動画

お勧め

お勧め2

« 国別対抗戦 各国出場選手【海外記事】【動画】 | トップページ | メッセージ »

2012年4月12日 (木)

満開の桜の下

Sh3j0175

(東泉寺の桜 夕方)

満開の桜の散るさまは、なんとも物悲しく、切ない。

と同時に狂おしい。。。

坂口安吾の「桜の森の満開の下」をなんとなく思い出したりします。

もっとも、しっかり読んだ記憶はなくイメージだけですが。。。

そのイメージの為でしょうか、桜の薄紅色の優しげな儚げな印象とは別に

満開の桜は何か人を狂わせる怖さのようなものも感じてしまいます。

また高橋の話になりますが

儚げな桜のイメージのプログラムはと思ったら「Luv Letter」の演技かと思いつく。

そして、狂おしく怖い桜のイメージは「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」

満開の桜の下には鬼が棲む。。。

いや、狂おしくと言うなら「ロクサーヌ」か?

今季はロクサーヌの話題でも盛り上がり、先のチャリティー演技会でもそれを披露したようで、とても羨ましかったです。

彼の若い?時のロクサーヌは狂おしいほどと感じる情熱的なロクサーヌで

まだ大人になりきっていない若者が背伸びをしているような愛おしさと危なげな色気を感じる。

(見る側が)少し上から目線になって思わず抱きしめたくなるロクサーヌだった。

そうだ、愛おしいと言ったらあの情熱的なロクサーヌだ。

そして今季のロクサーヌは、なにか余裕が感じられ、

大人の官能的な色気と妖艶さをまとって、優雅なしなやかさに下から仰ぎ見るような感覚にになり、同時にキレキレの身体の躍動に息もつけない様な魅力的なロクサーヌ。

満開の桜の下にはこの2つの愛に狂うロクサーヌがふさわしい。

満開の桜は見る者すべてを虜にする。。。高橋大輔の演技もまた。

話は変わりますが、先日の記事「SANKEI EXPRESS」の写真が変わりました。

紙面と同じものになってました。

ここでアップしておきます。

Photo_2 Photo_3 Photo

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

本・CD・DVD・ゲームをお探しなら、全品送料無料の楽天ブックスへ!

ナント【980円】!!美顔器の常識が塗り替えます!!>>エステナードソニック

« 国別対抗戦 各国出場選手【海外記事】【動画】 | トップページ | メッセージ »

コメント

私は満開の桜自体に「狂気」を感じます。
「幽玄の美」に切なくなったり、焦ったりして、「わ~きれ~い」と楽しめませぬ。
満開の間は「雨降らんといて」「風吹かんといて」と祈るのですが、散ってしまうとなんだかホッとするのです。
高橋くんに「狂気」は感じませんが、「切なさ」&「祈り(高橋くんをガッカリさせんといて)」は桜と同様です。

「ロクサーヌは、自分の演技の中でいちばん人気があるというか、見たい!という声がいちばん大きい。特別な時にやりたいな、と思っていた」と仰る高橋くん・
こりゃ「バチェラットも可能性あるな」とニヤついておるのは私だけではありますまい。

naoさん、ニコ動の高橋大輔は成長したか?っていう動画をご覧になりましたか?
07東京世選銀ベダルの演技と、今回の銀メダルの演技を比較しているのですが・・・

滑りやスピンが格段に上質になっていたり、技術的な違いもよく見えるのですが、そういうことだけでなく、ロクサーヌを見てもいろいろ感じたところなのですが、
07銀メダルの演技は、先日のセミナーでも話が出た、演技前から緊張で泣きそうだったというやつ(笑)。自国開催で期待を一身に背負い、自身初の世選メダルがかかった場面でした。
とにかく必死でプレッシャーをはねのけ、がむしゃらに思いの丈をぶつけるような演技、若さと情熱にあふれたスケートでした。

今回はプレッシャーという意味では、07以上にあったかもと私は思います。第2グループから4回転を跳ぶ選手が次々登場し、羽生君やフランス人選手へのあの歓声、チャンに勝ちたいし羽生君に負けられないという気持ちもあったでしょうし、昨季はアクシデントがあったとは言え表彰台を逃している、ここで4回転を決められず他にもミスが出て、表彰台を逃すようなことがあったら、もうちょっとピークを過ぎた選手という印象を与えてしまう・・・

でも彼は落ち着いていましたね。07みたいにプレッシャーをはねのけたというより、全て受け止めて自分の中で消化して集中したといった感じ、余裕というか経験値というか、これが大人になったということなのか、今季目標が定まってブレずに練習してきた自信なのか、とにかく立派でした。

そしてピークをすぎたどころか、まだまだ成長しているという演技をして見せました。観客と遊ぶ余裕すらあった、極上の大人のコクというか、本当に素晴らしかったです。

あの大怪我でさえ、後にあそこで怪我をしてよかったと言えた人です。来季そしてソチでは、今回の世選を振り返って、あそこでいい点を出してもらえなくてよかったと笑って言う、更に一回り大きな選手になるだろうと確信しています。


naoさん、こんにちは。

SANKEI写真、ありがとうございました!気がつかずに過ごすところでした。はぐはぐ!本当に、焦点の定まっている人の顔ですね。。オフ会だめでも、Hawaiiには、いつかぜひお越しください!(本気 *^-^*)

桜は、めったに見られない、遠くにありて思うもの、になりました。最後は2009年に帰国した時でしたが、見られる時にはいつも「見納めかも」と思いながら見上げてます。Luv Letterはもろ桜のイメージですよね?ロクサーヌと桜の取り合わせは考えたことなかった。そうすると赤パン・動物柄はNGで、今着てる黒じゃなくちゃ。VASはエスニックなのに、桜によくはまりそうですね。あのシャーマン風宗教儀式のような踊りが。別格大輔氏と同じ、あの花は自分にとっても「別格」です。

erdbeereさんご紹介の動画、私も見ました。07ワールドは私が最初に大ちゃんに蕩かされた記念の演技、そこを今季のと比べていて感慨深いです。今の方が滑りの軽さ、演技そのものの余裕などが数段上ですが、同時にあの音楽性の凄さ、人をひきつける魔力は昔から。昔も今も、どこを切ってもやっぱり大ちゃんが好き。私も、今回のことすべて、点数も含めてそれが最善の結果だったのだ、と後で振り返って言える、と確信してます。歌子先生も「にばん」でちょうど良かった、というようなコメントなさってましたね。たとえばファンとしてはいまだ胸が痛むけど、あのビスが外れた事故が神様からの最善の、最高のタイミングでの贈り物だった、と信じられる今、さらに来季が楽しみになりました。

yoitomakeさん
「狂気」ですか~なるほど、そうですね。

高橋には「切なさ」「祈り」が似合いますよねぇ。
だけど情熱が見たいです。
「バチェラレット」はなんだろうか、、、情念?
見たいですね、、、妄想。。。

erdbeereさん
動画見てきました。
ホントに成長と進化が良く分かりますね。
また、あの時の演技も素晴らしいと感じました。

しかし、さすがerdbeereさん
もう、このコメント素晴らしすぎて返事に困ります。
まったく同感です。

izayukamさん
いえ~良かったです。いい写真ですよね。はぐはぐ!(笑)
Hawaii行きます(本気)

桜の狂おしく怖いイメージで言うとです。
嫉妬のロクサーヌ、堕天使のVASと思ったのですよ。
あくまで私のイメージだから、当然見る人それぞれ違うかもしれませんね。

私もさらに高橋が好きになったかもしてません。
今回の採点には、到底納得は行きません。
だけど、楽しみです。これを糧に進化していく彼を見られる。
これからどんどん強く、素晴らしくなるのじゃないかという予感。
来季のプログラム、、、わくわくしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/54457365

この記事へのトラックバック一覧です: 満開の桜の下:

« 国別対抗戦 各国出場選手【海外記事】【動画】 | トップページ | メッセージ »

投票2

  • 音楽
  • 理由も教えてくださると嬉しい。

投票

  • 投票
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ