« 家庭画報 | トップページ | 道化師 つぶやき的感想 »

2012年10月29日 (月)

10月29日高橋特集【動画】

(お借りしました)

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 家庭画報 | トップページ | 道化師 つぶやき的感想 »

コメント

naoさん こんばんは。
見逃してました!upありがとうございます。
いい感じですね!
なるほど、昨年の4Tに入る前の手、今年はないですものね。
naoさんが前に書かれてたように、長い助走とか飛びますみたいな入り方をしない彼のジャンプは素晴らしいと思っていましたが、なるほど本人も同じだったんだ、と感激?しちゃいました。
やはりアーティストです、彼は!
待ちに待った今季の第1戦目!
でも、いつもですが、なんだか落ち着かないです。
3回のクワド、成功させてほしいです!

tamaさん
これ録ったのですが、自分の再生するより動画アップの方が早かったりします。
ジャンプの入り方はこだわりがあって、嬉しかったです。
さすがアーティストですね。
ジャンプの入り方がきれいだと全体の演技が流れがあり美しいです。
今季は、得点をとる為にさらに高度なステップからのジャンプなど
またよく分からないけれど、、、大変そうです。
しかし、理屈でない演技を楽しみたいですね。
ドキドキですけど。

動画アップありがとうござます!

そうそう、夏のSPのお披露目で、クワドの時、え?手は?と思ってました。納得!今までも、ジャンプ、行きまーす、の助走の無さ加減、演技の中での振り付けの一部であって、単にエレメンツとして浮いていないジャンプ、というのは三回転においては半端じゃなかったけれどそれを4回転でも追求しているみたいですね。本当にいいものは技術も芸術も魔術(?)も、一コマも全体も、木も森も、全てが響きあうんだと思います。

素晴らしいのは、彼自身の理想が本当に高くて、自分の現在地を誰より厳しく受け止める一方で、どんなにギャップがあっても決してその理想を手離さない姿勢です。荒川さんと今年の冬に対談した時に、自分のMAXが100としたら、今30ぐらい、と言っていたのを聞いて驚いたり嬉しかったりしたのですが、その言葉がずんずん現実のものとして迫ってきます。いろんな意味で、ドキドキします!

izayukamさん
こんばんは。
お返事遅れてすいません。

動画のアップなど誰にでも出来ることです。
ホントは感想を書くべきなんでしょうけれど、、、
皆様のコメントで十分かなとも思って楽をしてしまいました(笑)
別格と、もう何度も言っていますが
そんな言葉しか思いつかない。
さらにどこまで進化しようとしているのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/55998665

この記事へのトラックバック一覧です: 10月29日高橋特集【動画】:

« 家庭画報 | トップページ | 道化師 つぶやき的感想 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ