« 高橋大輔本 | トップページ | スポーツ »

2013年10月31日 (木)

情報1031

世界が注目 激戦フィギュア日本代表
お国柄が出る海外サイト、閲覧のすすめ

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1314/columndtl/201310310002-spnavi

楽天ブックス著者インタビュー 高橋大輔さん

http://books.rakuten.co.jp/event/book/interview/20131031-daisuke-takahashi/

高橋大輔「それでも前を向くために」じぇじぇじぇ(古)

カレンダーはNHK杯で発売されるそうです。

中国杯

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1314/schedule/48/

女子SP

http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/1882

男子SP

http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/1883

NHK杯放送予定

http://nhkworldpremium.com/guide/genre.aspx?genre=2&ssl=false&c=26

***********************************

沢山の高橋大輔本が出ていますね。。。

これらを読むと分かるのだろうか。

なぜこうも彼に惹かれるのか。

彼の演技に心揺すぶられるのか。

あなたが好きな高橋大輔のプログラムで

とうとう「ビートルズメドレー」がトップになりました。

まだ投票してないあなた、そろそろ決めてもいいのでは。。。

私は、もしかしたら変更かなぁ

「幸せのプログラム」に

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村 (お借りしました)

1日5分!美顔器「エステナードソニック」

« 高橋大輔本 | トップページ | スポーツ »

コメント

naoさん、こんにちは。
好きなプログラムを1つ選ぶのは本当に本当に難しいです。
だって、この高橋も、あの高橋も全部好きですからね。
また、プログラムは進化するから、自分の感じ方も違って
来ますし。

今季のプログラム、SP もLP天から与えられたプログラムです。
本人も気に入って気持ちも入っている。
「ソナチネ」「ビートズメドレー」 今の高橋大輔そのもの。
このプログラムを生きていると感じています。

日本経済新聞の原真子(うげげという人もいるのか?うとくてスマン。あ、当方彼女に関して何も知識無いので)記事より。

☆スケアメについての記事より以下、一部(です。単なるコメで場所とってどうすんだと思いまして。)☆

>同大会のフリー(10月19日)が終わった夜、夕食を食べ、寝ようと思った午前1時すぎ、ニコライ・モロゾフコーチから声がかかった。「さあ、話そうか」。そして雷が落ちた。放送禁止用語も飛び出すような、激しい説教が約30分。「何を言われたのか、覚えていないくらい言われた」と高橋。

フリー演技では4回転ジャンプ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)など、難度の高いジャンプで大きなミスは出なかった。しかし、高橋には苦にならないはずの3回転ループが1回転になり、3回転サルコーが2回転になった。

「もっと闘争心を持て。ループやサルコーなんて、おまえにとって何てことないジャンプじゃないか。たとえループ1本が抜けたとしても、サルコーは死にものぐるいで降りないとダメじゃないか」

☆以上引用終わり☆

あの、正直私はモロ復帰に関しては微妙でした。
何と言ってもあの「あの子も欲しい♪花いちもんめ。」の織田への二股。

これが女子なら問題なしだが、同じ男子、しかもはるか年代の違うノービス、ジュニアならいざ知らず、ライバル!「おんどりゃ~!なに考えてんじゃ!」

涙の大輔、モロ別離宣言も「よ~言った!それでこそプライドのある当たり前の真っ当な人間の反応や!」と拍手。

てなモロでしたが。まあここでノコノコ出てくるからには、彼なりの強い思いがあったんでしょうかね。
今回の「放送禁止用語も飛び出すような」カミナリで大輔覚醒となれば、「ソチに向けての、ここぞという時の為のお尻たたきモロ」の役割成就?

ぜひ、全国全世界の大輔ファンの願いが叶いますように~!!!!


kkさん
こんにちは。
やはりそうですか…
決められませんね。
わかります。
生きてるプログラム、確かにそうですね。

白黒にゃんこさん
こんにちは。
私もコラム読みました。
私はモロゾフ氏がチームに加わったことがいいか悪いかは分かりませんが、
高橋が判断した結論ですから良いというか、必要だったのだろう、そう漠然と思っていましたが、、、
今回の説教という話を聞き、やはり間違いではなかったと思いました。
彼はそういう役目が相応しい。
気持ちの問題ならとは思いますが、そこが1番難しいのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/58489320

この記事へのトラックバック一覧です: 情報1031:

« 高橋大輔本 | トップページ | スポーツ »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ