« 『キャプテン翼』と日本代表 【コラム】 フランス戦【速報】 | トップページ | 氷上の軌跡【情報】 »

2012年10月13日 (土)

映画「大奥」

(お借りしました)

このブログを前から読んでくれている方はご存じでしょうけれど

私は、漫画大好きで、一番は萩尾望都氏ですが、

この「大奥」のよしながふみも大好きでして。。。

前の映画の吉宗編も期待したのですが、あまりにがっかりでした。

しかし、先日、家光編をテレビで見ましたら、いいんじゃないのぉ~と思ったわけですね。

それで、今度の映画は期待してもいいかな~と思い、ご紹介しようと思います。

何と言っても、主役が有功(ありこと)。

この大奥という長い話のなかでもキラキラ輝く、素晴らく魅力的なキャラクターです。

おそらく一番です。

美しい容貌と才能と品格を持ち、

位の高い僧侶だったにもかかわらず、春日野局の策略によって、

現世に連れ戻され大奥に生きるしかない運命に。。。

これが切ないお話で、、、

この有功を堺雅人が上手く演じてるのですねぇ。

貌のこと言いますと、もっともっと美しい人がいいのですが、

彼は、この有功を演じる切ない表情が上手くて

彼なら許そう、と思いました。(上から目線)

ご指摘のように、映画の方は別の人を演じます。

綱吉編は

右衛門左。この方は有功を彷彿とさせる(似ている)

といった登場の仕方をしていて、その魅力も同等にあります。

有功より男っぽく策略家で、また切ない人です。

あと一つ

「黄金を抱いて翔べ」

(お借りしました)

これは、高村薫の初期の作品です。

実は、本の中で私が一番好きなのが高村氏の 「李歐」という作品。

マンガの「ポーの一族」が一番と同じレベルで大好きなんです。

それは置いといて、

この「黄金を抱いて飛べ」は、この「李歐」のもとになった話なんです。

なので、これも必ず見なくてはと心に誓っています。

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 『キャプテン翼』と日本代表 【コラム】 フランス戦【速報】 | トップページ | 氷上の軌跡【情報】 »

コメント

はじめまして。前々から好きなものが似ていると思っていたのですが よしながふみ、萩尾望都好きです。大奥 今回は私もgoodだと思います。ちょっと歳のいった有功ですが。映画では違う人物と言うのもおもしろい。望都さん、ポーも好きだけど百億の昼と千億の夜とか、11人いる、スターレッドも好きです。いい年齢なんで最近のは知らないんですけど。今日は娘と樹海という芝居を見てきました。これはnaoさんの趣味とはちょっと違う感じですけどおもしろかったです。

はじめまして。
コメントありがとうございます。
どうもこのブログを見ている方は同世代の方が多いらしいです。
ので、萩尾望都好きって人も時々いらっしゃるのも嬉しいかぎり。
私も「トーマの心臓」「11人いる」「アメリカン・パイ」も大好きですが
一番は「ポー」なんです。
高村薫は「李歐」。という訳です。

樹海というお芝居はどんな感じなんでしょうか。
私もよく娘とお芝居行きます。

萩尾望都 私も大好きでした。実はまだ手元にポーの一族あります
私の青春の1ページでした あの独特の世界が良かった
今日推理作家ポーの最後の5日間の映画を観てきました
ちょっとグロイ映画でポーの役の人もイメージより気弱な感じでした
主役は刑事さんですね ハンサムでかっこいい
大奥もよさそうですね でも本当は高橋が見たい 後3週間ほどで中国杯ですね 無事に終わるよう そして優勝まってます。

順子さん
こんばんは。
萩尾望都は高橋の様に、同じ時代にいられて良かったと思える方です。
彼女は伝説になります。
そして高橋も。

推理作家ポーの最後の5日間は興味がありました。
そうなんですか、、、グロイってのはちょっとね。
ハンサムは誰かな。調べてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「大奥」:

« 『キャプテン翼』と日本代表 【コラム】 フランス戦【速報】 | トップページ | 氷上の軌跡【情報】 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ