« Tango & Beatles 03. Come Togheter | トップページ | FOI 白夜行とバレエのこと »

2013年7月16日 (火)

SANKEI EXPRESS 7月16日

 

朝からツィッターで情報が行きかっていたので

 

たまらず昼休みにサンケイエクスプレスを買いに走りました。

 

(正確には車で15分往復30分。)

が、3時半にはWeb版が出ました。。。(涙)

 

Photo

噂には聞いていましたが、5月にSPFSの振り付けを韓国でしたというのは本当でした。

 

韓国は近いし、そんなことも出来るのか~と思う。

今季FSはローリー・ニコルの振付で『ビートルズメドレー』。他の候補曲もあったけれど、他は聴かずに迷わずピンときた。

フリーは初めに聞いた曲がCome Togheterで、それもタンゴだというではないか。

(取り急ぎ前の記事にアップしました)

ピンときて決めたとか。。。

 

Photo_2

 

わたくしごとですが、、、

あれは大雪のSOIでした。

バトルが群舞のところで印象的に使っていて、最新の曲かと思ったら

ビートルズのCome Togheterだったという、私にとってはとてもかっこいい曲というイメージを残しています。

(単に知識が無いとも。。。)

 

高橋にビートルズ?でもあの曲だけはいいと思ってたのでなんだか納得したのです。

 

しかし、タンゴとはびっくりで嬉しいが他の曲との違和感などはないのか?

 

スケートとしてもさまざまな要素が盛り込まれているから、かなり難しいけれどやりがいのあるプログラム。間の取り方など今までにない新鮮さも感じている。僕はこの数年、ジャンプを飛びやすくするためにつなぎのステップを簡単にするのではなく、音に合った作品としていいものをずっと求めていたので、そういうフラストレーションも解消されているし、自分自身が曲に助けられて滑ることができる感覚もある。

 

ローリー、、、点は取れるけれど、いわゆるオーソドックスなイメージしかありませんでしたが。。。

やっぱり違うのね。新鮮でさらにフラストレーションも解消とは素晴らしい。

これは高橋に対してどんな振り付けをしたのかますます楽しみになりました。

 

そして、スケートを基礎から学んできたという話です。

ローリーにはスケーティングのレッスンも受けた。振付よりむしろスケーティングの指摘のほうが細かかった。実はプログラムの中にコンパルソリー(氷に図形を描く「フィギュアスケート」の原点で現在のSPの前身)でS字を描く要素もあり、これはスケーティング・スキルの低さがバレてしまうから(笑)、今はこのコンパルソリーと格闘中。

なるほどAOIのあのスピード感などもそのたまものだったのかな?

こんなにスケートが上手くなって来てるのに本当に最後の年なのか

本人も最近曖昧さを残しているし、もしかしたら。。。。

ローリーの振付は去年はかなわず、今年ダメ元でのお願いで実現した。もし去年かなっていたら、去年がビートルズになっていたかもしれない。やはりこの曲は今季のタイミングでよかったなと思う。

やはり運命というものか?

 

 

SPは宮本賢二先生の振付で『佐村河内守のヴァイオリンのためのソナチネ』。

SPは先日ブログでも取り上げた佐村河内守氏の曲で。驚いたけれど、クラシックというのは普通かなと思う。けれど、オーケストラではなくバイオリンの切ない響きを選択とは高橋らしい。

せつない中にドラマチックな強さと希望を感じたのが決め手。宮本先生からのアドバイスは「キレイすぎないように。際どい危ない感じを残してほしいから変にこなれないように」。

切ないなかにも希望を。

際どい危ない感じ!おお~!

発表されてから曲を何度も聞いているけれど、確かに位切ない響きのなかに情熱や激しさも感じられる、そうなのか希望か。それは集大成すなわち新しいスタートを飾るに相応しい。

そして、際どい危ない感じ。。。。

 

 多分この曲は誰が聞いても、高橋が躍るイメージが出来る曲で、もしかしたら

熱いファンなら頭のなかでもう独自の振り付けが出来ているのではないだろうか。。

 

しかし、宮本氏が私たちのイメージの上、いやその上を行く振り付けで高橋の良さを引き出してもらいたい。願わくばなにか印象的身体造形が欲しい。でもeye作った方だし大丈夫、いいものが出来るに違いない。

 

エキシビションの1曲は『Time To Say Goodbye』で振付は宮本先生。

EXは絶対泣かせようとしてるに違いないよね。

「ベタに狙うつもりで、こんな感じの…」

どうなのかな~ほんとに。ホントにベタ過ぎない?

甘いし。

わざとらしいのは好きじゃないな。

「ここから始まる」という歌詞だからいいなと思った。

なるほど、、、だけど結局泣けるにきまってる。

(エキシの1曲と言ってるのは、まだ候補ということかな?)

 

(お借りしました)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

 

« Tango & Beatles 03. Come Togheter | トップページ | FOI 白夜行とバレエのこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/57804583

この記事へのトラックバック一覧です: SANKEI EXPRESS 7月16日:

« Tango & Beatles 03. Come Togheter | トップページ | FOI 白夜行とバレエのこと »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ