動画

お勧め

お勧め2

« 渇きに一滴【画像】 | トップページ | 心に引っかかり »

2013年7月24日 (水)

週刊朝日 佐村河内氏コメント

「週刊朝日」に佐村河内氏が高橋選手がプログラムに自分の曲を選んだということについて

コメントをしているというツイを読みました。

近所のコンビニを何軒か探したけれど見つからなくて、、、、

最後のお店では明日(24日)発売と聞いたのでした。

しかし、友人が手に入れて、その内容を送ってくださいました。

全部ではなく、高橋選手に関する部分を取り出してくれています。

(週刊朝日より転載します)


内容はほぼ佐村河内氏のプロフィールや曲を送った美来さんの交流など。

(高橋選手についての部分は以下)

;高橋選手がソナチネを選んだことを発表したのを、ツアー先で聞く。

関係者が興奮にわく中で、氏はポカンとしてた。

元々スポーツにはあまり興味なく、フィギュアスケートを見たこともない。

これまで自分の中だけで鳴り響いていた音楽を、一流の身体を通して「見る」って、いったいどんな気分なんだろう――――。

高橋選手がなぜこの曲を選んだのか、そのわけは聞かされていない。

本人ではなく、振り付け師やコーチがみつけてくれたのかもしれない。

;高橋選手が「この曲には最後に希望があると感じた」といったのを後で知った。

(以下、少女とのいきさつ)

美来さんとともに闇に向き合い、生涯闘っていくことを宣言したあの曲が、

高橋選手の舞とともに世界に響くことに氏は「見えざる大きな力を感じずにいられない」

被災地を訪れ、無念の思いで逝った無数の魂が自分のなかで音の束になり、レクイエム

が完成した。 <みんな闇から逃げず誇りをもって戦い抜いてみせる。

そんな矜持を胸に高橋選手が世界の舞台で堂々と輝いてくれたら、こんな嬉しいことはない。

(追加)

闘い云々は、少女と障害者差別に関してやりとりがあり、

自らの傷をごまかさず言葉にした美来はかっこいい。

その日からふたりは戦友になった。

偏見や差別に負けずに闘っていこう。そんな聖なる共闘の証があのソナチネだ。

(感想)

彼のことは、テレビの特集やプロフィールで読んだくらいの浅い知識しか持っていませんが

それでも、彼の才能の素晴らしさとその身の上に襲い掛かった悲劇があまりに壮絶なものであったこと

単に生きようとすることが彼にとってどれだけ大変だったかは

大きな衝撃と共に心にのこっています。

けれど彼の身体の中には音楽があった。

音楽と共に生きる。それは彼には闘いなんだと思う。

これほど意味を持って生きている人を他には知らない。

その彼の曲を選んだ高橋、 まさにソチの舞台に相応しいではないか。

これまで自分の中だけで鳴り響いていた音楽を、一流の身体をとうして「見る」って、いったいどんな気分なんだろう

この表現が素晴らしい。

『音楽を一流の身体を通して「見る」』です。

佐村河内氏はきっと素晴らしい音楽を見ることになるでしょう。

高橋選手が「この曲には最後に希望があると感じた」といったのを後で知った。自由に感じとってくれればいいけど、実は『闘いの曲』なんです。

生涯闘っていくことを宣言したあの曲が

 

高橋選手の舞とともに世界に響くことに氏は「見えざる大きな力を感じずにいられない」

 

みんな闇から逃げず誇りをもって戦い抜いてみせる。

 

そんな矜持を胸に高橋選手が世界の舞台で堂々と輝いてくれたら、こんな嬉しいことはない。

これらの言葉が、高橋に届くといいな。

彼が曲の世界観を理解し、解釈して身体で伝えるうえで重要なお話だと感じます。

闘いの曲「ソナチネ」。

ソチの舞台で高橋の身体から奏でられるその曲は、

世界の人々の耳に届き、目にして、

そして心に刻まれ、大きな喝采に包まれるに違いありません。

p>にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

« 渇きに一滴【画像】 | トップページ | 心に引っかかり »

コメント

naoさん、こんばんは

素早いアップありがとうございます!どうしても海外応援部隊におすそ分けしたくなって英語のファン・フォーラムに上の引用部分の下手な翻訳文をアップしてしまいました。(事後報告ですみません)不都合があればどうかおっしゃってください。

これまでも繰返し、何度も何度も、大輔選手のスケートを通して音楽を「見る」ことで、その音楽のもつすばらしさに目を開かされてきました。どんな解説者よりも、その音楽を語ってくれる。その音楽が好きになってしまう。その意味でもこのプログラム、大輔選手の集大成の大切な両輪のひとつということになるでしょうか。祈りながら期待しつつ、夏の終わりの初披露を待ちたいです。

izayukamさん
こんばんは。
友人のMaruさんはご存じでしたか?
素早く手に入れてくださりラインで内容を送ってくれたのを
ブログにとお願いしました。
私はコピーしてしまったのですが、
書体が合わないせいかそこの修正に気をとられて、、、
Maruさんとしては、急いで要約したため内容や変換にとても
不満や後悔をされていました。
が、後から買った本を読みましたが内容が間違っているわけではないので
翻訳されて、海外のファンに届けられて大丈夫ですし
素敵なことだと思います。

そうでした彼が奏でる音楽を見ると、その音楽が輝くようになります。
プログラムが初披露されると、私たちにとってさらに特別な曲になるのでしょうね。。
その日が楽しみです。

はじめまして。
ときおり拝見させていただいております。

今回のnaoさんの記事、週刊誌の記事内容を
発売前に転載していますよね。ムムム……これは問題ありますよね。
どんな小さな記事でも見逃したくないという熱心な方が多いのが高橋選手のファン。
今回の記事のおかげで本誌を入手せずに済んだというファンの方もいらっしゃると思います。
いつも大人な記事を書かれるnaoさんらしくない行動にドキドキしてしまいました。

私はエヂィトリアルデザインの仕事をしているので、
つい気になってしまいコメントを入れさせていただきました。
お気を悪くなさらにで下さいね。
今後もブログを楽しみにしております。

くろーばーさん
初めまして。
今回のご指摘はややフライング的ということですよね。
ちょっと言い訳しますと、
23日のうちにツイッターで週刊朝日を読んだという情報がありまして
てっきり発売中と思ってコンビニめぐりをしましたが、
実際は24日に発売でした。しかし、そこの店長がコンビニで入荷し店頭に出るのが23日の23時過ぎということで、そこで手に入れることも可能なんですね。
私が記事をアップしたのが24日2時過ぎですので、まあ不当なものではないとは思っています。
私の記事を見て買うのをやめる人より
興味をもって買った人の方が多いのではないかとも思うのですが。。。

しかし、今後はもっと気を付けたいと思います。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/57852736

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊朝日 佐村河内氏コメント:

« 渇きに一滴【画像】 | トップページ | 心に引っかかり »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ