« つぶやき25 | トップページ | 合唱? »

2012年7月20日 (金)

2つのピアソラ

(お借りししました)

宮本氏の新ピアソラ見ていたら、カメさんの「ブエノスアイレスの冬」が見たくなり、

そしたら、ちょっと比べたくなって、2つをアップしました。

2010‐2011のピアソラは、高橋大輔を深く知るきっかけとなったもの。

私にとって最も特別なプログラムです。

けれど思い出すと少し胸が苦しくなるのは、

あの時の彼の不調と全日本の魂の滑り、震災。

そして世界選手権でのアクシデントを思い出すからでしょう。

それでも、あの時のピアソラは素晴らしいプログラムで、

高橋の心の迷いと苦悩、、、けれど彼の凛とした美しい表情も見ることができました。

最後まで完璧な演技を見ることが出来なかった、、、

その出来なかったこと、、、やり残したことを、

彼は、今季のEX「新ピアソラ」という形で見せてくれたのかもしれません。

完璧。それは技術的なことではなくて、この新ピアソラで特筆すべきは、役者の演技。

まったく、彼のあの演技には微々たる隙もない。

哀愁を漂わせ、官能的な男の切なさを、よくもあんなに表現できるね。

ランビの薔薇と比べても、恥ずかしくないのかと思うような横たわるシーンにも、、、

まったくの迷いのない、、、あの舞台で演じられる男の刹那の表情に

心がここで奪われそうになる。

「新ピアソラ」で最高の演技者としての高橋が見れたと思う。

モロゾフのことも、やり残したことだったのだろうな、、、、

その完結は、どんな高橋を見せてくれるのだろうか。

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

旅行なら楽天トラベル

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« つぶやき25 | トップページ | 合唱? »

コメント

二つのピアソラを比べると同じ曲
とは思えないくらい、それぞれに味がありますねえ。その演技力の凄さに改めて大輔さんの天才性に脱帽です。去年のは私も靴のネジはずれのことを思い出して一瞬暗くなってしまうので録画は余り見ていなかったんですが、今年のは素敵過ぎてリピートが止まらなくて困っていま~す。二つ並べてもらってようやく去年の暗さが無くなりました。ありがとうございました。

オリオンさん
コメントありがとうございます。
演技力が凄いんですよ。。。
舞台を見ているよな感覚になります。
素敵すぎですよね。

前のピアソラはとてもいいプログラムだったのに、
ネジの件であまり見なくなってしまって、私も残念でした。
でも新ピアソラのおかげで、見ようという気持ちになれて良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/55240437

この記事へのトラックバック一覧です: 2つのピアソラ:

« つぶやき25 | トップページ | 合唱? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ