« Daisuke Takahashi interview &フレンズ日程 | トップページ | PIWが終わりました。 »

2013年5月 3日 (金)

プリンスアイスワールド2013 5/3

(お借りしました)

5月3日11時公演

取れないと思って諦めていた高橋出演の日のチケットが運よく手に入り行くことが出来ました。

教えてくださったSさま、この日の午前をとってくれたeさま、ありがとうございました。

スポットライトに照らされて、さながら月光に照らされて踊る高橋を見ることが出来てとても幸せでした。

私の手はずっと祈りをささげるように両手を握りしめたまま、、、

ほんとに感謝します。

Takahasi
(絵が上手く撮れてなかった。もっと濃い感じに描けていたんだけれどね。

間にあわせるのに必死で、手元に残すものがちょっと良くなかった。)

(また描こうと心に誓った)

しかし、私が感動したのはこれだけではありません。

今年の古澤巌氏の生演奏のロクサーヌには痺れました。

次々に演奏される3,4曲はどれも素晴らしくて泣きそうになった。

曲目は詳しくないので、詳しい方に聞いておきます。

それとさらに素晴らしかったのが町田樹選手のEXです。

青の衣装に片手に赤の手袋が、ゾクっときます。

この曲が白夜行?なんて切なくて耽美な曲で、それ以上に心がこもった演技なんだろうか。

後で聞いたとことによると自分で振付けたとか、、、、

才能ありますよ、樹くん。

村上佳菜子選手はゾロ。

鈴木明子選手は新EX。

荒川静香選手はオペラ座。

無良選手は新EX。

本田さんも素敵な曲で滑ってくれました。(また少し絞ったかな)

ふれあいタイムは、初めの方だったし、意外に選手がいっぺんに来てしまって

ひとりずつゆっくり声をかけて握手、写真というのが難しかったです。

特に、今回も高橋には絵を渡さなければいけないものですから、 もう焦りまくりました。

今年は友人が隣に居てくれたので心強かったけれど

ちょっと、急いでる感じがあったな~

南から東あたりはまだばらけてゆっくりしていたような。。。

ちょっとリベンジしたくて北に戻ってくるのを待つことにしたのですが

そこでいいお写真が撮れたので良かったです。

(高橋はもう一度とは行きませんでしたけれど)

後半の方がなんとなく皆ゆっくりしてお話もしてくれましたよ。

私の相方がしゃべるしゃべる。おかげでポーズ付き写真が多い。

Photo

今年はパステル画、、、色つきにしました。

パステル画は、2年ぶりくらい。久々に書いたけれど、、、何にしても情熱。

描こうと思えばかけるもんです。

でも、もっと迫力があるんだよな。

しかし、絵の魅力はイメージを描けるところです。

かっこよく言うと世界観。

「道化師」から感じる夜または闇、、、禍々しさ、、、怒り、、、、

それに彼自身のイメージの月は外せない。

私の中では高橋は月なのです。

夜の闇に輝き、その存在感は見る者に安らぎを与え崇拝され共に畏敬される。

一見華やかであるけれど、闇の中でその存在価値の大きさを見せつける。

彼の内面から醸し出される切ないもの。

それは一体なんなのか、、分からないけれどそこに魅かれるんですよね。

Photo_4

渡せました~!

笑ってくれてたんだね。まったく頭真っ白ですよ。

Photo_6
オーのポーズ。優しいあっこちゃん。

Photo_13
友人が辞めないでね~と言ったけど、苦笑いだったな。

Photo_14

今日が出産予定日なのだとか。。。!

Photo_16
町田樹くん、ポーズをお願いしました。

男っぽく精悍な感じになりましたよね。

しかし、今日の演技は素晴らしかった。うん。

Photo_15

友人の質問に真剣に答える荒川さん。

凄いなぁ。。。

安藤美姫ちゃんが見に来てました。

彼女にも出て欲しかったな。

あと、鳩山夫妻もね。

Img_1374_300x400

 

« Daisuke Takahashi interview &フレンズ日程 | トップページ | PIWが終わりました。 »

コメント

nao様の絵も素敵だし、そのnao様の絵を持って、微笑む大ちゃんのお顔が素敵でした。お写真見せて頂きまして、ありがとうございます。私は何も芸を持ち合わせていませんので、才能のある方が羨ましいです。私は明日午前公演と午後公演見に行ってきます。ふれあいタイムで、明日も午前は月光を滑ると聞きだして下さった方がブログあげてくださっていたので、今から楽しみすぎて寝れません。ブエノスアイレスの春は、本日がラストだったそうで、明日の千秋楽は何を滑るのか内緒とのお話でした。今回は、4月にEX取っていたので、5月はふれあいタイムに参加できる席ではない遠い席しか入手してないのですが、とりあえず、頑張って見ます。

naoさん、コメントはお久しぶりになってしまいました。PIWお疲れ様でした。


夜の闇に輝き、その存在感は見る者に安らぎを与え崇拝され共に畏敬される。

一見華やかであるけれど、闇の中でその存在価値の大きさを見せつける。

彼の内面から醸し出される切ないもの。 


そうなんですよ~、私などには逆立ちしても出て来ない素敵な文章。
絵も素晴らしいです。お写真ありがとうございました。

Naoさん、こんにちは。いつも情報や動画のUPありがとうございます。

PIWで「月光」見られたのですね!羨ましい限りです。
最後のポーズの突き刺すような眼差しがたまらなく魅力的です。
そして自作の絵、素晴らしい。冷たい月の光に浮かび上がる黒い道化師。
舞い散る黒い羽根が効果的ですね。無事手渡せて良かったですね~。
Naoさんの絵を持って微笑む大輔さんの写真を見られて私も嬉しいです。

>彼の内面から醸し出される切ないもの。
>それは一体なんなのか、、

そう、それは一体なんなのでしょう・・・
何か彼の瞳の奥底に一抹の暗い哀しみのようなものを感じてしまうのですよね。
「分からないけれどそこに魅かれるんですよね。」ねぇ、そうなんですよねぇ、困ったもんだ。
深いから暗いのかもしれない。 

陰翳礼讃。久しぶりに読んでみよ。

naoさん、こんばんは。

月光をバックに道化師の羽が舞っている・・・。素晴らしいイメージをありがとうございます。、しっかりと渡せて、よかったですね!!!彼のにっこりと、ちょっとだけ照れたように笑っている顔も嬉しいです。彼の右頬のえくぼはnaoさんひとりのものなんですよ!羨ましいなあ。

演じてくれたのが月光。それもよかったですね!すばらしい演技だったとかで、羨ましいです。(何べん言うんだ) 分からないけど魅かれるもの・・・それをわかりたくて、わからない方がいいような気もしてただ浸っていたくて、ずっと見ています。

naoさん、こんばんは。
私もコメは久々ですみません。

naoさんの語りは、大ちゃんの演技が深みを増すとと共に、どんどん深淵に私の心に刻まれます。今回の月光を見ていれば、もっと打ち抜かれていたかも。。。
3日の午後だったので、ちょっとだけお疲れピアソラでした。でも大ちゃんは常に気持ちを込めて滑ってくれるが、よーくわかるので、それでまた惚れてしまいます(笑)

今回のPIWは古澤さんのバイオリンでまた盛り上がりましたね。彼のバイオリンを初めて聞きに行ったのが、まだ8年前くらいでしょうか。変わらずおしゃれなスカーフを長いままにバイオリンと顎の下に挟んで、そしてスケートを履いての演奏。

ニューシネマパラダイス愛の歌に始まり、ロクサーヌ、そしてリバーダンス。
ニューシネマパラダイスは私も楽器で弾いたことがあるので難しいけれど大好きな曲。心に染みます。
生でのロクサーヌは初めて聞いたので感動でした。低音が効いて素晴らしかった。
古澤さんはアイリッシュ系もお得意なのでリバーダンスも素敵でしたね。
古澤さんのバイオリンとスケートを同時に楽しめて本当に楽しいひと時でした。

そのあと、こちらでnaoさんの語りとゾクッとするような絵も同時に拝めて、またまた感動してます。絵にも惚れてしまう~(笑)

スカーフはバイオリンと肩に挟んで、ですね。変な訂正すみません、、、

ミムミムさん
お返事遅くなってすみません。
午前の月光と千秋楽が見れて良かったですね。
やはり楽日は何かとお得感がある感じがします。

私の絵は思い込みが激しいものですし渡してお写真というのも
自己満足ではあるのですが、彼は絵を理解できる人種だと思っているんです。
ちらっとでも見て貰えればいいなぁと。。。
ほんとに自己満足ですいません。でもちゃんと笑ってくれるのは嬉しい。

erdbeereさん
いやいや、そんなことないです。

それにしても、このPIWではお世話になってありがとうございました。
私ひとりでは、あのようにポーズをとってもらう写真とか取れてませんよ。
心強かったです。
ありがとうございました。

ミロクさん
月光、、、願いがかなって照明付きの月光を見れました。
絵のこと、一緒に喜んでくださってありがとうございます。

舞い散る黒い羽だけに抑えました。
ほんとは骸骨などどうかなと考えたんですが、、、ふふ
時間もなかったってのも理由です。
彼の道化師は、怒りと嫉妬なんですけれど(私の中で)
もう少し不条理な愛の悲哀を表現が欲しかった。。。いや、分からないや。
高橋にとって、この道化師って意外と単純なテーマだったんじゃないかなと思っただけです。

>何か彼の瞳の奥底に一抹の暗い哀しみのようなものを感じてしまうのですよね。
そうなのよね。そこに魅かれるのよね。

陰翳礼讃って、谷崎潤一郎か、なるほど。

izayukamさん
はい、渡せて良かったです。
緊張しました。。。
どうしてあんなに声が出なくなるんでしょうね。

笑ってくれたのも覚えていない。
握手は何とかしました。

>わからない方がいいような気もして
そうかも分からない方がいのかもしれませんね。

striataさん
お返事遅くなってすみません。
いやいや、そんなことないですよ。大したこと書いてないし。

3日の午後はピアソラ。滑り収めだったとか、それはそれで貴重かもしれません。
今回は2日とも午前が月光でしたね。全部月光にしちゃえば良いのに。

それより、曲目を教えてくださりありがとうございました。
音楽に疎くてとてもありがたいです。
ロクサ-ヌはもちろんですが、他の曲もホントに素敵。
生演奏、それも好きな曲だとホントに心に沁み込みます。

私の絵に最大のほめ言葉をありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/57303168

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスアイスワールド2013 5/3:

« Daisuke Takahashi interview &フレンズ日程 | トップページ | PIWが終わりました。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ