« 2日目のピアソラ | トップページ | Numero »

2012年5月30日 (水)

舞台「シレンとラギ」

至福のひと時でした。。。

http://www.shiren-to-ragi.com/website.html

先日は、お友達から一緒に行こうとした方が急遽行けなくなったのでどう?

というお話。。。二つ返事で即答でした。

行く予定ではあったのですが、自分で取ったのはS席なのにあまりに後方(泣)

彼女は2列目と聞いていましたから、、、しかし、そこは何と一番前で真ん中ではありませんか~ビックリ。

あまりに近すぎてドギマギしてしまいました。

それにしても、新感線でこの席は奇跡。

彼女は何にしてもよく当たるんですよ~何か持ってますね。

この場を借りて、お礼を。

ありがとうございました。

「シレンとラギ」

サイトでの紹介通り心がヒリヒリする話でした。

この話の根底にあるものは、オイディプスコンプレックス。

衝撃的な展開に

人間の弱さ、運命に不条理、虚無感を感じながらも、

男女、親子の情熱と愛を見せつけられる。

絶望から死に向かおうとする主役たちが

戦争または破壊によって、自分の価値を見出し2人で生き(希望)ようとする

ラストシーンは、今の時代に見なくてはならない舞台だったのかもと思わせる。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 2日目のピアソラ | トップページ | Numero »

コメント

どんなお話だったのでしょう…
藤原竜也さん好きです。
以前、藤原さんのロミオを見ました。
ショックで脱力しました。
あ~私、何やってるのか。真面目に生きないと…みたいな。

大ちゃんにも思います。
もう私って精一杯やってないなあ…と。
外国いって自分を見つめなおして頭冷やしてきま~すwobbly

akiakiさん
良かったですよ、藤原君。
私はあまり好きじゃないと思ったのですが、良かった。
あの役、切なくっていいなぁ。

一生懸命生きなくてはというのは、私も目標です。
海外に行っても、遊びに来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/54833764

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「シレンとラギ」:

« 2日目のピアソラ | トップページ | Numero »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ