動画

お勧め

お勧め2

« Going 【動画】 | トップページ | 祝東京五輪決定! »

2013年9月 8日 (日)

舞台「真田十勇士」

http://www.sanadajuyushi.com/

Sanadastage11

Sanada_stage2

舞台化に際し最初に名乗りを上げたのは、史実をモチーフにドラマ性を重視したアクション活劇を数多く生み出してきた劇団☆新感線の座付作家・中島かずき。かねてより、幸村への情熱を胸に秘めていたといい、「幸村の死は犬死にではなかった。そんな物語を作りたい。『負けて勝つ』そんな物語。それこそが今語るべき『真田十勇士』の物語だと思うから。」と新たな「真田十勇士」創作への意欲を語ります。
そして演出は、翻訳劇、近代古典、ストレートプレイなどジャンルを問わず、大劇場から小劇場まで丁寧かつ大胆な演出で知られる宮田慶子。「ダイナミック、かつ情感溢れる“真田ワールド”を作り上げたい」と語る宮田と中島の初競演は見逃せません。

今日、見てきました。

中島かずき氏脚本ということと娘が好きな俳優が出ているという理由で行きましたが

うーん、どうかな、、、

最後がね、解説ぽくなってどうかな~まとめなくともいいんじゃない?って感じを受けました。

それとこの劇には悪者がいないのに驚いた。

いつも中島かずき氏が書く劇団新感線なんて悪いヤツだらけだったりするのに

今回はほとんどいい人ばかりで、、逆にこういう話は難しいわけです。

歴史はもう知っての通りだし、

主役の行動と心を、死にゆくことを正当化しなくてはいけないし、、、

ひとりひとり見事に戦って死んでいくシーンがクライマックスで、

観客の涙をそそるわけですが

ココでかかるのが中島みゆきの曲(あとで)

私的にこの曲でうるって来ましたが、娘的には?って感じらしい。

まあ、中島かずき氏にしては正統派な演劇で、、確かに美学は感じられるけれど

女性演出家との相性はどうだったのかな~

説明的なのは好きじゃないなぁ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

« Going 【動画】 | トップページ | 祝東京五輪決定! »

コメント

見たいなぁと思いながら まだチケット買ってません。う~んどうしようかなぁ。阿部貞夫の八犬伝も感動不完全燃焼だったけど…。名古屋は21日からの連休にやるのですが、見てみたらnaoさんの感想とは違うかもしれないし、当日まで考えようかな。2月の中村勘九郎の方の真田十勇士は先行で買いました。こちらは娘と楽しみにしております。
Goingの映像ありがとうございました。

itohさん
こんばんは。
itohさんもお芝居お好きなんですね。。。
この感想よく分からないですよねぇ私もよく分からない(笑)
でもね、お芝居の感想なんて人それぞれだから
自分の勘を信じた方がいいと思うのです。

私も、堤幸彦氏演出、マキノノゾミ氏脚本も見てみたいです。
こちらのテーマの方が面白そうです。。。
http://www.ntv.co.jp/sanada60/intro/index.html


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/58148707

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「真田十勇士」:

« Going 【動画】 | トップページ | 祝東京五輪決定! »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ