動画

お勧め

お勧め2

« メッセージ更新 | トップページ | 今日の情報 »

2013年4月17日 (水)

ヘンリー四世

ヘンリー4世

さいたま芸術劇場

http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2013/p04_henry.html

掲載誌

http://www.saf.or.jp/press/044/index.html#page=7

 

蜷川さんのシェークスピアシリーズの27弾ですが

私は全部みるというわけではなくて、

主にはオールメールシリーズが好きで見てます。

しかしこの「ヘンリー4世」はそうではなくいわば正統派のもの。

今回は今勢いのある松坂桃李出演というのがきっかけで見ることにしました。

長い公演時間でした。

18時に始まって終わったのが約22時半。

前半、後半それぞれ2時間ずつといった配分になるわけで

2つの劇を見るに等しい時間だったが

内容的にも2つと言ってもいいのかも。。。

第Ⅰ部

舞台はイングランド。

ヘンリー4世は国内の貴族にくすぶる王への不満が深刻なる一方

世継ぎの長男ハル王子は飲んだくれのフォルスタッフやその飲んだくれの仲間と

居酒屋に入りびたり放蕩三昧の日々をおくっていた。

やがて謀反が起きるとハルは、父王から鎮圧軍の指揮を命じられる。

フォルスタッフとともに出陣し鎮圧に成功する。

第2部

先の戦いで功績を認められたフォルスタッフだが、相変わらずいい加減な

生活を送っていた。

一方のハルはヘンリー5世として即位し、その祝いのパレードに意気揚々と駆け付けたフォルスタッフだったが

彼にハルは冷たく突き放す。

 

相変わらずのセリフの大嵐。いや~吉田剛太郎、さすがです。

やや、噛んで、間違えても、鋭いアドリブで巻き返す。

そして、対する松坂くんもなかなか頑張っていたと思います。

背が高くて顔が小さい、、、小栗旬を思い出す。。。

このシェークスピアシリーズは、このスタイルのいいイケメンに中世の衣装を着せてくれるのがとてもいい感じ。男子もドレス的なひらひらを床に擦らせてとてもかっこ良いのです。

一方では庶民の生活の対比もあって、そんなところも風刺が効いているのかもしれないが

分からない、いつも分からない。

分からないけれど、この空間は気持ちがいい。

 

« メッセージ更新 | トップページ | 今日の情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/57194479

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンリー四世:

« メッセージ更新 | トップページ | 今日の情報 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ