« ドリーム・オン・アイス2012 情報 | トップページ | DOIニュース【動画】 »

2012年6月15日 (金)

モロゾフ氏に再び師事【ニュース】

やはり、うわさは本当でした。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/headlines/20120615-00000069-kyodo_sp-spo.html

http://www.asahi.com/sports/update/0615/TKY201206150654.html

http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120615-968059.html

世界選手権前にモロゾフ氏から打診を受け、悩んだ末に再結成を決めた

か、、、そうなんだ。

悩んだんだろうね。

私は、モロゾフ氏と過去に組んでいた時は、リアルに知らないのですが

高橋がモロゾフ氏に絶大な信頼を置いていたこと。

別れる原因は織田選手だけのことだったのか?単にそんなことだったのか?

疑問に思いながらも、この程度の情報だけ頭にあります。

Maruさんが言われるように、些細なことで別れた相思相愛の男女が

また、よりを戻したようなそんな感じなのかな?

そうだったよね、英語が出来るようになったらニコライと話したいと言っていた。

意外に感じたが、こう来たとは。。。

知らないながらに、過去にも書いたのですが、、、

モロゾフ氏は、高橋のフィギュア人生において重要な出会いでした。

劣等感の強い彼に自信をつけさせ、高い目標を持たせた。

そして、自分のアイスダンスの経験からの美しい滑りを教え、

斬新なプログラムを振付けた。

高橋は、素直な人だと思うけれど、多分たやすく心を開こうとしない人だと感じる。

けれど、当時の動画やインタビューを見ると、モロゾフ氏に絶大な信頼を置いていたというのが想像できる。

モロゾフ氏も彼を大切にしていたと、、、けれど、モロゾフにとっては特別ではなかったのかも。

めったに心を開かない彼が最大に信頼していた人だからこそ、大きな裏切りに感じた。

当時モロゾフ氏も野心のある振付師で、織田選手の件は沢山の優秀な選手と組みたかったのだろう。

しかし、手放してみて高橋の特別さに気が付いたに違いない。

振付師にとって、彼は作品を輝かせる魔術師のような人だから。その後の多くの選手に振付けながら、後悔の念を募らせたんじゃないのだろうか。

モロゾフの申し入れを受け入れた、その決断。。。

正しいと信じたい。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« ドリーム・オン・アイス2012 情報 | トップページ | DOIニュース【動画】 »

コメント

naoさん こんばんは!
ほんとだったんですね。
大穴、万馬券!誰も予想していなかったですよね。

Maruさんの考察、ほんとそのとおりって感じです!
モロゾフ氏の本「kiss&cry」でしたっけ?私もあれを読んで、モロゾフ氏の大輔さんへの愛をすっごく感じました。
で、英語が出来るようになったらニコライと話したい、なんて言ってた大輔さん。
そのふたりがまた復活とは・・・ちょっと胸が熱くなりました。

国別の時、モロゾフ氏も他の選手と一緒になって、上にきて大輔さんに拍手喝采してましたよね。
あの時にもうすでに決まっていたのかなあ。

ミキちゃんはどうするんでしょうかね?

naoさん。。。
今ツーショット見て、私には不思議な光景に映りました
4年前のあの記者会見での大輔さんの表情・・・
それを思い出すとね何だかね不思議な気持ちなんです
言いたいこと・思うところいっぱいありますが
大輔さんが悩んで決めてこれでソチを目指そうと決めたことだから
何も申しません(笑)
モロゾフ氏嬉しそうでした~何だか私はウルウル。

大穴、万馬券!
tamaさん、うまい!www
コメント聞いたら、モロのほうがよっぽど宿題やり残し感あったみたい(笑)。
国別のときに、モロが拍手を送ってたというのを何かで読んで、
今まではそんなことなかったってこと? たまたま目についただけなのか?とか、
ちょっと首をかしげたのですが、あれが伏線だったとは!?
どんどん魅力的になっていく大輔を見てれば、
そりゃ、自分から折れてでもより戻したいと思うよね(笑)。
でもいいんじゃないでしょうか。
カメさんと距離を置くようになっちゃったみたいだし、このまま、ソチまで国内体制だけで
いいのかなあと、漠然と思ってました。
チーム大輔というものの、もう、大輔自身が中心となって皆を引っ張っていくようになったとは聞くものの、カメさんが抜けてなんだか足りない感は否めませんでした。大体カメさんはコーチじゃなくて振付師。今後も振付師が変わるだけなのかとか、それでいいのかなあとか。とはいうものの、今更誰と組むのかなあとか、なんかもやもやしてました。
そこに上手く入り込みましたね、モロ!
大ちゃんは結構悩んだみたいなことを言ってますが、あなたの決断はいつだって正しい。
また、やってみなければ先のことはわからないし、眼の前のことに真摯に立ち向かってこなしていけば、おのずと訪れるべき未来が訪れるでしょう。
あー、しかしほんとに飽きさせない人だわ!
そこが大好き!みんな、そうでしょう?(笑)

モロゾフさんに言いたいこと…あの時、プライドが高く、繊細な青年は、深く傷つきました。「意外と弱かった。思ったよりきてる。」と話していて、その後、身体にも傷をおいました。大ちゃんは、悪口を決して言いませんでした。立ち直ってはくれたけど、より強くはなったけど、モロゾフさんなりに大ちゃんを愛してくれたとは思うけど…。でも、謝ってくれて嬉しかったです。今度こそ握った優しい手を離さないでほしい。高橋大輔という世界に2つとない宝石のような選手を今度こそ覚悟を決めて、サポートしてほしいです。もう1つちょっとだけ心配なのがレオノワさんが大ちゃんを誘惑しないかなあ?ってことです。(スミマセン!汗)

naoさん おはようございます。
Icenerworkに、記事が出ていますが、
最後の方に、ローリーとが難しくなったみたいなことが。
とはいえ、モロゾフもないって?
どうなるんでしょう?

http://web.icenetwork.com/index.jsp

tamaさん
ホントに彼は誰も予想しないことをしますよね。

本ですか、、読んでないなぁ。愛を感じますか?
なんだか、ますます興味深いな~ほんと、高橋、好きだわ。

こうなると美姫ちゃんは、微妙ですね。

kさん
4年前の会見、、、
長く彼を見てきた方にとっては、このことはまた特別な思いで受け取られていますね。

>大輔さんが悩んで決めてこれでソチを目指そうと決めたことだから
そうですよね。多分、大人の選択をしたのだと思いますよ。
彼の野生の勘(笑)もあると思うので、大丈夫だと思います。

Maruさん
昨日からの熱いコメントありがとうございます。
大変、興味深かったです。

>どんどん魅力的になっていく大輔を見てれば、
そりゃ、自分から折れてでもより戻したいと思うよね
私もそう思います。分かりやすい言い方(笑)そして鋭い。

彼の決断はいつも正しい。。。
そうかもしれないですね。
彼は面白い人です。大好きです。

キクさん
なるほど。。。傷つきましたか。ですよね、繊細な人ですものね。
心の傷と体の傷は無関係ではなかったかもしれませんね。
しかし、それによって彼はとても強くなっていますね。
私も、昔から見ている方と今、彼を応援できてとても幸運だと思っています。

レオノワは高橋の趣味じゃないでしょ。絶対大丈夫。

tamaさん
情報ありがとうございます。
ブログ記事にさせていただきました。

こんばんは。
やっぱりこの話題は衝撃でしたね。
あの時の大ちゃんの記者会見、リアルにみていた私・・・本当につらそうな
姿がわすれられませんでした。
でも、今思うと、不思議ですが、全てかみあって唯一無二の存在になったと思うんです。
そして大ちゃんの現役最後のソチに向けて、また、モロゾフと組んだ。
縁でしょうか?
巡り合わせでしょうか?
正直、私は・・・どうかなー???複雑です。
モロゾフは大ちゃんをある意味、自分の名声の為に裏切ったと解釈しています。
そして、どれ程、大きなスケーターを手放したかをここ数年で思い知ることになりました。
モロゾフがつかなくても、今の大ちゃんなら超素敵プロを表現できると思うのですが、
国別の時に写っていたモロゾフは本当に嬉しそうだったので、自分の為ではなく
大ちゃんの現役最後になるであろうその時まで注ぎこんでほしいと願うばかりです。
大ちゃんが決めたこと。応援しょうではありませんか!!!

いまさら、の遅レス失礼します。naoさん、みなさん、情報ありがとうございました。

皆さんの洞察に、思いに唸ったりホロリとしたり。またらっくるみゅうさんのおっしゃること、同感でした。

最初に、げ!となったのは、捨てたことを後悔した札を拾いにきたエゴの強いモロゾフ氏が、(基本、エゴの強い人きらいじゃないけど)その札を自分のややかげってきた名声のために利用するのかな、と思ったことと、彼の振り付けでやるの???という危惧でした。えー、あの人がKiss&Cryでまた手柄顔で隣に座るんですか~、とかも。(とりあえず来期、振り付けはなさそうですね。ほっ=3)

でも二人は相性はいいんだろうな、とは思います。やり残した宿題、なるほどなあ。ソチに向けて、いい形でこの新しい関係が生かされるといいな、と感じます。いや、大輔氏には必要な時に必要な人を引き寄せ勘と運、その関係を十二分に生かす才能があるので、きっといい結果を生み出すと思います。こうなったら、ニコさんも含めて、新たなTeam D1skをまるごと応援します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/54974260

この記事へのトラックバック一覧です: モロゾフ氏に再び師事【ニュース】:

« ドリーム・オン・アイス2012 情報 | トップページ | DOIニュース【動画】 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ