« ソチ公式練習とインタ | トップページ |  【ニュース】とイケメンアスリートランキング »

2012年12月 6日 (木)

Grand Prix final is the 'Showdown at the Sochi Corral'【日本語訳】

 

Maruさん、情報ありがとうございました。

erdbeereさん、ありがとうございました。

izayukamさん、翻訳ありがとうございました。

海外の情報が分かって、世界が広がります。

英語が出来る方々羨ましい。。。

http://www.cbc.ca/sports/figureskating/opinion/2012/12/grand-prix-heading-for-the-showdown-at-the-sochi-corral.html

 

After six Grand Prix events the season has come to the climax of the series, or as I like to call it, 'The Showdown at the Sochi Corral', more formally known as The Iceberg Skating Palace.

 

6回にわたるグランプリ大会を終えて、このシリーズのもいよいよクライマックスを迎える。クライマックスというよりむしろ「ソチの囲いで繰り広げられる決定戦」と呼びたい。正式にはこの囲いはアイスバーグ・スケーティング・パレスというんだけど。

 


Seriously, I can't think of too many arenas in the world with a better name than that for an ice-skating competition.

 

真面目な話、アイススケートの大会でここ以上にこの名前にふさわしいアリーナはほとんど思いつかない。

 


From December 6th through 9th, the top six from each discipline will get a crack at the Grand Prix title and all that goes with it. But it's also an up-close-and-personal chance to get a feeling for what the Olympics might be like in that venue in just over a year from now. I should have used bold print for the word 'might' in that last sentence. With all of the hype, colour, spectacle, security and world-level buzz that will be around the real deal in February of 2014, this event is really only a hint of what it 'might' be like.

Let's dig in and have some fun getting excited about this event.

 

26日から9日まで、各種目で6人または6組のトップスケーターがグランプリのタイトルと、それに伴う諸々をかけて争う。しかし同時に今から一年余り先に控えた、同会場で行われるオリンピック大会がどんなものになるかということを、現場で個人的に体験して、大体の感じを掴むことができるチャンスでもある。ここで「大体の」感じというところは本当は太字で書くべきだろう。2014年の2月の本物と共に訪れるテンション、色どり、スペクタクル、警備のものものしさ、ワールドレベルの熱狂に比べ、この大会は本当にただ「大体の」感じの、ほんのかけら程度のものだろう。

 

 

 

さてちょっとこの大会の中身をもう少し覗いて、わくわくしてみよう。

 


 
Men

 

男子

Tatsuki Machida of Japan - My only surprise in this event is how Tatsuki, with two good competitions, worked his way into the top six. He accumulated enough points with his victory in China and a third in Skate America to place fourth. With confidence, solid programs and
scary costumes, he took over the spot that most had held for Jeremy Abbott or Nobunari Oda. After watching Oda practice in Toronto, I had a spot reserved for him, but that is why we compete instead of reserving spots.

A big part of me wishes that I still competed because I believe this is a high mark in men's skating and that to stay at the top of this strong field is something to be proud of. But another part of me feels sorry for these guys because mistakes don't put you in second, they put you out of the event, and leave you in the dust.

 

町田樹(日本) ― この大会で個人的に唯一驚いたことは、町田が2大会の健闘でトップ6に食い込んだことだ。中国杯での優勝とスケートアメリカでの3位とで十分なポイントを稼いで4位のランクで出場する。自信と、しっかりしたプログラムとそれから怖い衣装とで、ほとんどがジェレミー・アボットか織田信成を予測していたスポットをさらってしまった。僕もトロントで織田の練習を見ていて彼がスポットを確保したと思っていたが、だからこそ、スポットは確保するのではなく、戦って勝ち取るものなのだ。

 

僕の中でのかなりの部分は、自分がまだ現役だったら良かったのに、と思う。というのは、男子はとても高い水準で戦っていて、この強い中でトップに立てるというのは、さぞ誇りに思えることだろうから。でも残りの部分では彼ら現役のスケーター達を気の毒にも思う。失敗すれば2位、なんてもんじゃなく、失敗すれば大会から放り出され、屈辱の埃にまみれるのだ。

 


Javier Fernandez of Spain - He seems ready to challenge. I call him 'the boy next door.' Watch for quads that, at times, look so easy that they seem simple.

 

ハビエル・フェルナンデス(スペイン) ― 彼は挑戦する用意が出来ていると見た。僕は「(好感の持てる)お隣の男の子」と呼んでる。時にはあまり易しそうに跳ぶので本当に凄く単純なんじゃないかと思えるような4回転に注目しよう。

 


Yuzuru Hanyu of Japan - He seems to be working well with Brian Orser, his new coach, and you can see that he is
starting to believe in his ability to routinely put together a short and a long program in the same event. Having Yuzu and Javi training side by side in Toronto makes them both better. It's like a tag-team match and Patrick Chan is the target.

 

羽生結弦(日本) ― 新しいコーチ、ブライアン・オーサーとの組み合わせは順調な様子で、また自分が一大会でショートとフリー両方を揃えてこなしていけることに自信を持ち始めたことも見て取れる。トロントでユヅとハビが隣同士で練習していることはお互いにとっていいことだ。まるでタッグチームを組んでパトリック・チャンを標的に戦うみたいな。

 


Patrick Chan of Canada - He told the world to chill out a bit with his win in Russia and that everybody needs to have some down time. Of course, when your down time includes four falls in one event you can see why folks would worry. May I remind everyone how hard this is and when flying at the top range of your ability things can and do go wrong. These guys aren't just doing the quad anymore, they do multiple quads and follow that up with great choreography, spins that leave you both dizzy and tired and demanding footwork that includes upper body movement.

Sheesh, I'm tired just writing about it.

 

パトリック・チャン(カナダ) ― 彼はロシアでの優勝で、世界に向かって、おいちょっと落ち着け、と、そしてだれだって少しは不調な時があるものだ、と説いた。といってもその不調というのが一大会で4回の転倒となるとみんなが心配するのも当然だけれど。ここで再認識しておこう。これがどれほど大変かって事を。自分の能力ぎりぎりのトップギアで飛ばしていれば、何かがおかしくなることはあり得るし、実際おかしくなるのだ。この男たちはただ四回転をするというのではなく、複数の四回転に、それからすごい振り付け、目がくらんでへとへとになるスピンに、上体を使え、などという高いレベルを要求されるフットワークが続くのだ。

 

あーあ、これ書いてるだけでくたびれた。

 


Daisuke Takahashi of Japan - When it comes to upper body movement, Daisuke has it and more. What he needs is a tad more altitude on his quad attempts, but when the wind is coming in at just the right angle, he finds it.

 

高橋大輔(日本) ― 上体を使った動きとなると、大輔は持ってるし、それ以上だ。彼に必要なものは彼の4回転の成功のための後もうほんのわずかばかりの高さ。けれども風がぴたりと正しい方向から吹いてくれば、それは見つかるだろう。

 


Takahiko Kozuka of Japan - He is still my pick as best 'skater'. Patrick has amazing feet and builds speed with ease, almost magical actually, but for blade magic it's still Taka for me. Like Daisuke, he too needs the sun and the moon to line up for a clean quad to happen, but he's going for it and perseverance pays off... Right!

My pick for a winner is....the audience. Get used to it, I'm not picking winners.

 

小塚崇彦(日本) ― ベスト「スケーター」ということなら、僕の一押しはやはり彼。パトリックは素晴らしい足で簡単にスピードを出してしまうし、実際ほとんど魔法のようだが、スケートの刃の魔術ということとなら、僕にとってはやっぱりタカ。彼も大輔と同じく、クリーンな4回転には太陽と月が並ばなければならないけれど、彼はそれを目指すし、粘り強さは報われる・・・きっと!

 

僕の優勝者の予想は・・・観客だ。もう覚えておいて。僕は優勝者予想はしないの。

 

« ソチ公式練習とインタ | トップページ |  【ニュース】とイケメンアスリートランキング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/56263878

この記事へのトラックバック一覧です: Grand Prix final is the 'Showdown at the Sochi Corral'【日本語訳】:

« ソチ公式練習とインタ | トップページ |  【ニュース】とイケメンアスリートランキング »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ