« 舞台「トロイラスとクレシダ」 | トップページ | 映画「プロメテウス」 »

2012年9月 1日 (土)

モロゾフ氏インタ【日本語訳】

先日、原文のインタビューをアップしましたが、、、

誰か分かる人いないかな~というつぶやきに

またしてもIさんが、英文に訳したものから日本語に訳してくれました(涙)

ありがとうございます。。。

内容については、Iさんも私もいろいろ思うところはありますが、、、、

とりあえず、そのまま載せさせていただきます。

http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?t=84820 

 

'Sometimes you have to take a break from good programmes' - Elena Vaitsekhovskaya for sport-express.ru

 

いいプログラムからちょっと距離を置くべき時もある  Elena Vaitsekhovskaya for sport-express.ru

 

Nikolai Morozov and his skaters spent most of the summer in the USA. When he came back to Moscow he announced his quite a big group to become even bigger. The World champion of 2010 Takahashi came back to his old time coach. It was Morozov who brought him to his first Worlds medal in 2007.

 

ニコライ・モロゾフとその指導下のスケーターは夏をほとんど米国で過ごした。彼がモスクワに帰ってきたときには、モロゾフ率いるすでにかなりの大所帯グループがさらに大きくなることを発表。2010年の世界チャンピオン高橋が以前のコーチのもとに帰ってくることになった。高橋の2007年の最初の世界選手権メダルはモロゾフがもたらしたものだった。

 

We met in Novogorsk right after he came back to Russia. He warned me straight away not all the male skaters are there - the European champion Florent Amodio was supposed to come at the end of the week to be followed by Takahashi two days later. Lacking the foreign skaters Voronov was fighting his jet lag on the ice.

 

モロゾフが帰国してから、ノヴォゴルスクで彼と会った。会ってそのまま開口一言、男子スケーターはまだ全員集まっていないこと ―― 欧州チャンピオン、フローラン・アモディオ選手は週末に、高橋がそれに2日遅れて到着する―― ことを告げられた。海外組がまだ到着しない中、ボロノフ選手が氷上で時差ボケと戦っていた。

 

EV: Nikolai, after the worlds in Nice I had an impression you are not too eager to continue working with Voronov. Have you changed your mind?

 

EV: ニコライ、ニースの世界選手権以後ボロノフの指導を続けることにあまり熱心でない印象を受けていましたが、気持ちの変化があったのですか?

 

NM: well.. .we talked.

 

 EV: What were not satisfied with?

 

NM: そうだね・・・彼と話したんだ。

 

EV: 何が不満だったのですか?

 

NM: All and all Sergey did a fine job, but he never crossed the line, which I think one has to cross in order to achieve something. In Nice he jumped everything he had to. Did the 4+3 in the SP but still became 17th. In Europeans his technical mark in the LP was not bad, but still he was 10th. So I asked him what are his goals. To make it to the team to participate the Sochi Olympics so he gets all the cloths? What's the point training so much then? So we had to work somehow differently

 

I think he understood what I meant. At any rate, I like what we do now. Sergey does a lot on his own and I just watch him. I see that his attitude to the sports have changed.

 

NM: 全体に見て、セルゲイは結構いい出来を見せたが、彼は決して一線を越えようとしなかった。何かを成し遂げようとするなら必ず越えるべきだと僕が考える、ある一線をだ。ニースでは、跳ばなければならないジャンプをすべて跳んだ。ショートでは4-3だって跳んで、それでも17位だった。欧州選手権では彼のフリーでの技術点は悪くはなかったが、10位に終った。それで、「お前の目標は何だ」と聞いたんだ。ロシアのソチ代表チームに選ばれてユニフォームを全部手にいれること?そんなことのためにこれだけトレーニングすることに何の意味があるのか?我々は何か別のやり方をしなければならないんだ。

 

僕が何をいいたいかはわかってくれたと思う。何にしても、今やってることは気に入っている。セルゲイは自分でいろいろやってそれを僕が見守っている。彼のスケートへの関わり方が変わったのがわかる。

 

EV: Talking to Mishin not so long ago I quoted one of your colleagues who said that not many skaters understand what do they do during the practices and why.

 

EV: ミーシンと最近話した時、私はロシアの指導陣のひとりの言葉を引用したのだけれど、練習では何をするのか、何故をそれをするのか、それをちゃんと理解しているスケーターは多くない、ということでした。

 

NM: Unfortunately, it's true. I'd say the foreigners understand much better why do they waste their time on the sport. They want to be famous and understand the fame would give a boost to their future career. They see it as a beginning of their professional life, and that besides realizing they can earn good money in figure skating. Hence they are serious about their practices. For instance, they learn the new rules themselves, think how can they gain more points. After all it's easy now - take a piece of paper and do the calculations. I got used to my foreigners to show up at the beginning of the season with something they worked on. Not just level 4 spins, but some ideas how to increase the GOE of certain elements.

 

While coaching the Russian skaters I was always amazed no one knows the rules. They also don't attempt to learn something new every day.

 

それは残念ながら本当だ。外国人の方が一体どんな訳でこのスポーツにいらん時間を費やすのか、ずっと理解していると言いたい。彼らは有名になりたいし、名声が未来の職歴にとても有利に働くことをよくわかっている。選手生活を彼らのプロフェッショナルの生活の最初のステップと捉えているし、フィギュアスケートでいいお金を稼ぐことができることを踏まえている。そこで練習ももっと真剣になる。新ルールも自分で学ぶし、どうすればもっと点数を得られるか考える。結局のところは簡単なことだ―― 紙を一枚用意して、計算してみればいい。外国人選手はシーズンはじめには何かそこまでやってきたことを携えて僕のところに来るというのが多い。ただレベル4のスピンとかだけじゃなく、どうやってエレメンツの出来栄え点をあげるか、といったようなことを。

 

ロシアのスケーターを教えて驚くのは、みんなルールを知らないということ。また、毎日何か新しいことを学ぼうとする気概がない。

 

EV: Why do you think it is?

 

それはどうしてだと思いますか?

 

NM: I reckon the male single skaters dont' believe they have a chance to compete on the top level. The competition is too high. Besides, only several would make it to the Europeans or the Worlds. The rest compete with each other only and have other Russian skaters to look up at. The other reason is that they have everything as it is: salary, skating camps, free costumes. I.e. they get much more than their foreign competitors. Take Amodio: when he trains in Novogorsk he pays 4000rubles (about 130$) a day from his own money. You think he would waste that money on nothing? Hence they try to learn everything they possibly can from their coaches.

 

NM: 男子シングルの選手は世界のトップレベルにいけると自分で信じていないということじゃないかな。試合のレベルが高すぎて。それに実際、ごく一握りしか欧州選や世界選に出られないし。その他は自分たちの間での競り合い、他のロシアスケーターから一目置かれたい、程度のところでやっている。他の理由としては、現状で何でも与えられるから。給料は出る、合宿費も、衣装代も。つまり、外国の選手と比べてずっと恵まれている。アモディオ選手を例にとると、ノヴォゴルスクでトレーニングするのに一日に4000ルーブル(約130米ドル)自腹を切って出している。それだけのお金を無駄に費やすなんて思う?彼らはコーチから得られるものは何でも得ようとする。

 

EV: I though such eagerness is common for the Japanese skaters mainly.

 

NM: The Japanese are more disciplined and hardworking. It's kind of a national thing.

 

EV: そういう熱心さは主に日本の選手達の特徴だと思っていました。

 

NM: 日本人はより規律があって勤勉だ。国民性のようなものだ。

 

EV: When did you decide with Takahashi he'd join your group?

 

NM: I offered him to resume working together when we met quite by chance in Junior worlds before Nice. He had some problems with his boot, with something else.... So we decided we'd work together next season. Our parting was very civilized - it just happened. Takahashi changed a lot during that time - he used to listen and obey to what the others told him, but now he has a point of view on his own and a will to be the owner of his life. As far as his skating goes he improved as well, even though he never did two quads in this programmes. I still think had he not left in 2008 he would be the Olympic champion in Vancouver. The gap wasn't so big.

 

EV: 高橋をグループに迎えようと決めたのはいつ?

 

NM: ニースの前の、世界ジュニア選手権で偶然会った時、また一緒にやろうという僕が提案した。かれは靴に問題があったり、他にもあって・・・そこで来シーズン一緒にやろうと決めたんだ。僕らが別れたときはとても紳士的な形だったよ ―― ただ、そうなってしまった、というだけだ。高橋は随分と変わった ―― 人に言われたことをよく聞いて従う、というのから今は自分の視点でとらえて、自分の意志を持って、自分の人生は自分で左右する。スケートに関しても成長した。まだ二つのクワドをいれるところまでには至っていないけれど。僕は今でも、彼が2008年に自分を離れていなかったらバンクーバー五輪ではチャンピオンだったと思っている。トップとそれほどの違いはなかったし。

 

EV: Are you worried about potential problems with Japanese federation with Takahashi's comeback?

 

NM: There were no conflicts. Just financial disagreements. I took Daisuke when he was a no one. He even lived in my house for a while at the beginning. But once he started to deliver he was surrounded by some unknown people who signed the contracts with him and were earning money. As a coach I was offended. Now we signed all the financial agreements.

 

EV: 高橋との再結成で日本スケート連盟との問題が起こる可能性は気になりませんか?

 

NM: もともと衝突があったわけではない。金銭的な交渉が決裂しただけだ。僕は大輔がまだ無名だったころに自分の生徒にしたんだ。最初は僕の家に住んでいたこともあったぐらいだ。彼が結果を出すようになって、何か訳の分からない、何かと契約をかわしてお金をもうける連中に取り巻かれるようになった。コーチとして、ぼくは不愉快だったが。今は金銭面の契約はちゃんと取り交わした。

 

EV: If you decided upon everything in advance, why were his programmes choreographed by Camerlengo and Myamoto?

 

EV: 前もってすべてを決定していたのなら、何故高橋のプログラムの振付けがカメレンゴと宮本ということになったんですか?

 

NM: We decided I'll choreograph his Olympic season programmes.

 

NM: 僕たちは、彼のオリンピックシーズンのプログラムは僕が手がけることを決めたよ。

 

EV: Do you have the ideas?

 

NM: Not yet. It's an important job and demands a lot of thinking. I have to work with him on the ice and see how can some ideas com true, understand where would he look the best. Hence we decided this year programmes will be choreographed by those Takahashi worked with during the last couple of seasons.

 

EV: 何かアイディアは?

 

NM: まだない。これはとても重要な仕事で、じっくりと考えることが必要だ。彼とは氷の上でやってみて、どんな風にアイディアが実際に形にできるかを見て、どこのポイントでベストに見せるかを理解していかなればならない。そこで今年は彼がこの何年かのシーズンで関わってきた人に振り付けをしてもらうことにした。

 

EV: Which is harder: working with someone else programmes or your own?

 

NM: Not much difference. If the athlete or I dislike something in the programme it can always be changed. I invite other people to work on the choreography as well. The fresh ideas are always welcomed: sometimes things are more clear when you are not biased and not sucked in the process.

 

EV: 誰か他の人の振り付けのプログラムと自分自身のプログラム、どちらが難しいですか?

 

NM: あまり違いはない。アスリートか僕が何か気に入らないことがあれば、いつでも変えていけばいい。振り付けを作るのに協力してもらうのに、他の人を招くこともある。新鮮なアイディアはいつだって歓迎だ。時として、自負がない、作るプロセスに深く関わっていないというほうが判断が曇らない、ということがある。

 

EV: Did you accept Pushkah/Gureiro to your group to have a sparring pair for Ilinyj/Katsalapov?

 

NM: Not only. When I was accepting them in the Spring I thought about working with a dance couple if for some reason I will not be able to continue working with Ilinyh/Katsalapov.

 

EV:  イリイヌィフ・カツァラポフ組とぶつかりあわせて高めるためにプシュカシュ・ゲレイロ組をグループに受け入れたのですか?

 

NM: それだけではない。春に彼らの申し出を受けた時は、イリイヌィフ・カツァラポフ組と何かの理由で続けられなくなることも考えて、ダンスのペアをひとつは受け持とうという意図があった。

 

EV: Was that an option?

 

NM: When you work with such a pair it's always an option. Sometimes it's their moods, sometimes it's the outside pressure. Fortunately there are no such problems now.

 

EV: そういうこともあり得たということですか。

 

NM: ああいったペアとの仕事ではそれはいつでもある得る。スケーターがそういうムードになる時もあるし、外からのプレッシャーでそうなることもある。幸い今はそういう問題はないけれど。

 

EV: If not a secret, why have you invited Nechaeva/Chesnichenko to work with you in the summer?

 

NM: Those coaches have been working in the USA for a while now. I wanted their opinion. I don't judge the coaches by their talented pupils, but by their ability to create something great from very casual skaters. Yaroslava and Yuri worked with skaters who, in our books, are no ones and created two junior world champions. They gave some advice to my guys, worked with them on the ice. Besides, I needed to see whether the progress we make in one week is visible for the outsiders.

 

It's easier with the single skaters: sometimes a glance is enough to measure an element - it's level and figure how much the judges will give for it. In the ice dance I'm not that good yet. Hence I ask various specialists for their help.

 

EV: もし秘密でないなら、ネチャエヴァ・チェス二チェンコをこの夏協力者に迎えたのは何故ですか?

 

NM: この二人のコーチはここしばらく米国で仕事してきた。彼らの意見が欲しかったんだ。コーチを見るとき、僕は彼らの指導下のうちの才能ある生徒をものさしにするのではなく、ごく普通のスケーターから何かすごいもの引き出し、作り出す能力を見るんだ。ヤロスラヴァとユリは、一応僕らの大筋の見方でいうと可能性の乏しい選手を、手がけてそして世界ジュニアチャンピオンにしてしまった。彼らは僕の生徒たちに氷上で実際に動きながらアドバイスをくれた。それにこの一週間の僕らの進歩が外部からの目に見えるものかどうかを知る必要があった。

 

これはシングルの選手の方が簡単なんだ。エレメンツを計るのに、つまり、レベルを判断し、ジャッジがどれだけそれを評価するか、といったことは、一目見れば十分という時もある。アイスダンスでは僕はまだそれほど判断力がない。だからいろいろな専門家の助けを借りるんだ。

 

EV: Have you choreographed Ilinyh/Katsalapov's programmes yourself?

 

NM: Yes.

 

EV:   イリイヌィフ・カツァラポフ組のプログラムを振り付けはあなたですか?

 

NM: そう。

 

EV: What do you expect them to do this season?

 

NM: If they don't make it to the top 3 in the GPF and the Worlds I think there is no point continuing working with them. That will be the time I'll be done with the ice dance. I'll gain some more free time as well....

 

EV: 今シーズン彼らに何を期待しますか?

 

NM: GPFや世界選手権でトップ3に入れなければ、彼らと一緒にやってくことにあまり意味はない。その場合にはそこが僕がアイスダンスから手を引くべき時だ。そうしたらもっと他のことに使う時間も自由になるし。

 

EV: Why have you began at the first place?

 

NM: I don't know. Guess I was testing myself - many are certain a Russian pair can't win an Olympic medal in the ice dance. I think not only can they take a medal, but win. When I see the athletes who are capable and understand how to help them - why not give it a try?

 

EV:  そもそもどうして始めたのですか?

 

NM:  わからない。自分を試してみたかったんだと思う。みんなロシアのペアはアイスダンスではメダルが取れないと確信しきってる中、メダルばかりじゃなく、優勝だって出来ないことはないと思った。選手に高い能力があって、それをどうやって助けていくことが出来るかが分かっていれば。やってみたって悪くないんじゃないか?

 

EV: Is it possible to beat Patrick Chan in men?

 

NM: Why not? I think that part of his success is in the Canadian Skating Federation work. The Canadians always talk to the judges during the competition, create some `common knowledge', show, explain, tell what is in the fashion, what should be paid attention to...

 

EV: 男子シングルで、パトリック・チャンに勝てる見込みはありますか?

 

NM: いくらでもあるんじゃないかな?彼の成功の一端はカナダのスケート連盟の仕事のおかげ。試合中は、カナダ人たちはいつも審査員にアプローチして、「共通の理解事項」というやつを作っていき、今何が時流に乗っているか、何に注意を払うべきかをを示し、説明し、説得している。

 

EV: I.e. they are behaving in a very correct way.

 

NM: Yes, though they exaggerate a bit. It is nonsense when the skater receives the points Chan does after falling 3 times. The other athletes see it themselves and start thinking it's only possible to beat Chan if he falls 6 times and not 3. Going through the men protocols is another fun thing to do. Voronov's clean skate in the Europeans beat Joubert's by 13 points and lost 17 points in the 2nd mark. And it's not as if Joubert was particularly good int that either.

 

EV: つまり、大変正しいことをやっているということですね。

 

NM: そのとおり。彼らはいく分か誇張するけどね。チャンが3回転んで取っている点数は馬鹿げてる。他のスケーターが自分と引き比べて、チャンが3回じゃなく、6回転ばないと自分は勝てないと思うようになる。男子のプロトコルを見比べていくとこれがまた傑作だよ。ボロノフの欧州選手権のクリーンなスケートがジュベールに13点技術点で勝って、ところがPCSで17点負けている。そもそもそこはあんまりジュベールの強みじゃないという評価の上でね。

 

EV: What do you think about the recent rules changes?

 

NM: I reckon thanks to the new system all the skaters have the whole package now, so adjusting to the small changes is not a big deal. It's just about knowing what the rules are and working accordingly straight away.

 

EV: 最近のルール変更をどう考えていますか?

 

NM: 新採点システムのおかげでスケーターが皆、全てを揃えるようになってきたんだと思う。だから小さな変更にあわせて調整することなんかは重要なことじゃない。ただルールを知ってそれにあわせてただちに労を重ねていく、というだけのことだ。

 

EV: Who did you work with except for the skaters in your group this season?

 

NM: Traditionally - Volosozhar/Trankov. I also worked with Julia Lipnitskaya. The Chinese pair came to the USA - they just wanted to show their SP and hear my remarks. And well, my skaters, of course.

 

EV: 今季は自分のグループの選手のほか、だれと仕事しましたか?

 

NM: ボロソジャル・トランコフ組と ―― 習慣にならって ―― やった。それと、ユリア・リプニツカヤと。中国ペアとは米国で。彼らは自分達のショートを見せて僕の意見を聞きにきた。それとあとは、自分のスケーターたち。

 

EV: I don't want to hurt you, but Amodio's last year programme, I think, was not particularly successful

 

NM: We weren't aiming for that last year. The goal was to make the quad consistent. So we took the whatever music we found. Working on both the jumps and the programmes made no sense. You have to take a break from good programmes as well from time to time.

 

EV: あなたを傷付けたくはないけど、アモディオ選手の昨季のプログラムは、私としては、特に成功作だったとは思えません。

 

NM: 去年僕らはそれを目指していなかった。クワドの成功率を上げることが目標だったんだ。それで何でも目についた音楽でもってやった。ジャンプとプログラム両方をやっていくことは意味をなさなかった。時にはいいプログラムから少し距離を置くべきということもあるんだ。

 

EV: What, in your book, differ a good programme from just a programme?

 

NM: A good programme is everything - the style, the integration of all the elements and the music - like an art masterpiece. It takes a lot to create one.

 

EV: あなたの中では、いいプログラムとただのプログラムとの違いは何ですか?

 

NM: いいプログラムというのは、全てを持っている。スタイル、全てのエレメンツの統合性、そして音楽。芸術の傑作と同様だ。ひとつを創るのに、たくさんのものが費やされる。

 

EV: How many have you created this year?

 

NM: Amodio's LP, Leonova's SP - an indian hip hop and both Ilinyh/Katsalapov's dances, on which I don't want to elucidate yet.

 

EV: 今年はいくつ作りましたか?

 

NM: アモディオのフリー、レオノワのショート・・これはインドのヒップホップで、それとイリイヌィフ・カツァラポフ組のダンスを両方。これに関してはまだいろいろ明かしたくない。

 

EV: You have been working with Miki Ando for five years till last year. What do you think about her comeback?

 

NM: Miki spoke to me this spring, wanted to continue working with me. I declined.

 

EV: 安藤美姫選手とは昨年まで5年間組んできましたね。彼女の試合復帰をどう考えますか?

 

NM: 今春美姫が私にコーチを頼んできた。私は断った。

 

EV: Why?

 

NM: By working with Takahashi I don't think I deprive the Russian skaters from their potential medal. If I work with Ando I might deprive Leonova or Sotnikova or Lipnitskaya from their medal.

 

EV: 何故ですか?

 

NM: 自分の高橋との仕事によってロシアのスケーターのメダルのチャンスを奪うことになるとは考えないが、安藤選手と組むとレオノワやソトニコワ、リプニスカヤのメダルを奪うことになりかねない。

 

EV: I.e. you are not afraid to deprive Pluschenko in Sochi by working with Takahashi?

 

NM: The gold medal will not depend on how Pluschenko's rivals skate, but how he skates. If he doesn't skate well not only he'll loose to Takahashi, but to a dozen other skaters. He will be 7th. Or 9th.

 

EV: ということは、高橋との仕事がプルシェンコのソチのメダルを奪うこととは考えないということですね?

 

NM: プルシェンコの金メダルはかれのライバルのスケートがどうかにかかっているのではなく、彼がどう滑るかだ。彼がいい演技が出来なければ、高橋だけではなく他数人の選手に追い越されて、7位とか、あるいは9位とかに終わるだろう。

 

EV: In other words, you still think if Pluschenko skates to the top of his abilities in Sochi he'll be unbeatable.

 

NM: I think if he skates a programme with two quads and good spins he has a good chance to win.

 

EV: 言葉をかえれば、プルシェンコが彼の可能な限りの最高の滑りを見せれば無敵であると今でも考えるのですね。

 

NM: クワドを二つといいスピンを組みこんだプログラムが滑れれば、彼には十分なチャンスがあると思う。

 

EV: Is there a danger having Amodio and Takahashi in your group will make the Russian skaters in your group second important?

 

NM: They will only gain from that. When it's just Amodio on the ice they skate differently, but if you add Takahashi.... As for the other skaters - there is no danger at all - we have as much ice as we need in Novogorsk.

 

EV: アモディオと高橋が内にいることでグループのロシア人スケーターが二の次になる危険はありませんか?

 

NM: 彼らにとって有益な面オンリーだろう。アモディオがいるだけでも彼らは違った滑りを見せるようになるが、そこに高橋を加えると・・・他のスケーターに関しては、恐れることなどないと思う。ノヴォゴルスクには十分なリンクのスペースがある。

 

EV: So if Takahashi and Amodio's presence only does good for Voronov, why don't let Leonova skate with Ando?

 

NM: Alena doesn't need it since she skates with the guys. Besides, I'm in a difference wave.

 

EV: 高橋とアモディオの存在がボロノフにとっていいことずくめなら、何故レオノワを安藤と滑らせないのですか?

 

NM: アリョーナは男子と滑っているからそれは必要ない。それに、僕自身が今は違った波に乗っているということだ。

 

EV: Tatiana Tarasova once admitted working with the single skaters is the hardest. Do you agree?

 

NM: I think working with the girls is the hardest.

 

EV: タチアナ・タラソワが一度、シングルスケーターとの仕事が一番大変だと明かしてくれましたが、あなたも同じ考えですか?

 

NM: 自分は女の子たちとの仕事が一番大変だと思う。

 

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ポチッとお願い

人気ブログランキングへ

« 舞台「トロイラスとクレシダ」 | トップページ | 映画「プロメテウス」 »

コメント

ザ・モロゾフってところでしょうか・・・(笑)
こんばんわ!naoさん 日本語訳ありがとうございます!
基本的には大きく間違ったこと言ってないですかね~
まぁ~再会した場所とかは全然違うけど。てか再会してへんし
ワールドの前にモロゾフからオファーしたってとこは間違ってはないが
別れた理由が金銭問題ってとこはちょっと(一発殴ったろか!)←心の声です
異論もありますが・・・これは皆さん想定内でしょう。。
相変わらず面白いな~ニコちゃん
この方が大輔さんにとってプラスに作用してくれることを願い
FPが順調に出来上がっていることを願い
あと2シーズン応援しましょう!は~疲れるお人や・・・

kさん
こんばんは。
私もお友達のおかげで内容が詳しく分かって、すっきりしました。

モロゾフ氏は自分に都合のいいように言ってくれてますね~
こんな人だったんですね。。。
同感ですねぇ
この方が、高橋を+の方向に作用してくれることを願っています。
少なくてもモチベーションは上がると思うのですけど。
FPね~楽しみですね。

かなり長い記事を全文訳して下さったお友達に感謝です。もちろん、naoさんにも感謝です!(すみません、拙い語学力で、めげました)
ところどころ、ロシア語原文を見ましたが、この記者はモロと大ちゃんの別れた経緯を知ってて、突っ込んでいる感じですね。そして、矛盾を突いてくる。まあ、仕方ないですね、モロには少し汗をかいてもらっても。「時には良いプロから、解放される必要もある」って、エレメンツに重点を置くために、プログラムの芸術性などを二の次にすることも必要だということでしょうか。
かつて、ジャンプが跳びやすいように繋ぎをはぶいてしまうと大ちゃんが言ってたような・・・
とにかく、大ちゃんが以前とはちがうと、ここでも言ってるようですし、大ちゃんへの熱い思いは伝わりました!(ロシア語だとどうも熱く感じちゃうんですよね)

naoさん、Iさん、記事と翻訳ありがとうございました。
Iさんは、前にステファンのあの長いインタビューの翻訳も、本当にお疲れ様でした。正確できれいな和訳素晴らしいです。

モロゾフ氏は、相変わらず自分に都合がいいように脚色して話す人だなあと思いつつ、ただチーム高橋もそんなことは百も承知、でもモロゾフが持っている引き出しの中身は利用価値大という決断だったのかなと思います。
私はまだニースでの点の出方が面白くなくて(しつこい)、モロゾフ氏がそこのところを改善してくれるのであれば、得意な顔でキスクラに座っていてもまあいいかと思いますが・・・

ただ個人的には、引退前に1度は宮本先生のFSが見たいです。

pororimamaさん
そうなんですよね、かなり長い文を気を使って正確に訳してくださった
お友達に感謝です。
それも熱い高橋ファンだからこそ出来ることなんでしょうね。

矛盾を突いた質問ですか、、、、なるほど。。。

彼の熱い思い、、、それがいい方向に行くことを願っています。

erdbeereさん
ホントにIさんには、感謝しています。
彼女の素晴らしい日本語訳のおかげで、このインタビューの内容も良く分かりました。

モロゾフの人柄もよく分かりました。
けれど、こんな人も必要ではないかとも思うのですよ。
高橋のモチベーションを上げてくれて
プログラムの採点の取りこぼしが無いようにしてもらいたいな。

>個人的には、引退前に1度は宮本先生のFSが見たいです。
同感です。

こんにちは。
Iさん、英訳ありがとうございました。
どこかに出ないかなあと探していたところでした。
感謝です。
モロに対しては皆さん、やはりいろいろ思うところおありのようですね。
え、そうだったの?と思う個所も確かにありますけど、
実際、ほんとのところはどうだったのか、当事者でなくてはわからない部分もあるし、
当事者でも立場が違えば、「事実」は違ってくるものだと思ってるので、
私は、あんまり気にしないようにしてます。
モロにとっては、時間がたてば、あのことはこういう事実になったのね、とかw
どちらにしても、おもろいキャラですな。
大輔劇場で、消えたと思ってたはずの役者がまさかの復活で、
さあ、あなたはどういう風に、これから先の展開に関わってくるの?
という、ちょっとにやにや気分で眺めているところですw

で、私は今季のFS,ここまで引っ張るからには、モロでくるのか?と思ってたんですよね。
あれだけ鳴り物入りで復活したからには、プロに関わらないはずないだろうし、だったら、
オリンピックシーズンより今季でまず試さないかなと。
でも、こうなったからには、ソチでモロプロなんでしょうか。それが得策なんでしょうかね。
でもその前に、どうなるかもわかりませんね。大輔がさっさとモロを卒業しちゃうかもしれないし(笑)。
erdbeereさんのように私もみやけんプロに期待があったので、その辺ちょっと微妙です。

いずれにしても大輔ストーリーのクライマックスに向けて、ほんっとに目が離せなくなりました。

あ、英訳じゃなくて和訳でした(^^;失礼!

naoさま お久しぶりです。

今更な、モロゾフさんの言動の矛盾はおいておくとして、
セルゲイ選手についてのくだりで述べている「目標」こそが、
かつて高橋選手が与えられた「モチベーション」でもありました。
(ただ昨季のセルゲイ選手の問題がそこにあったかは、わからないことではあります)

日本男子として初めてファイナルの表彰台に上った2005年の高橋選手。
その喜びように、「志が低い」と一喝されたことを高橋選手はよく語っていました。
ベターな結果ではなく、ベストな結果を求めること。
後に高橋選手は、「表彰台を目指していたら表彰台にも乗れない」と言っています。

それだけに今になると。
フロラン選手に与えたプログラムについての弁解じみた理由、
記事タイトルにもつながる「あれか、これか」は、
今の高橋選手には通用しないでしょう。
高橋選手の、自ら限界を定めないというスケートへの欲望は、
「すべて」を求めるものです。
それに応えられるプログラムを創れるのか、
自作のプログラムが五輪で採用されるかはそこが試されるでしょうね。
モロゾフさんの健闘を祈ります。高橋選手のために。

Maruさん
こんばんは。
大輔劇場の役者とは上手いこと言いますね~
ソチでモロプロはどうでしょうか?
私も宮本氏希望です。

今季のFSはどうなったのでしょうかぁ
お披露目まであと一か月ですね。

大輔劇場、気をもむことが多いです。

さらさん
大変興味深いです。ありがとうございました。

>高橋選手の、自ら限界を定めないというスケートへの欲望は、
「すべて」を求めるものです。
それに応えられるプログラムを創れるのか、
自作のプログラムが五輪で採用されるかはそこが試されるでしょうね。

これはすっかり立場が逆転してますね。。。
今の高橋の実力からすれば当然でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/55558525

この記事へのトラックバック一覧です: モロゾフ氏インタ【日本語訳】:

« 舞台「トロイラスとクレシダ」 | トップページ | 映画「プロメテウス」 »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ