動画

お勧め

お勧め2

« ソチへ、再び栄光を目指す | トップページ | 『キャプテン翼』と日本代表 【コラム】 フランス戦【速報】 »

2012年10月12日 (金)

ピアソラタンゴ【動画】

(お借りしました)

このスローで、というのは純粋に演技を見るのにはどうかな、、、と思うのですけれど

高橋の演技を見るにあたっては、必要だと確信しています。

この演技は、完璧でした。

スピードがあって、キレキレな身体の動き。

振付を完全に自分のものにした動きに、音楽の解釈と世界観。

その演技と表情の素晴らしさ。

おまけに、このカーニバルオンアイスで初披露の衣装は

なかなかいい感じです。

やはり衣装はどこか透けてないといけないでしょう(笑)

今回は胸とサイドにレースのシースルーが入って、とてもセクシー。

これは、スローで見なくてはいけない。

話は変わりますが

お友達のSさんが先日JOの会場で購入した

フィギュアスケート2012‐2013シーズンガイドの本の内容を知らせてくださいました。

その中でも特に印象に残った言葉が、、、

「ほかの選手も一緒の練習だと昔は自分だけ見てほしいと思ってたけど、今はむしろ
自分から目が離れているくらいで丁度いい。(笑)

見られていようがいまいが、自分の練習をしようと思ってるから」

なるほど~

Sさんもおっしゃっていましたが、大人になりましたねぇ。。。

FSは時間も足りなかったせいか、集中して頑張ったのかもしれませんね。

あれほど素晴らしい完成度だったのですから。

それと、この本に掲載のロシアでの練習風景のお写真

が良いとのことです。

黒の練習着と黒の手袋であの表情、、、、もうね、言うまでもないでしょう。

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« ソチへ、再び栄光を目指す | トップページ | 『キャプテン翼』と日本代表 【コラム】 フランス戦【速報】 »

コメント

naoさん、こんばんは。
このピアソラ、本当に素晴らしかったですね。ジャッジもスタオベしたキレッキレの演技。
スローで見ると、一瞬一瞬が絵になっているのが証明されます。

最後のステップの前、ショートサイドのお客さんに向かって、ニヤッと笑うあの表情、教えられてできるものではありません。あの時彼と目が合ったお客さん、今でも生きているか心配になります(笑)
コーチも見続けたら落ち着かなくなるから、目をそらすのでは?彼に囚われて、他の選手をなおざりにできないですからね。

erdbeereさん
こんばんは。
素晴らしかったですね~
私もあのショートサイドだったのですが
あまりに遠くて、、、あ~いいな~と思って見ていました。
アップがこれほど、いいともう怖いくらいですね。
目が合うと確かに正気ではいられないかも。。

いつも彼はとどまることなく進化していきますね。
コーチってモロゾフのことですか?

naoさん
こんばんわ。

動画の紹介ありがとうございます。
実は、大ちゃんの滑りがいっそう素晴らしくなったクライシスから、スローに、はまってます。

私、危ない人かなと思っていたところ、AOIのスロー動画のUPを見て、同じ趣味の人がいる~と安心したのでした(笑)
無音もいいのですけど、やはり差し替えた音楽付きははいいですね。

そして、シースルーの衣装に1票。
現地ではあんなに豪奢だと気づかなくて、もったいなかったです。

naoさん、こんばんは。

「ほかの選手も一緒の練習だと昔は自分だけ見てほしいと思ってたけど、今はむしろ
自分から目が離れているくらいで丁度いい。(笑)

見られていようがいまいが、自分の練習をしようと思ってるから」

ここの部分が、コーチの目線のことかな?って思っただけです。まあ、私はモロゾフを想像しましたが・・・

今更ながら、モロゾフとの再タッグの件、すごいな~って思います。
私だったら、小さい人間なもので、自分を見限ったかに見えた人が、再び擦り寄って来たら、丁重にお断りして、心のなかで高笑いして溜飲を下げます。
高橋選手も、バンクーバーの時は意地でも日本人スタッフでやってやろうと思ったとか、今回のことも3ヶ月くらい悩んだと言っていますから、そういう気持ちもあったかと・・・

でも彼はそういう感情で結論は出さなかった。
昨季、終盤は4回転も戻ってきて、いい結果も出した。でもシルバーコレクターという感は否めなかった。4回転をバンバン跳ぶ若手の追い上げもすごい。
自分が更にレベルアップするため、必要なものは何か?それを引き出してくれる能力がある人間は誰か?

そういう冷静な現在の自分の立ち位置からの決断だったかと思います。
だから自分だけを見て見てという時代とは違う、コーチとの独特の距離感があるのかなあと想像しただけです。

モロゾフとの勝負でもあるって言っていましたよね。今季楽しみですね。

striataさん
私も高橋でなかったら、スローでは見なかったと思います。
でもやはり表情を見るのは、スローでなくてはならないと思ってしまいます。

衣装は会場ではよく分からなかったですね。
動画で見た時、どきっとしてしまいました。
背中にもあのレース欲しいです。
あと今回のプログラムのイメージからすると
やはり長髪に軽いウェーブがいいな。
どうですか。

erdbeereさん

>私だったら、小さい人間なもので、自分を見限ったかに見えた人が、再び擦り寄って来たら、丁重にお断りして、心のなかで高笑いして溜飲を下げます。

私もそうです。小さい人間だから。

囚われるか、、、モロゾフが高橋に、それは面白い。
すでに囚われてるのかもしれませんね。
まあ、いろいろ策略的なこともささやかれていますが
高橋の滑りは、どんなコーチでも魅力的ではないでしょうか?
それが若いころの彼を見てきたモロゾフにとっては、手放したのを
後悔したに違いありません。
彼は高橋の様にと、、、たとえば、アモディオにそう願っていたかもしれない。
けれど、他の選手は高橋の様には滑れないことに気が付いたんです。
たとえ同じ振付だとしても、彼のように優雅で上品で、感情こめて滑れはしない。
彼が特別に魅力的で別格なことに。
(という妄想が。。。)

それに高橋にとってもモロゾフは何か、、、
心の奥からの情熱を引き出してくれるコーチだと
感じてるような気がするんですよね。

高橋が目が離れているくらいが丁度いい、っていっても
相手にとっては、追いかけたくなるでしょ、、(笑)

スロー、いいですね!!!アップありがとうございます。

私ごとですが自分もただ一度の生大輔経験で演技中ショートサイドで思いっきり上から目線で笑いを投げつけられた時には目を回しまして、これで自分の「高橋運」は全部使い切ったなと思いました。五秒ぐらいに感じたのが実は一瞬だったので、このCOIのお客さんなら15秒ぐらいに感じたでしょうか。日常を回復なさっているといいですが。

それにしても宮ソラ、短い時間で進化しすぎです。足元も、体のキレも動きの全ても、ジャンプの流れも、スピンの美しさも、表情も、スピードも、何もかもがいいです。競技サイズのリンクで滑っているとは思えない存在感の大きさ。最後のポーズの不敵な表情も許せないぐらい素敵です。

モロさんとの関係、私もじっくり見守りたいです。でもこの勝負、高橋が「勝った」時にはそれが同時にモロゾフにとっても勝利、なのでしょう。ここまできたらモロ共に(殴)高みを目指して駆け上がってほしいです。

izayukamさん
うわ~それは羨ましいな。。。
そんな席でまだ見たことがないですね。
宮ソラは進化してましたねぇ
遠くの席からもそれはよく分かりました。
何でしょうかね~そんなに良くなっていくのは、なぜ。

少しモロゾフの効果もあるのかな。。。
これは、やはり正解だったのでは。
まあ、結論はまだ先ですけれど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/55870230

この記事へのトラックバック一覧です: ピアソラタンゴ【動画】:

« ソチへ、再び栄光を目指す | トップページ | 『キャプテン翼』と日本代表 【コラム】 フランス戦【速報】 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ