい。全ての人にとって特別な日、フィギュアスケートの進歩にとって素晴らしい日となるでしょう。

« 無題 | トップページ | そして眠れない高橋ファンに。 »

コメント

彼はこの記事を読んだだろうか
世界中にいる彼を尊敬し、期待し、彼の力を信じている人々のことほんとうにわかっているだろうか
目には見えない力を心に秘めて皆が彼を見つめている
あとは彼自身が信じるだけなのに…

コメントありがとうございます。
私は何度も読み直しました。
ローリーからこれほどの言葉で絶賛される高橋がオリンピックに出ないなど、考えられません。
彼の演技を待ってる人が世界中にどれほどいるのだろうか。
自信をもってソチに行って欲しいです。

ローリーの記事を和訳付きでupして下さり本当にありがとうございます。
全日本は彼の演技を見ていて涙が止まりませんでした。
ミスでジャンプがありながらも、最後まで最後まで目が離せず、あっという間に時間が経ってしまう。
初見では「物足りない印象のあるプログラムだったのに、
今では一本の映画を見たかのようなプログラム。

ジャンプがどうであれ、彼を愛する人たち
彼が愛する人たちが心から喜べるプログラムを
ローリーが作ってくれたんだな…と。

今はただ、彼の怪我が完治し
オリンピックでの演技を見ることが待ち遠しくてたまりません。


naoさま、izayukamさま、いつも本当にありがとうございます。すみません。初コメではないですが、2年以上ぶりにコメさせて下さい。

itohさんの仰るように、高橋選手は、本当に彼のスケートを愛している世界中の人達の彼に対する評価、彼の持つ天性の才能を解っているのか?・・・と思います。彼が謙虚で、出来ないとカッコ悪いと気にするタイプだから仕方がないのかもしれませんが・・・

私は未熟者で、初め、ローリーはあまり高橋のスケートが好きではないのでは、彼女にプログラムを頼んで大丈夫なのかと勝手に心配してました。
でも、ローリーのいくつかのインタビュー記事を読み、高橋と一緒に練習する中で、やはり彼女も高橋の魅力にやられてしまい、あの素晴らしい幸せのプロが出来たのだなと確信しました。
だから、後は、高橋が怪我を上手く乗り越え、自分を信じて十分な自信を持って、ソチまでの短い時間を大切に良い練習を積むだけなのですが・・・
でも、ありがとうの感謝と愛がいっぱいの優しい気持ちで、ジャンプを跳ぶのは、非常に難しいとても繊細なプロです。
高難度のジャンプを跳ぶには、闘争心と、何が何でも決めてやる降りてやるという強くて怖いくらいの気迫が必要。
幸せのプロは、心を込めて琴線に触れるような気持ちで滑るから、本当に最高に難しい。
でも、高橋選手しかそれは成し得ることが出来ないと彼自信が信じて、滑って欲しいと願います。

ままえもんさん
コメントありがとうございます。
ツイッターで記事を見つけて、とても良さそうな記事だと思ったので
izayukamさんにお願いしたら、これだけの量なのに、すぐに訳してくださり
ほんとにありがたかったんですよ。
内容がまた感動的で私も何ながら読みました。
ローリー大好きだ~!ありがとうと言いたい。

オリンピックが楽しみですね。

ユミママさん
お久しぶりですね。
読んでくださっていたのも嬉しいです。
ありがとうございます。

いつも謙虚で偉ぶらない高橋が、
幼い少年のような不安げな表情になって何とも心が痛かった。
まったく愛すべき人ですね彼は。
こんな彼だからこそ幸せのプログラムがローリーによって振付けられたのですね。
私も最初は彼女でいいのか、、、不安だったし初見さえも弱いかなと思ったものの
見ていくうちに優しく美しく、そして強いと感じました。

>でも、ありがとうの感謝と愛がいっぱいの優しい気持ちで、ジャンプを跳ぶのは、非常に難しいとても繊細なプロです。
>高難度のジャンプを跳ぶには、闘争心と、何が何でも決めてやる降りてやるという強くて怖いくらいの気迫が必要

同感です。

しかし彼はこのプログラムの完成形を納得いく演技を世界のファンにオリンピックで
披露すべきです。
このプロには多くの人の想いが込められているのですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/58796960

この記事へのトラックバック一覧です: ローリー・ニコル 高橋を語る:

« 無題 | トップページ | そして眠れない高橋ファンに。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ