動画

お勧め

お勧め2

« 氷上の軌跡【情報】 | トップページ | グランプリシリーズCM【情報】 »

2012年10月14日 (日)

日本の70年代 1968-1982

今日は埼玉県立近代美術館

「日本の70年代 1968-1982」を見てきました。

http://momas.jp/exhibitionguide/exhibition/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae70%e5%b9%b4%e4%bb%a3%e5%b1%95-1968-1982/

このころはデザインの転換期で華やかなで、創造的、

そして、なんと言ってもその自由さで、見る者をゾクゾクさせてくれた時代でした。

私が子供のころから学生にかけて憧れていた広告の世界を見ることが出来て

ちょっと興奮しました。

最後の方が洗練された、西武、パルコの時代、、、石岡瑛子の時代でした。

この時代の表現がこんなに自由だったとは、凄いな。

今の方が閉塞感がある感じがします。

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ポチッとお願い

人気ブログランキングへ

« 氷上の軌跡【情報】 | トップページ | グランプリシリーズCM【情報】 »

コメント

naoさん、こんばんは

面白そう!これは、見てみたかったです。メディアの範囲、音楽まで含めるなんて膨大すぎじゃない?と思ってしまいましたが、日本が正負はともかくエネルギーを持って駆け抜けていった時代、特にモノを創ろうという人の勢いとか、自負とか、今の時代とは違うものがあったんじゃないかな、と思います。私は素人の目でしか見られませんが。

単に当時の自分の年齢のせいかも知れませんが、個人的には79年度のポップスやアニメーション、広告とか、何か爆発的な印象があります。転換期だったのか、それとも何かの最後の輝きだったのか・・・・・。

izayukamさん
私もね、この美術展はとても楽しみにしていました。
そして、期待通り面白かったです。
そうなんです、おっしゃる通り凄いエネルギーを感じました。
単にキレイ、とかじゃなくて
ゾクゾク感があるんですね。

今回の高橋のフリーにこのようなものがもう少し欲しいところ。
ゾクゾク感をもっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/55888645

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の70年代 1968-1982:

« 氷上の軌跡【情報】 | トップページ | グランプリシリーズCM【情報】 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ