« 高橋大輔インタ【動画】 | トップページ | Takahashi looks for the win【英文】 »

2012年11月20日 (火)

SANKEI EXPRESS 11月20日

日経新聞 「回転にこだわっているわけではない」

Photo_2

11201

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/121120/oth12112016520000-n1.htm

やはりきちんと練習できていなかったことは結果に出る。FSに4回転を2本は無謀な挑戦という人もいるかもしれないけれど、外す気は全くなかった。

僕が自分に腹立たしいのは、4回転よりも、後半の3回転で転んだこと。

「4回転」に注目があるけれど、僕自身は4回転にこだわっているわけではない。FSに2本入れて成功しなければ勝てない状況だから僕も入れているだけ。

今の僕にとってニコライの存在は、車に例えるとエンジン。長光(歌子)先生は車体。車体のボディーに守られる安心感とエンジンの推進力というイメージ。

勝ちに執着はしてはいないけれど、GPファイナル(ソチ)に行くためには結果が必要だから緊張感はかなり高い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうね、大人ですよ。

しっかりした考え方で、感心しました。

そんなに心配しなくともいいと思うけれど、

ドキドキはしょうがありません。

高橋、羽生らが激戦【ニュース】

0121120at23_p

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012112000652

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

« 高橋大輔インタ【動画】 | トップページ | Takahashi looks for the win【英文】 »

コメント

naoさん、こんばんは。
昨日の動画、今日の記事のUPありがとうございます。

やっぱり靴だったんですね。今はよく馴染んできているといいのですが・・・
サンスポの弱気発言を聞いた時は、こちらも落ち込んでしまいましたが、よく考えてみれば、これだけ若手が伸びてくれば不安にならない方が不思議というもの。とりわけ正直な人ですから、ああいう言葉も出てくるけれど、その中で燃える物もあると信じています。

今日は週末録画しておいた、NHK杯の名場面を見ていました。
3位に入っていた2010年のピアソラ、確かnaoさんが彼に気がついた演技ですよね?
久しぶりに見ましたが、やっぱり彼は特別です。
ここのところGPSでいろいろな選手の演技を見て、この人もあの人も上手になったな、いいプログラムだなと何度か感じましたけれど、高橋大輔の別物感を再確認したというか、あれは終盤ジャンプがちょっと崩れたのですが、なんとも言えないオーラがある演技でした。

今年のNHK杯、省エネ4回転は試行錯誤の段階であっても、これぞ高橋と思わせる演技が見たいです。
ニコライがエンジンで歌子先生が車体なら、我々は車窓から見える景色の一部でしょうか?少しでもアクセル踏みたくなるような景色の一部になるべく、仙台に遠征します。

naoさん、アップありがとうございます

なんだか、ほっとしました。いい意味で淡々と振り返っていて、焦っている自分とか、いい呼吸ができていない自分、とかいうのをきちんと客観視してるし。靴の問題が改善されているといいなあ。今ここで変えないと、というタイミングをにらむのに、あの時期しかなかったのでしょうね。

モロゾフのとこで、エンジン?え、そんなに大事な存在なのか、と思いましたけど、よく考えたら運転するのはすべて自分、どこへ向かうのか、どこでふかすのか、どの道を通って目的地をめざすのか、ソチまで自分でずっと考えていくのですね。

naoさん、erdbeereさん、他、現地で車窓の景色になりに行ってくださる方々、どうかこのNHK杯、大輔さんがいい景色だったとこれから先も覚えていられるように、いい走りを応援してください。行ってらっしゃい!

naoさん記事ありがとうございます。
中国杯の”どうしちゃった大輔さん?!”の理由が分かって納得したと共に改めてフィギュアスケートという競技の繊細さが理解できました。これだけキャリアを積んで来ている大輔さんでさえもこういう事がある。いつ靴を変えるか、四回転を飛ぶか、休むか、追い込むか・・・全てある意味賭け。やっぱり競技なんですよね。だからドキドキもある。でも、この記事の状態でもあの3Aが飛べるんですねー。というかこの状態でもミスなく演技をする(4回転以外は)位でなければいけないと考える大輔さんに安心したし、厳しい事を言うようだけれどそうでなければならないと思います(私が言うのもなんですが・・・)。大輔さん位になっちゃうとそこまで求められてしまいますよね。
この記事の構成のせいかもしれませんが、4回転の件でちょっと”ん?”と違和感を感じてしまいました。これは大輔さんの言葉通りなのかなー。もし、そうだとしたらちょっと後ろ向きかなと・・・調整が上手くいってないのでしょうか。
素人考えでも4回転1本より2本の方が相当キツイ事は想像出来るので、観客に思いを伝えるスケーターである大輔さんとしては1本にして、より記憶に残るプログラムにしたいという考えもあるのかもしれませんね。
実際今季のGPSも4回転ジャンプ一本の出来でプログラムが崩れてしまう演技が多々ありますもんね。難しいシーズンです。
でも、大輔さん、まだ時間はありますから一歩一歩でがんばってみて!私はジェットコースターでも構いません!っと宮城に行かれる方々私の分まで応援して来てください。
お願いします!!

erdbeereさん
こんばんは。

>2010年のピアソラ、確かnaoさんが彼に気がついた演技ですよね?
そうです。これ3位なんですね。
あれは未完成でした。だから余計気になります。
丁度2年になるわけですね、しみじみ。。。
NHK杯名場面はまだ見ていないのです。
再放送があるみたいなので、楽しみです。

景色か~
高橋も上手いこと言いましたが、erdbeereさんも上手いこと言いますね。

izayukamさん

いつもコメントありがとうございます。
そして翻訳ありがとうございました。
あまりに早くてびっくりでした。

高橋のコメントはとても冷静で、目の前も大事だけれど
先のこともしっかり考えていて、頼もしかったです。
エンジンは大事ですね、、、私も高橋にとってモロゾフとはそこまでなのかと。。。

なるほど、そうですよね、運転は自分なのですから。

いい景色になるように頑張ります。

マコロンさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですよね~フィギュアスケートって繊細なスポーツですよね。

ホントに明日なので緊張して、、、
ごめんなさい。
上手く返事が出来ないです。
ともかく、マコロンさんの分も応援してきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/56154637

この記事へのトラックバック一覧です: SANKEI EXPRESS 11月20日:

« 高橋大輔インタ【動画】 | トップページ | Takahashi looks for the win【英文】 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ