« アイソン彗星 | トップページ | アミノバイタルCMメイキング&インタ »

2013年11月18日 (月)

Numberコラム

「ギリギリまで焦らないタイプ」高橋大輔、ソチへの逆襲開始!

http://number.bunshun.jp/articles/-/752324

Image

Image_2

Image_3

Image_5

Image_6

http://sankei.jp.msn.com/smp/sports/news/131114/oth13111421310012-s.htm

« アイソン彗星 | トップページ | アミノバイタルCMメイキング&インタ »

コメント

Numberコラム
ありがとうございます。
この記事中

>その右膝には、ぐるぐると、分厚いテーピングのようなものが巻かれていた。

に胸を衝かれました。

N杯出場を医者も止めた、との情報を得ていましたが、やはりそうだったのですね。

一ヶ月前
ツイッターで一般の主婦の方の投稿を見ました。
(うろ覚えですが、大体の内容。)
15年ほど前に今回の高橋選手と全く同じ怪我をして、手術を受けました。でも今でも膝が痛くて日常生活にも支障が出ることもあり大変な状況。
だから、こんな状態で頑張ってる高橋選手を尊敬する。…との内容でした。

そのツイートを読んだときは、手術も当時とは違い進化してるだろうし、と思ったのですが

今回の記事を読むと、やはり本当に大変な中で戦ってることが改めて判り、ひたすら何があっても、そして何を差し置いても、ソチまで全力で思いを手向け応援しよう!と強く決意しました。

こんばんは、naoさん。いろいろと情報をありがとうございます。

いい写真ばかり・・・としばらく見とれてから、(2枚目の、降ろしても一瞬は強く握ったままの両手の拳に、あらためて痺れる)Number記事を読みました。いい記事でしたね。

そして右膝の厚く巻いたテーピング・・うーん、そんな風な処方が必要なのですね。一時期、もう全く大丈夫・・という言い方をしていた時期もあったのですが、(実際どうかはともかく)1年半ぐらい前の映像では腱をとった太腿裏の意識が途切れるということも言っていたし、最近はまた痛みがかなり出ているようですね。あの怪我とはずっとつきあっていくらしいことはBe Soul2の記述でも伺えますし。少しでも回復、維持できること、痛みが出ないように、と祈るのみです。ソチまでも、そのあとも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/58598103

この記事へのトラックバック一覧です: Numberコラム:

« アイソン彗星 | トップページ | アミノバイタルCMメイキング&インタ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ