« 【鈴木明子のHAPPY SKATING】2月27日 | トップページ | 予想 »

2013年2月28日 (木)

つぶやき?

高橋大輔不足の皆様、どうお過ごしですか?

一度だけ見たあの「月光」は、まさしく心の中の暗い闇に青く輝く月のようです。

4cc35

四大陸での失速は、確かに失望も落胆もあったけれど

それでも彼の素晴らしさは分かっていることで。。。

ああまたかと思う彼らしさにほっとけないという感覚と

そしてうなだれる彼にまたさらに魅力を感じてしまう方も多かったのではないだろうか。

彼にはいろんな感情を抱かせてもらっている。

だってノンナだし、ひろみだし(笑)

強すぎては主役にはなれない。

弱さ、情けなさを見せて、そこからの復活こそが観客の気持ちを掴むのだ。

これはもうよく出来た脚本と言ってもいい。

4cc57

SPのことはフィギュアにとってはとてもオーソドックスな、

多くのスケーターが滑ってるということなので、そういう意味では難しいかと思うけれど

振付が完璧に彼のものになったら、素晴らしいプログラムになるに違いない。

(こんなことみんな思ってるよね)

「月光」はフリーと違ってストーリーがないわけだし、彼も音楽になって滑ってるだけだと

(いつもだけど)言ってることからして、あのベートーベン的な衣装はやっぱり違うと思うのだけれどね。

やはり彼には暗く苦悩に満ちた曲調が似合う。

彼の内面から醸し出す切なさは、理屈では説明できない。

あの絶妙な間のとり方はぁと。。。ほんの一瞬の手首の首の視線の動きだったり

その角度だったりするわけで。

スローにして、静止してじっくり分析でもして解明したいけれど。

やたら時間はかかるし、再現は彼以外無理だろうね。

役者のように見えても彼は演じてはいないのだ。

曲のイメージを感じてその世界観を表現しているだけ。

だけど、そんなプログラムこそ余計観客にとって想像を掻き立てるものなのだ。

もう少し彼自身のイメージをはっきりさせてくれたら凄いものになる、と思う。

4cc23

以前から私は高橋から「月」を感じていたので

この「月光」はとても楽しみです。

静かな夜空に輝く青白い月に照らされて

深き森に水面を煌めかせる群青の湖

という絵が浮かぶ。。。

4cc20

4回転は、やたらプログラムに入れてくる選手が上位に入ってくる時代には、

ともかく跳ばないことには勝負にならない。

彼が不調なのもすべては4回転不調から来ているわけで、

あの素晴らしい流れるような演技を考えると残念だ。

高橋の4回転とはこだわりというよりも勝つための手段だと思うから。

けれど逆に4回転が完璧になったら、誰にも負けない。

4cc37

4cc19

コメント返しもままなりませんが、、、

適度にほっといてくださっていますよね、多分。

ありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 【鈴木明子のHAPPY SKATING】2月27日 | トップページ | 予想 »

コメント

naoさん、こんにちは。

一度だけ見たあの「月光」は、まさしく心の中の暗い闇に青く輝く月のようです。

静かな夜空に輝く青白い月に照らされて

深き森に水面を煌めかせる群青の湖

という絵が浮かぶ。。。

何て素敵な文章。うっとりしてしまいます。

大輔不足の日々はお決まりの動画巡りですが、スワンやマンボで度肝を抜いてくれたり、eyeやvasなど誰も使ったことがない曲で、新しい世界を見せてくれたりした彼が、こういうあまりにも有名な曲をやる時、ただ美しいだけではもう世界のファンは満足してくれない。髙橋がやると、月光もこうなるのかと唸らせるくらいのもの、そういうものが期待されてしまうのでは?と最初曲名を聞いた時は、楽しみ半分不安半分でした。

でも、たった1度だけ見た月光は、新たな可能性を感じさせるものでしたね。naoさんがおっしゃるように、彼自身のイメージがはっきりしたらすごい作品になるでしょう。世界選手権を楽しみに待ちたいと思います。

私は銀盤に現れた幻想的な月の光のようなものを感じましたが、人によっては恋する人を想うベートーヴェンその人を思い浮かべたかもしれないし、聴力を失いつつあったベートーヴェンの無常感みたいなものを感じた人もいるかもしれません。
髙橋選手の演技には、文章でいうところの行間のようなものがあります。彼の動きの中に、おそらくは本人が意図しているもの以上の何かが溢れ出す。手の動き?首の角度?彼の心?わかりません。

アスリートの魂の番組ページの応援メッセージがすごい数で、それぞれの内容も熱くて、こんなにたくさんの人を虜にする何かを持っている人なのだということを再認識しているところです。

また、心を掻き立てられるつぶやきを・・・。私も文章にうっとりしました。
本当はもう、付け加えることは何もないです。でも、コメントを入れたくなってしまう。

新しいSP、ああ、やっぱり音を表現する、奏でる音を滑り分けてしまうスケーターだ、と思いました。演技を見て、高橋大輔に、ピアノの音で滑ってもらいたかったんだなあ、と気付かされました。ジャンプで気持ちが萎えているに違いないのに、それでもふと寄り添うような軽やかな音も、叩き付けるような硬い音も、みんな拾って、形にして見せてくれる。そして、この曲はこういう音楽なんだよ、とあらたに分からせてくれるのも、余白の部分を残して見るものが自分が見るイメージを投影することを許してくれるのも、やっぱり大輔の醍醐味。

そして、月光。本当にnaoさんの仰るように、大輔さんに似合うテーマですね。ノクターンやLuv Letterが好きなのも、そのイメージが重なるからかもしれません。今回はそこに重さや深さが加わって、そしてそれが競技プロになってくれているのが嬉しい。熟成する時間が限られているのはつくづく残念ですが、世界選手権楽しみです。

>強すぎては主役になれない。

そうだったのか・・・。目からウロコ

erdbeereさん
わたしも最初はベートーベンの恋みたいなイメージだったのですよね。
でも総べては彼の世界観がプログラムを作り上げていくでしょうし
それがどういうものであろうと、それは必ず素晴らしいものになるに違いありません。
それは分かっています。
ただはっきりイメージを持つことが大事だと思う訳です。

あまりちゃんとしたコメント返しになっていませんが、、、

彼の間のようなものは、そうですね。。。
彼が意図してるわけではなくて、やはり醸し出される妖艶さや色気みたいなものでは。
間は色気、切なさ、哀愁、、そんなものを感じさせてくれます。

izayukamさん
いやいや、付け足してください。

>この曲はこういう音楽なんだよ、とあらたに分からせてくれるのも、余白の部分を残して見るものが自分が見るイメージを投影することを許してくれるのも、やっぱり大輔の醍醐味。

素晴らしいです、、、同感です。

ピアノの旋律も彼にぴったりきますね。
世界選手権が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/56855386

この記事へのトラックバック一覧です: つぶやき?:

« 【鈴木明子のHAPPY SKATING】2月27日 | トップページ | 予想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ