« 松平君、惜しい! | トップページ | 1989-1990生まれ »

2013年5月21日 (火)

伊藤みどり選手Adult International

(お借りしました)

アメリカで開催されたAdult International 2013

の伊藤みどり選手の演技「篤姫」

やはり海外ではすごい人気なんですね。

愛されていますよね。応援を聞いていると誇らしささえ感じます。

2位に12点差でのぶっちぎりの優勝です。

トリプルジャンプの加点が凄いらしい。

正直、昔はそこまで凄いとは思っていなかったのです。

高橋から入ったフィギュアスケートの世界ですが、

この世界に目が向くといろんな動画を見たりして、、、、

いかに彼女が凄かったかを認識することになりました。

彼女の絶頂期のジャンプ、あれ自体が素晴らしい芸術です。

(つなぎや演技力だって思っていたほど悪くはなかった。)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/headlines/article/20130519-00000072-kyodo_sp

彼女ほどのスケーターはもう出てこないかもしれませんね。

高橋大輔もまた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 松平君、惜しい! | トップページ | 1989-1990生まれ »

コメント

naoさん、こんばんは。アップありがとうございます!

なんだか泣けます。そしていつも、滑っているみどりさんをみると最高に幸せになります。とてつもないジャンプ、彼女のレベルを凌ぐ、いや、並ぶ人もまだ出てきてませんけれど、でもそれだけではなかったと思います。彼女のスピンやスパイラルも大好きでした。そして氷上の存在そのものが人の心をあったかくさせる。

>彼女ほどのスケーターはもう出てこないかもしれませんね。
>高橋大輔もまた。

200%異議なし。

naoさん、こんばんは。
遅くなりましたが、振付師の記事とかCNNとかありがとうございました。とても興味深かったです。少女マンガも、ポーの一族は私も大好物です。全巻持っていましたよ。

伊藤みどりさんのカルガリ五輪、私はヨーロッパで見ていました。実況も解説も絶叫していました。当時私はすごく辛いことがあって、何だか涙が止まらなかったのをよく覚えています。

我々一般のファンがフィギュアスケートに求めるもの、それは感動なんですよね。これはnaoさんが教えてくれた言葉です。本当にその通りだと思いました。
誰かさんは、フィギュアスケートの選手に必要なものは華やかさだと言っていましたね。それはもちろんその通りです。そこに付け加えれば、その中で頂点に立つ者は、他を圧倒する何かを持っている選手だと私は思います。

みどりさんは、あの誰にも真似できない高い見事なジャンプで、世界中を圧倒しました。ただ彼女が世界で愛された理由はそれだけではないと私は思っています。
彼女は特に難度の高いジャンプを降りた瞬間、満面の笑みを浮かべるんです。ノーミスの演技ができた時には、最後のジャンプを降りた時にガッツポーズまで飛び出す。ジャッジが求める表現力とは違う部分ですが、そういう感情の放出、彼女のパーソナリティが世界で愛された理由だと私は思っています。

今の現役選手で他を圧倒する何かを持っている選手は、みどりさんのそれとは種類が違いますが、リンクを舞台に変えちゃう人、だからCNNも取材に来るというわけです。やはり2度と出て来ない選手でしょうね。

PS naoさん、この大会はアメリカではなくてドイツで行われたものです。あとみどりさんはさすがにトリプルジャンプは跳んでいませんが、質のいいダブルジャンプを跳んでいます。演技前、ドイツなのに何故かフランス語で頑張れ!の掛け声が聞こえます。

izayukamさん
ああ、そうなんだか泣けました。
時々、頭はそうでもないのに泣ける時があって
自分て分からないと思う時があるのですが、この動画もそうだったな。
あったかいのか、、、そうなのかも。。。
ありがとうございます。

erdbeereさん
こんにちは。
う~ん、そうね。お久しぶりだわ。

解説者の絶叫か、、、ゾクゾクしますね。
私もTVで見てた記憶はあるのですが、日本の解説にはゾクゾク感はなかったような気がします。
何かを見て泣くとか、、、たとえつらいことがあったにせよ
それは心にとって大事な、贅沢なことで、それは自分の感性が豊かだと
確認できる素晴らしいことだと思うんです。
だから、その思い出はちょっと羨ましい。

ジャンプを降りた時のガッツポーズは邪道だと思っていましたが
確かに彼女の場合は、嫌みもなく愛らしい感じですよね。

あらら、すいません。
先に言って。ドイツでしたか。
国別でも聞いた応援の言葉でしたね。フランス語か。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤みどり選手Adult International:

« 松平君、惜しい! | トップページ | 1989-1990生まれ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ