« JO番宣【動画】と居場所 | トップページ | 絵 »

2012年9月16日 (日)

モロゾフコーチとタッグ【ニュース】とプルシェンコの情報

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120916/k10015055541000.html

もちろん練習は、FSですよね。。。

モロゾフ氏とも上手くいってるようです。

「ステップはもっと感情豊かに表現したほうがいい」

どんな感じなのかな~

気になります。

話変わって、、、、、

プルシェンコFS

(お借りしました)

プルシェンコのFSはロミオとジュリエットじゃないみたい。

宮本氏の振付はどうなったのかな?

コメント欄にerdbeereさんとizayukamさんからの情報があります。

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ポチッとお願い

人気ブログランキングへ

« JO番宣【動画】と居場所 | トップページ | 絵 »

コメント

こんばんわ。

色々、はっきりしてきていますね。

楽しみです。

そうそう、プル様のフリー動画見、宮本カラー無いな?とおもってみていました。

違ったのですね。  残念のようでもあり、少し嬉しい・・・かな。

だって大ちゃんのフリーで宮本ワールド・・・みたいもん!!!

個人的にですが・・・。

あと、嬉しいニュース!!!!!!!

来年のグランプリシリーズが福岡決定!みたいです。かなり近くです。

嬉しい。券さえゲットできれば行けます。あーーーーーー、嬉しい!!!

大ちゃん、最後になるであろう、大会ですよね。

どんなことがあっても、仕事休むぞ!!!

あーーー、元気、元気でたー!

・・・取り乱しましたが、中国大会、心配ですね。その分はどうなるのでしょうかね?

naoさん、ちょっと遅くなりましたが、どこかでプルシェンコのインタビューの英訳読みました。

今回はテストスケートということもあり、このプログラムの骨格を滑っただけ(実際ジャンプは6回しか跳んでいません)

今季はSP、FS共に2、3の(a few)プロゴラムを用意していて、今回のテストスケートではサン=サーンスのメドレーを滑ったが、競技会では違うプログラムを滑る可能性もあると言っていました。(宮本プロもあるかもしれません)
グランプリシリーズに出ないのは、今の自分には必要ないから。若いスケーターはグランプリシリーズで経験を積む必要があるけれど、自分の目標はあくまでソチオリンピック。そこに照準を合わせて、4S1回と4T2回、3A2回のFSを完成させることを目指す、そしてそのために一番大切なのは、健康状態を維持することというようなことを言っていました。
どこで読んだのか?探してみますね。

らっくるみゅうさん
それはおめでとうございます。
福岡に近いのですね~いいですね。
私には少し遠いですけれど、チケットが取れたら行きたいです。
その前にNHKだけど、、、

中国杯はちょっと心配です。
大丈夫だと思うけど、、、分からない。

erdbeereさん
それは、貴重な情報ですよ。
ここに書いてくださった内容だけでも凄く興味深い話。
しかし、SP,FS最大6プログラム用意ということですか~凄いな。さすが。

>自分の目標はあくまでソチオリンピック。そこに照準を合わせて、4S1回と4T2回、3A2回のFSを完成させることを目指す

いやいや、彼が本気なのが分かりますね。
強敵ですけれど、高橋も4回転を取り戻していますし、
ソチでは素晴らしい闘いになるにちがいありません。

naoさん
プルシェンコのfacebookでした。
http://www.facebook.com/Plushenko

ここにたくさんの画像、動画、インタビューがあります。
私が読んだのはこの中の一部でした。

この中でミーシンのインタビューで、宮本先生のロミオとジュリエットはすごく良いプログラムで、インテリジェントな振り付けだったが、動脈を引き裂かなかった?とあります。it did not tear the aorta.どういう意味でしょうか?
izayukamさん、ヘルプです。

erdbeereさん、貴重な情報ありがとうございました!すみません。ミーシンのインタビュー、読んでみましたが、その部分よくわからないです。(><)調べてもヒットしませんでした。その前の段落でも同じtear the aortaを2度も使っているので、ロシア語にそういう表現があるのでしょうか?これはロシア語を英語に訳した文章じゃなくて、ミーシンがしゃべっている英語のようなので、直訳して使ってる言葉もあるのかも。ウクライナ人の同僚に聞いてみます。意味は文脈からなんとなく読んで伝わるところで大体いいんじゃないかな、と思いますが。

前の段落ではスケートの練習ではプルシェンコが「限界を超える位まで追い込む」(主に肉体的に)という意味で使っているようですね。問題のR&Jの箇所は、「最初、宮本賢二氏とロミオとジュリエットを作ったが、強烈さに欠けるもので・・・プログラム自体はいいもので、インテリジェントな振り付けだが、勝てるプログラムではなかった。」という感じなのかな、と思います。適当でごめんなさい。

izayukamさん、素早い反応ありがとうございました。なるほど、ロシア語の表現ですか。
そうですね。そんな感じですね。

naoさん、ミーシンはこのサン=サーンスメドレーを作った経緯も語っていますが、まずプルシェンコがサン=サーンスのRondo Capricciosoを気に入っていて、ただそれだけだと壁にぶち当たり、そこでThe Dying SwanとDance Macabreを付け足すことにした。少し変わったコンビネーションだが、技術的に良く、速くてエネルギッシュなスタートと、後半の2曲で絶頂と魂が震えるファイナルを迎えるというようなことを言っています。
振り付けはSergei Petukhov(名前からいってロシア人?)の助けを借りたそうです。

この感じからすると、まだわかりませんが、宮本先生のロミジュリが披露される機会は微妙ですかね?私はぜひ見てみたいのですが・・・

まああと、プルシェンコは新しいプルシェンコになっているそうで、熟成されたワインのようだとも言っています。
タラソワのインタビューもあります。プルシェンコを絶賛していますね。

izayukamさん、 erdbeereさん
お二人ともすごいな~ありがとうございます!

プルシェンコの考えてることがなんとなく分かりました。
それにしても自信家だし、ソチに向けての意欲と情熱が半端ないですね。

>後半の2曲で絶頂と魂が震えるファイナルを迎える
そうなんだ、、、
熟成されたワインとか、どんだけ自信があるんでしょうか(笑)

結局、宮本氏のプログラムでは勝てないと判断したのですか。。。
残念です。見たいです。
JOではどうなんでしょう。。。
ちょっと期待しています。

naoさん、このfacebookにはいくつかのインタビューがあって、最初の方のインタビューで、JOでも今回のテストスケートで見せたものをやると言っていました。

この後イタリアで小さなショーがあって、それからJOに向けて準備をする。これはカナダのPチャンと日本の高橋大輔と競う重要なイベントだと。このプログラムはまだ未熟なので、これから完成させるということでした。

あとGPシリーズは出ないが、ロシアナショナルは出る。ヨーロッパ選手権も出る。世界選手権に関しては明言していませんでした。世選は確かロシアの男子の枠は1つ。ソチに向けて何としても枠を増やしたいはずですが・・・

erdbeereさん
あら~そうなんですか?残念。

イタリアでショーか、、、行きたい~(気持ちは)
ロシアって枠1でしたか?意外。

またまた、沢山の情報をありがとうございました。

naoさん こんばんは。
erdbeereさん、izayukamさんすばらしいです!
ありがとうございます。
なんとか海外ニュースを読みたい、実況を聞きたいとヒアリングマラソンなんぞ始めた私ですが、もういいや!お二人がいればOKです!
今後もよろしくお願いします。

プルシェンコのサンサーンス、ちょっと見入ってしまいました。
相変わらずのオーラですね。
熟成されたワインですか。私はどちらかというとフルーティーなヌーボーのが好きですが(笑)
Pチャンだけが敵かと思ってましたが、プルシェンコ健在かあ。
ヨーロッパ組も目が離せませんね。
それにしても宮本先生の「ロミオとジュリエット」見てみたいです!

tamaさん
こんばんは。
そう、お二人がいればOKです。
ありがたいことです。

プルシェンコ、侮れません。
彼の自分への自信、それが彼のオーラなんだとお思います。
熟成されたワインですもの。
Pチャンの自信も凄いけどね、、、
多分このあたりが高橋の足りない部分ですね。
そこを補うモロゾフなんでしょう。

宮本氏昨ロミジュリ、見たいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/55670317

この記事へのトラックバック一覧です: モロゾフコーチとタッグ【ニュース】とプルシェンコの情報:

« JO番宣【動画】と居場所 | トップページ | 絵 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ