動画

お勧め

お勧め2

« ロシア杯結果&GPF | トップページ | GPF日程 »

2013年11月24日 (日)

舞台「鉈切り丸」

http://theatre-orb.com/lineup/13_natagirimaru/

「なぁ鳶。 空の上からよく見てろ。 兄弟、家族が血で血を洗う 面白い様をな。

美しく産まれた者に取っちゃ 地獄の有様も、

醜く産まれたものにとっちゃ、極楽の蓮池 を見るようなもんだ。」

シアターオーブで残念なことに2階席でしたが、、、、

この劇場はなかなか見やすくてよろしいです。

駅にも近くて綺麗で11階にある為に眺めもよい。

早く行って富士山を見たかった。

さて、

「鉈切り丸」は、新感線のよくあることだけれど、、、

悪い奴が主役で、それも歴代の中でも相当の悪い奴でした。

それでもラストシーンではあまりの哀れに涙を誘い、

一緒に行った娘などはラストの10分はずっと泣いていたというが

それも母としてやや複雑だわ。。。

男が悪い奴になったのは、醜く生まれてきてしまっただけじゃないの。

もっと彼に同情する部分(脚本)があっても良かったのではないかと、

それによってもっと悲しいラストになるけれど。。。

舞台装置は、水を使ったもので

全体に漂う哀れを集約させたような蓮池を舞台上に再現させ

見事な美しさ。ここに演出のこだわりを感じます。

主役の森田くんは、前に「IZO」で見たけれど

あの時は笑いを取らないといういのうえさんの演出だったし

複雑な(幕末)時代背景とまたIZOというこれまた哀しい主人公で

暗いという印象した残らなかった。

その為か今回の主役森田剛にはよいイメージを持っていなかった、、、けれど、

口上的な台詞を聞いた途端にとても良いと感じたのは間違いではなく

主役に相応しい演技力と声。特に声は会場隅々に通る声で素晴らしい。

少し高めなトーンもこの人物に合っていて、悪い奴の切なさを醸し出す。

脇を固める配役も熟練の贅沢な配役で

特に健礼門院の生霊、麻美れいは出てるだけでオーラが凄くて驚いた。

生瀬勝久、山内圭哉、渡辺いっけい、若村真由美、それぞれいい味を出していて

新感線の芝居という意味で楽しんでいたような感じがします。

木村了くんも今回殺陣が良かったわぁ。

とにかく新感線の芝居はメッセージが押しつけがましくなくて

とても好き。

だから主人公には悪い役が多いのだろう、、、

戦慄するくらい悪い、けど悲しく哀れな「鉈切り丸」だった。

Img_22601

 

« ロシア杯結果&GPF | トップページ | GPF日程 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/58632287

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「鉈切り丸」:

« ロシア杯結果&GPF | トップページ | GPF日程 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ