« 14日の悲劇 | トップページ | 興味 »

2013年1月15日 (火)

SOI2013

(後からテレビ録画を見て思い込みの部分修正しました)

http://www.tv-tokyo.co.jp/soi2013/index.html

このスターズオンアイスで一番印象的だったのは、

オープニングです。

ここは、ジェフリー・バトルの振付だそうで、

王子様キャラの正統派かと思いましたら、とてもモダンな前衛的な振付ではと感じました。

すごく気に入りました。

才能感じます。高橋の振付とかどうでしょう。。。

高橋も大好きなスケーターだと解説で言ってました。

ああ、羽生君のSPはジェフリーでしたね。

男女が黒の衣装で、モダンな音楽と印象的な身体の動きとポーズは

コンテンポラリーダンスの様でドキドキして楽しかった。

そしてすべての構成を統一する象徴の傘。

ここでは1本のピンクの傘。

もう一つ印象敵だったのは、第一部でやっと出てきた高橋が加わるグループナンバー。

これもジェフリー!

綺麗で豪華な、それでいて華やかさよりも優しく暖かく静かな演技でした。

あの中にあっても、彼の優雅な身体の動き。。。

大きな振付を感じないけれど、ほんの些細なしぐさに品を感じます。

ターンするときの首の傾げ具合と頭よりやや先に出る肩の角度やらが絶妙。

柔らかな腕の、そして指先の動きは自然だけれど、これも隣の女子より

絶対きれいだ。

この日は、すべての出演者はほぼミスのない素晴らしい演技でした。

そのなかでもジョニー!「Swan Lake」完璧。

華麗で妖艶さもあるのですが、とても強く美しいという印象です。

まるで夢の中で演じられている劇を見ているようです。

彼も枠に収まらない別次元の人ですね。

待ちに待った2部に登場の高橋大輔は

外の雪も解かすような演技、、、なんと「マンボ」

ちょっと意外で、ちょっとがっかりはぬぐえないけれど、、、

マンボの生は久々だったし、4回転もアクセルもあって、

そして何より前より余裕がある素敵演技。

黒で胸元が大きく空いた衣装がセクシーだ。

けれど後から見たテレビ放送のミヤソラは無敵だね。

一連の自然な流れはフィギュアスケートの演技とダンスと、、、

はたしてそんな言葉で言い表せるものなのかな。

ジャンプのストレスから解放され、好きな音楽に身を任せ

魂で滑る彼を見ていると、こちらの魂まで揺り動かされる。

彼はどこにも分類できない。

ジョニーが言った高橋大輔は高橋大輔だから。

カート演じる「雨に歌えば」は

昔見て感動した映画そのもので驚いた。雨にもね。

最後にまた傘を使ったエンディングがまたモダンで素敵だが

オープニングほどのゾクゾク感はない。

皆で傘を持って登場し、その後はスティックとして効果的に使って

いる振付が見事。

衣装が赤と黒、、、、あいさつの為に出てきた選手たちの衣装も、

赤と黒に統一されており、まさに洗練されたショーだった。

全員でのご挨拶とリンクを回って終わりとなったが、、、、

拍手で、戻ってきた選手たちと共にケーキが入場。

ここでカートが高橋と真央ちゃんを連れ出し

説明するのを、なんと高橋が通訳するという大役を任されました。

それがとても大人の対応で上手に訳しており

皆、口々にこんなに成長して感慨深いと言っておりました。

皆でハッピバースディソングを歌うことになって

マイクを持った高橋の歌を聞くことが出来たという貴重さ。。。

これが吹雪の中、来た甲斐があったというものなのでしょうね。

それから2,3回写真撮影があって終わりとなりました。

あっという間ですね、、、夢の時間は短いものです。

しかしね、私には夢の続きがあったんです。

なんとジョニーの「ミート&グリート」に当選したのです。

生ジョニーはそれはもう美しくて、優しくて、繊細で、紳士的いえ、淑女のような品のある人でした。

思ったより大きくない細いというのが第一印象。

滑っていると大きく感じるのですね。。。

最初のご挨拶は、今日の出来にとっても満足していて、それを皆さんにお見せ出来て大変嬉しいとのことでした。

ひとりひとりとハグをしてくださって、写真撮影の時の物腰の柔らかさ、ファンを大切にする

態度を感じます。

私もハグをして、簡単な言葉を並べて、一方的に話して、、、、八ッピーとか(笑)

サインをもらって、ポーズ付けた写真を撮ってもらいました。

「スワン?」と彼が聞いたので「イエス」と答えましたが、

後でお友達が、あれは真央ちゃんのスワン?って聞いたんだよと、教えてくれました。

簡単なポーズだけれど、やはり素人は、様にはならないと実感しました。

恥ずかしいのでお見せできません。

それから、待ってくださった大切なお友達と合流して

お食事して帰って来たという訳です。

多分、今回のことで彼女も心配してくださったようです。

izayukamさん、皆様、楽しい時間をありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 14日の悲劇 | トップページ | 興味 »

コメント

naoさん こんばんは。
昨日は本当にお疲れ様でした。ホントに真駒内の気候より辛かった。。。
でも行った甲斐がありました。

naoさんの自然に溢れた感じの文章はやはり絶品ですね。
自分の目で見たものをより一層キラキラと思い出すことができます。
私は上の方から見下ろす席でしたが、グループナンバーも全景が見えてよかったです。
カートの「雨に唄えば」は以前よりも更に磨きをかけた感じで、感動しました。
大ちゃん、ジョニー、カート、真央ちゃんの演技と表現力は、遠くからでも心に響きます。
実は全景が見えるミヤソラを楽しみにしていましたが、まさかのマンボ(笑)
いえ、クワドも含めて美味しく頂きました。アクセルは美しかった!
大ちゃんの通訳や、わずかなフレーズでしたが、ハッピーバースデーを歌う大ちゃんの素敵な歌声。
外は吹雪の中、幸せな午後のひとときでした。

大阪もとても素晴らしかった。でも……東京ズルイ。 

なんて行けなかった人には申し訳ない愚痴ですけど。

naoさん、本当にお疲れ様でした。
あのひどい天気で、濡れた身体のまま入ったこれまた寒い会場でしたが、さすがに世界最高峰と言われる、洗練されたお洒落なショーを楽しんで、いろいろな方にお会いできて嬉しかったです。ありがとうございました。
naoさんの感想、美しくて的確な表現、さすがです。

私的には、あの日はマンボでよかったです。とにかく凍えていましたから、あのねっとりとした暑苦しさに、少しは温まれたような気分になりました。
ジョニーを見ていると、SMAPの歌じゃないけれど、No1にならなくてもいい、もっと特別なオンリーワン、彼にしかできない特別な世界を見せ続けてほしいと思います。そんな彼のスタイルを支持してくれるファンをすごく大切にしている、誠実な人のように感じました。
彼もまだまだ頑張ってほしいですね。

雪大変でしたね。でも良いショーも観れて良かったですね。
実は私も大阪のSOI長男と行く予定にしてましたが 昨年末より母が少し体調くずしてまして まあ親孝行婆孝行と言うことでずーっと家にいました。
またショーなら行けるだろうから でもみなさんのコメント読んでいたらやっぱり行きたかったな けれどこれからの1年ソチまでの高橋の試合は常に気をはってます 彼がどこまで進化するのか見届けていきたい 彼はライバルによってもっと高い頂上に登るだろうから

naoさん こんばんは!
お疲れさまでした~!
そして素敵な感想、ありがとうございましたlovelyさすがnaoさんshine

驚きと感動連続のSOIでした~heart01
いきなりの大雪、そして洗練された素敵なグループナンバー!ジョニーの素晴らしいスワン!striataさん同様まさかのマンボ(笑)、大ちゃんの通訳に歌声!
そして皆さんともお話でき、とても楽しく夢のような1日でしたheart04
その上、naoさんたち、ジョニーとハグなんて!
うらやましい~!
世界最高峰のショー、日本でもああいうショーができるようになったら、スケートファンも増えるだろうなあ。

Naoさん
大雪のなか大変でしたね。
でも先ずはご無事でご帰宅よろしゅうございました。

東京公演千秋楽はうれしいサプライズがいろいろあったようですね。
特に大輔さんの歌声が聞けたというのは実に羨ましい!
声ですよ、声!歌声!・・・すみません声フェチなもので取り乱しました。
さらに胸元が大きく開いた黒シャツ「マンボ」!
うわ、想像しただけでR指定ですよ、駄目ですよ!

私は大阪公演2日目に行きましたが、
オープニングよかったですよね~。なんか不思議な感じで。面白かったです。

大阪では大輔さんのピアソラが見られて良かったです。
是非生で見たかったのです。一度でも、と思っていましたが何度でも見たいです。
会場ではリンクに近い席ではなかったので、TVで表情を見てゾクッとしました。
挑むような見下すようなあの眼差し・・・!!
できれば演技終了後の挨拶も笑わずにあの眼のままでいて欲しかった。

もう多くは語りますまい。高橋大輔、底知れぬ魅力。

うわ~・・・
またやってしまった・・・
00:43投稿のコメントはミロクでした。ごめんなさい! 
m(_ _;)m 平謝り・・・

naoさん、今回はいろいろとありがとうございました。(無事帰りました)お会いできてとても嬉しかったです。

全部すばらしい言葉で解説してくださってありがとうございます!当然でしょうけれどビジュアルの描写が的確でうれしいです。おかげで大切な場面をあざやかに覚えておけます。

私もゾクゾクしました。あの最初のグループナンバー。千秋楽は大体どの選手も二日前に見た土曜日のバージョンより良かった気がします。気合が入ってたのと、会場に慣れたんでしょうか。見せてやろう、という気が充溢していました。特にこのオープニング。・・・男子が体を反らせながら足を運ぶときのあの「ぬる」とした感じに幻惑されました。大ちゃんの滑ったグループナンバーは、あれ以来あの音楽が頭のなかで鳴り止みません。派手じゃなく包み込むような統一感にいつまでも浸っていたかったです。大ちゃんの存在の際立っていたところは、本当にnaoさんのおっしゃる通りですね。

そしてスワン、どうした?というぐらいジョニーの演技が土曜日から変貌していました。限りなく美しく、思いがけないほど力強く。彼の得体の知れなさとか、ややキワモノ的なものを期待していた私は、座りなおしてまじまじ見てしまいました。競技復帰からの怪我、今季は全米をふくめてもう競技には参加しないということですが、怪我をしっかり直しての来季に期待してしまいます。

大ちゃんの土曜日ミヤソラは、すべてのジャンプが完璧、最後のスピンが強烈でした。このプログラムでは、(私の個人的意見では)パートナーと踊っているなんてのではなくて、ひとりで踊り呆けている、嵌まり込んでイッちゃってる時の大ちゃんが大好きです。観客に意識的にアピールする瞬間よりも。でもアピールと言えば、あの最後のポーズで時を止めてしまいたかったです。楽のマンボはびっくりでした。今になってマンボが生でみられる、しかも全部、しかも4Tつきバージョンなんて、と興奮しすぎて胸のはだけ具合しっかり見ていませんでした。(しまった。)国別で失敗した私のDスキな腰フリがあるかどうかに気をとられ・・・。(ありましたね♪)東京の楽にTVカメラが入らなくて残念でした。

お会いできた皆様、いろいろとありがとうございました。皆様のおかげで、素晴らしい日本滞在になりました。

striataさん
まさかのマンボ、、、
でも良かった。歌声も聞けたし。
私もstriataさんにお会いできてよかったですしね。

erdbeereさん
いやいや、erdbeereさんこそ上手いですよ。
そうやって人を乗せて書かせようと、、、書きますけれど。。。

なかなかお洒落で楽しいショーでした。短かったですねぇ。
もっと見ていられます、、、寒いけれど。

マンボのねっとり。そうですね、確かに熱い。
ちょっとあの衣装が懐かしかったかも。

ジョニーもオンリーワンです。誰にもまねできない人です。
素敵な人でした。

順子さん
お母様のこと、大変でしたね。
どうぞお大事に。

そうですね、高橋は進化し続けます。
だからライバルは必要だったのですね。

tamaさん
そんな~tamaさんまで。。。大したこと書いてないのに、恥ずかしいですよ。
私も、皆さんと一緒で楽しかったです。
あの大雪でひとりだったら、ちょっとしょげていたかもしれません。
大雪と共に、マンボ、通訳、歌声と記憶に残るショーになりました。

ミロクさん
私もピアソラが良かったのですけど。
歌声付だったからまあいいかなと。
上手かったですよ、歌。一小節でしたけどね。


>挑むような見下すようなあの眼差し・・・!!
できれば演技終了後の挨拶も笑わずにあの眼のままでいて欲しかった。

同感です。
あの眼差しの人はどこに行ったのだろうかと思ってしまう。

izayukamさん
そんなことないですって、、、褒めすぎ。
izayukamさんこそ、文章が上手いし、感想も完璧です。
もしブログでも書き始めたら
翻訳も出来るのだし、私など足元にも及びません。

今回はizayukamさんにお会いできたことが大きな出来事でした。
もしizayukamさんが喜んでくださってくれたなら私も嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/56549754

この記事へのトラックバック一覧です: SOI2013:

« 14日の悲劇 | トップページ | 興味 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ