« これは、、、かわいい | トップページ | 高橋大輔、華麗にビール »

2012年5月 9日 (水)

つぶやき21(追加)

氷上での彼のダンスを見ていると、ほんとにあの写真の人か???

と。。。。思う。

彼の動画を見ていて、

私のツボは、間のとり方と関節のクネりかな~と昨日ふっと思った。

ここで、この間をとって、ここで首をクネ。。。手首をクネ。。。

うわ~それはたまらん~(すいません)という一瞬のポーズが沢山ちりばめられている。

もうこれはね。振付で教えられる範囲ではないのだよね。

感性と呼ばれるものに違いない。

脱力の仕方が絶妙で、ジャンプも全く力で跳んでるのではなくて

ホントにタイミングで跳んでいるのですね。

それは、もう美しい。

【追加情報】

コメント欄にハルさんが素晴らしいブログのアドレス入れてくださいました。

是非、見に行かれてください。感動します。

http://ameblo.jp/stain-love/
やっちのブログさま 『just like an Amaranth』

※無断転載も無断引用禁止です。

(ハルさん、ありがとうございます)

ハルさん、tomatoさん、あとでお返事書きますね~

今日は、習い事の日でして、、、すいません。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« これは、、、かわいい | トップページ | 高橋大輔、華麗にビール »

コメント

naoさん、久しぶりにお邪魔します。

そうそう!・・また一人で頷きながらつぶやき読んでました。
あの、曲に合わせたかのような、フワッとジャンプ・・あれって難しい技ではないのかな!(きっと難しいのでしょう)それに腕や指先の柔らかさと同時に頭や首の角度・・無理して表現してる感がなく、とても自然なのがいい!だから何度でも繰り返し見たいと思うのでしょうか。

来季のプログラム楽しみですね。

こんにちは、いつも読ませていただいております。コメントするのは超お久ぶりで…
で、突然すみません。
高橋選手のすてきな海外記事を翻訳してくれているブログを見つけました。
無断転載も無断引用もお断りします、となっておりますので、よろしければ、
見に行ってみてください。

http://ameblo.jp/stain-love/
やっちのブログ 『just like an Amaranth』

追伸:もうご存じでしたら ごめんなさい。元の海外記事はこれです。

http://fskating.com/2012/05/daisuke-takahashi-the-way-of-art.html

tomatoさん
そうなんですよね~ジャンプが曲に合ってる!って思うのは、高橋大輔くらい。
そうね~首、手、指の動きが凄く官能的なんですよ。
もちろん身体のすべて全体の動きもバランスが取れていて、隙がなくて
ホントに、ちょっとしたところに、そこツボ!って思う。

来季、楽しみです。
それまで、どんな妄想しましょう?

ハルさん
お久しぶりですね。
情報ありがとうございます。
翻訳が上手い人ですね。海外の方がそんなふうに書いてくださり
そして、それを読めてありがたいです。嬉しいです。感動です。

はいはい!(手あげちゃう)
この「やっちのブログ」さん、実は私もずっと前からチェックさせていただいてます。
ご存知ない方、バンクーバー後あたりに大輔関係の海外記事が
けっこうあったと思いますので、履歴さかのぼってご覧になってはいかがですか?
動画の海外解説が切れたときに、ときどきここに追憶の旅に訪れてます(笑)。
やっちさん、いつもありがとう。
ってこれはあちらに言うことか。

Maruさん
そうなんですね~。知りませんでした。
翻訳バリバリ出来て、客観的なコメントの方でいいですね。
過去のも読んでみます。
やっちさん、お邪魔します。
ありがとうございます。

nao様
素敵な海外解説の翻訳のやっちさんのブログ紹介ありがとうございます。
ホントに素敵な解説訳嬉しい限りです。

naoさんのブログや皆さんのコメントを読ませて頂くと、とても幸せな気分になれて、毎日の疲れが吹き飛びます。
Pちゃんが今までのコーチと別れ、表現力を磨くと言うけれど、もし、高橋のような表現を目指しているなら、それは辞めた方が良いです。
高橋は、色々な経験を経て、あらゆることを自分なりに理解して天性の感性で感じとって体の隅々まで神経を行き届かせて音楽を染みわたらせて、毎回夢の世界へ連れて行ってくれます。
高橋の表情や官能的な半開きの口元なんて、Pちゃんがもし真似たら、ちょっと気持ち悪いですよね。
Pちゃんは、その圧倒的な滑りと何か動力がついているのではと思うほどのスピード・切れ目のない流れる滑り、そしてGOEが高い4回転で世界1になったので、彼はそれで行くべきと思います。
高橋の、世界中の多くのファンを魅了してやまない滑りと演技は、やはり彼だけのもので誰も真似は出来ないのです。
根が優しくて回りに気を使って、自分がどうみんなの目に映っているか、想像以上に気になって仕方のない高橋。完璧な自分を見せたい、いつも自分の理想に近い滑りを見せたい、自分が曲に抱くイメージ通りの滑りを皆に伝える事だけ考えてる高橋。
かなりの完璧主義だからこそ、何処をカメラに収めても、ポーズをとって写したかのように美しい。
かなりの完璧主義だからこそ、少し滑る前に不安に襲われる。
でも今回の世界選と国別で、彼に不安はなくなり、自信がみなぎり、来シーズンの氷上での彼は尚一層そのオーラを輝かせ、皆を釘づけにし続けるでしょうね。
OP前の最後の挑戦が出来る来シーズン、彼はどんな世界を見せてくれるか本当に楽しみですね。
でも、超多忙な高橋。きちんとと休んで、その感性を磨くために、リラックスして、少し遊んで刺激を受けて、また、ストイックに頑張ってほしい。

ユミママさん
いつも素敵なコメントありがとうございます。
ホントに英語を綺麗に訳されて凄いですね、羨ましい。

>官能的な半開きの口元
ああ~そうそう、他の人では考えられません。。。

ユミママさん、同感ですね。。。人それぞれの方向があるのだと思います。
高橋の真似など誰にも出来はしません。もうあれは天性のものですよ。
彼の自信のなさも結構好きですけれど、今季の終盤に来てのあの強さ。。。
私もちょっと、変わったのかもと思ってしまいました。
来季が楽しみです。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/54668418

この記事へのトラックバック一覧です: つぶやき21(追加):

« これは、、、かわいい | トップページ | 高橋大輔、華麗にビール »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ