動画

お勧め

お勧め2

« AOI初日 | トップページ | アサイン »

2013年6月 3日 (月)

AOI千秋楽

http://nipponnews.photoshelter.com/gallery-image/Figure-Skating-Art-on-Ice-2013-in-Japan/G0000UX7_ImNjEwc/I0000m1bqtofrqnM

白のオープニングは華やかで心躍るものでした。

高橋の白はさわやかというより何もかも包み込むような大人を感じる白。

危険さをうちに秘めて。。。

紹介が終わってさっと鈴木選手の背後にきて肩に手を置きコートを剥いで去る

一連の優雅さ。

http://nipponnews.photoshelter.com/gallery-image/Figure-Skating-Art-on-Ice-2013-in-Japan/G0000UX7_ImNjEwc/I00001DYZMbuQskY

けれど、リンクをあがってからのちょこちょこ歩きは、リスそのものだった(笑)

鈴木明子選手。

今回のEXが素晴らしい。衣装の写真を見たときに感じた

イメージそのままで、ちょっとゾクゾクする感覚。

私は彼女がこんなイメージのものが滑れるとは思っていなかったです。

荒川さんが滑るともっとエレガントになってしまいそうだけれど

彼女はもう少しいい意味で泥臭く湧き上がる感情を表現できる人なんですね。

オーでも素晴らしかったけれど、さらに一皮向けて新境地を見つけたのではないかと思っています。これからこのプログラム目にすること多くなるでしょう。楽しみです。きっともっと良くなりそうです。

高橋大輔は、

最後の最後

フミヤ氏の歌が始まってからしばらくすると影のように現れて

けれどその存在感は紛れもなくて。。。

空間が変わったような変化を誰もが感じたに違いない。

高橋がいる空間はそれこそ

たとえば重力など関係あるのだろうかと思うような滑らかさと

スピード感。

体全体をのびやかに使う彼独特の身体表現の美しさ。

まるで水の中の魚、空を飛ぶ鳥のような

そこに存在するのが当たり前であるような生き物になる。

音楽は聞くものであるけれども、見るものになっていた。。。

目から入る音楽。

音楽は彼の演技で心に沁みこみ深く突き刺さるのです。

それはなんとも切なくて悲しくて、胸が締め付けられました。

正面に向かって両手を差し出す

上を向いて顔を覆う

両手を柔らかく優しく上げて下げる最後

http://nipponnews.photoshelter.com/gallery-image/Figure-Skating-Art-on-Ice-2013-in-Japan/G0000UX7_ImNjEwc/I0000RaaxOG7gm9E

このあたりが最高です。

特に最後ただ立ってるだけなのに、何とも言えない美しさは何かを超越した者だけがかもし出すオーラの為でしょうか。

AOIはその名が示す通り芸術的な舞台のようなショーでした。

ランビエールを核として、見事な構成や衣装やダンスは、

とても見事でどこを切り取ったとしても絵になるでしょう。

特にランビエールが演じた2プログラムのそれぞれ違った彼の魅力を魅せられ

なるほど、彼の人気の高さの訳を知った思いです。

歌と映像とダンスと演技、それぞれ素晴らしく

しかもそれらが一体となったその迫力と言ったら

もう他にかなう舞台があるのでしょうか。

(特に舞台上での何人かのダンス、その衣装がかっこよくてゾクゾクしました。)

思わず心の底で、高橋の先にあるものがこのようなポジション(ランビの)であることを願ってしまいました。

エンディングは、全員が黒を纏ってまた素敵な雰囲気です。

ひとりづつジャンプやステップ、スピンのお披露目大会。

まず羽生君が4回転、ランディングは詰まったけれど成功。

高橋、無良君は一緒に飛んで高橋は回りきったものの手を付いたか?

それから、みんなでリンクを2周し、最前列の人とタッチしてました。 4000円の差をみました。

« AOI初日 | トップページ | アサイン »

コメント

観たかったなあ!私も思わずJRの時間表見ちゃったんですよ、2日の でも夜なんて無理だから諦めましたけど、彼の滑りがますますスムーズになってそしてその表現は素晴らしくなんてみなさん言われるもんだから、よけいに観たいー FOIまで行かないつもりだったのに(チケット取れればだけど)生大輔みたーい、失礼しました、つい大輔日照りなもんでnaoさんまたおじゃまします。

naoさん
錦織くんとサッカーのゲームが終わり、アサインが出て、
デトロイトに気分は飛びながらも(笑)、少し落ち着きを取り戻し、AOIの大ちゃんをまた回想できるようになりました。

AOIの大ちゃんは、リハの動画とはまた違い、遥か遠くに連れて行ってくれましたね。
いつものことながら、naoさんが素敵にそのまま表現してくれるので、あの空間に戻ることが
できます。だいちゃんの演技でも泣くのをこらえましたが、naoさんの文章がまた、私を泣かす。。。大ちゃんはPIWの時よりも更にいい顔をしてました。

オケがまた意外によくて、ティンパニやハープやオーボエがいい味をだして、フミヤさんと、スケーターが呼応して、素敵なショーでした。あれはそれぞれの方がお互いをリスペクトして生まれるものでしょうか。
放送だと、どんな感じになるのか。どの回?楽だといいな。それも楽しみです。

フィナーレは観客は立って手拍子になったのですが、背の低い私をお隣りの大ちゃんファンと思われる背の高い方が、何度も、見えますか?と気遣って頂いて、お隣になる大ちゃんファンはいつも良い人だと、また感動したのでした。

また名前忘れちゃいました。すみません。。

順子さん
こんばんは。放送は見ましたか?
素敵だったですよね。
早く生大輔見れるといいですね。

striataさん
こんばんは。
素敵なコメントありがとうございます。
さすが音楽をやってらっしゃる方は見る、いや聞くところが違いますね。
そうですね、生演奏の贅沢なこと。。演奏も良かったんですね。
ほんとにお互いがリスペクトしているからこそ
素晴らしいショーになったのかなと思います。
それと、優しい高橋ファンのお話、あったかくなりますね。
私はこのショーはstriataさんのおかげで行くことが出来ました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/57517707

この記事へのトラックバック一覧です: AOI千秋楽:

« AOI初日 | トップページ | アサイン »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ