« コラムなど | トップページ | つぶやき36 »

2012年12月27日 (木)

舞台『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』

http://www.goemon3.com/zipangpunk.html

Mainvisual_07_2

劇団 新感線 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』

の舞台を見てきました。

まず、言いたいのは、三浦春馬君とてもよいということ。

歌、ダンス、殺陣、素晴らしい。

地球ゴージャスの2公演に出ていたのは知っていましたが

これほど上手いとは、、、いいね。これからが楽しみです。

五右衛門ロックはね、いつもうるさい(笑)

バラードでいい曲もあるんだけれどね~

どうなの?

これがまあこのシリーズの特徴ではあるのだけれどね。

大阪のノリのギャグ満載なのですが、、、

シリアスな部分も見逃せない中島脚本。

三浦君の役の京都所司代盗賊目付探偵方である明智心九郎(あけちしんくろう)は実は明智光秀の息子であった。。。。

という事実が判明して、一挙に話が大きく展開していくのだが、

この時の三浦君の心の葛藤と苦悩の演技が秀悦。

周りを固める実力者の演技と歌もさすがという演技。

しかし、新感線のゴージャスさ。。。

ステージの装置も衣装も出演者も、、、どこまで行くのだろうね。

まあ、チケットもしっかり高いけれどね。

東急オーブというこの劇場は渋谷ヒカリエの11階にあり

ガラス張りの窓から渋谷の街とその先に夕焼けで富士山のシルエットが見え、

とても素敵でした。

25

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« コラムなど | トップページ | つぶやき36 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/56406943

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』:

« コラムなど | トップページ | つぶやき36 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ