動画

お勧め

お勧め2

« つぶやき | トップページ | Daisuke Takahashi SA2013 Slide Show【動画】 »

2013年12月 2日 (月)

ブログのご紹介

福山知佐子氏のブログ

http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/index.html#entry-91488377

福山知佐子さんのブログを知ったのは今年の始めだったかな?

よく覚えていないのですが、素敵な文章でしたので時々、試合のあったときなどに

訪問させて頂き、その綺麗な言葉を自由に操る文章力に感嘆していていました。

紹介したいけれど、了解を得てはいなかったので以前は

何気に記事の中(2013.4.19)にアドレスを潜り込ませました。

けれど最近自分もツイッターを始めて、また福山さんもツイートしているご様子

でしたから、思い切って先月、いやもう先々月にブログをご紹介したいとの旨を

お聞きしたのです。

お返事を頂いたのが、先週です。。。。

あまり自分へのメッセージはご覧にならないとのことと

丁寧にご紹介のこと了承してくださり、さらには私の絵を見てくださったようで

「高橋選手への愛を感じます」というお褒めの言葉も頂きました。

福山さんはプロの画家の方でして、そんな方にそう言ってくださたのは

素直に嬉しいと思いました。

すぐに記事書いたのですがパソコンの調子が悪くて一度消えてしまって

次の日は、あのファイナル欠場を知った日でして、、、遅くなってしまいました。

彼女は画家さんで、ブログはその活動のことと、お母様の介護の事などが

中心で、時々フィギュアスケートのことを書いてくださって

それがとても素敵なんですよ。

私も見習いたいと思ってはいるのですがねぇ。

文章に感じるのは絵を描く方らしい目線と感性。

絵は主に花が多く、花の朽ちるところや時に金属の錆などに美を見ているのでしょうね。

そしてお母様や自分の事にも死と生がとても近いところに存在していて

彼女の文章には常に無常感が漂うが、冷静でありながらも

魂から沸き起こるふつふつした置き場の無い情熱

のようなものもあってとても魅力的です。

友人は以前紹介した時に共感して、福山さんが出版した本を探して購入したらしい。

「凄く良かった」と言うことです。

反絵、触れる、けだもののフラボン―見ることと絵画をめぐる断片

そんな彼女が語る高橋大輔のこと。

是非に読んでみてください。

宝石をちりばめたようなシンクビー!の世界は貴女のきらめき、
好奇心をくすぐります。

« つぶやき | トップページ | Daisuke Takahashi SA2013 Slide Show【動画】 »

コメント

naoさん、ブログ紹介ありがとうございます。以前触れていただいた時にもお邪魔してみましたが、また改めて訪ねてみて、フィギュアスケートや絵画以外のトピックも読ませていただきました。まだほんの一部ですが。

読めば読むほど、自分の中の沈黙の薄っぺらさ、感じ方の嘘臭さが質されるような気がしてきますが、それこそが魅力で、やめられない。人生賛歌というのとは、違うところに立っているようでいて、さらりとした文章で、今生きて、目の前にあるものを深く見つめるのに命を削っているようなところに心を掴まれます。

そして、大輔さんのこと。NHK杯ショートの感想は、感動が新たに蘇って、さらに深くなる気がしました。自然の事物のよう、という比較にすごく感激します。そして詩情、と言う言葉が嬉しかった。私は何を見るにも、[詩」がそこにあるかどうかをどうも無意識に感じているようで、感動の大作、の映画とかでも、哲学的な深みがあっても、散文的で詩が感じられないものには惹かれない。それでいえば、大輔さんの演技には詩が感じられる、と勝手に思っていたので。

これからも少しずつ、読んでいきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/58684506

この記事へのトラックバック一覧です: ブログのご紹介:

« つぶやき | トップページ | Daisuke Takahashi SA2013 Slide Show【動画】 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ