« 四大陸 セレモニー インタ【動画】 | トップページ | 大輔、帰国 世界選手権へ課題は4回転 »

2012年2月17日 (金)

読売新聞(パトリック・チャン)

Photo

Daisuke Takahashi and Patrick Chan share a laugh at the press conference following the short program.

昨日の読売新聞にパトリック・チャンのインタビュー記事が載っていたそうですね。

(お友達の情報でしりましたが、、、いつもありがとうございます)

本当に情報については、遅いもので、、、

そういうブログとしては役には立ちませんね(笑)

入手しました-------------------------------

「フィギュア王者パトリック・チャン ライバルはダイスケ」の見出し

「僕はまだ21歳と若いし完璧じゃない。トップで居続けるのは大変だ。

一番のライバルはダイスケ(高橋大輔)。彼のトリプルアクセルはとても美しい。

僕は苦手だけど(笑)。大輔の4回転ジャンプが確実になったら接戦になると思う。

「天井からつりさげる『ハーネス』での練習が、効果的。もっと難しい4回転を練習するつもりだ。」

「スケーティングが上手だと、助走で流れに乗ってスピードが出せるので、力に頼らず

簡単に跳べるようになる。ジャンプもスピンも有利だ。」

プルシェンコの存在について

「彼が優勝したトリノ五輪をテレビでみて、あこがれていた。

バンク―バーでは同組で滑れなかったけど、ソチで一緒に滑れたら興奮するね。

金メダルは僕がほしいけど。」

-------------------------------

ダイスケの4回転ジャンプが確実になったら接戦

その通り。

でも、彼のスケーティングへの自信のようなもを感じる。

それがあっての4回転、スピン。。。

やはり彼に勝つには、高橋の言うようにスケーティングの見直しが必要なのでしょう。

120213_1

昨日アップしたスモールメダルのセレモニー動画でも、チャンは高橋大輔から学んだとも言っていますし

彼は、高橋のことをリスペクトしているのだと思います。

性格も悪くはないですし、ライバルだからと言って彼自身を悪くは言いたくはないです。

ただ、彼はどんなに高橋大輔から学ぼうとも、得られないものがある。

一言でいうと「感性」。(表現力、センス)

それは、いかに技術が優れいて、練習、努力しても到底手には出来ない。

(4回転がいくら完璧にして、点を稼ごうとも)

それは、チャンだけでなくだれにも越えられないものだと私は確信しています。

(気が向いたらクリックお願い)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

本・CD・DVD・ゲームをお探しなら、全品送料無料の楽天ブックスへ!

ナント【980円】!!美顔器の常識が塗り替えます!!>>エステナードソニック<<

« 四大陸 セレモニー インタ【動画】 | トップページ | 大輔、帰国 世界選手権へ課題は4回転 »

コメント

naoさん、その通りですよね!感性というものは簡単に学べるものじゃないし、真似られるものでもない。
 CBC解説でしたか、見るたびに違ったプロに感じるって言ってました。その時その時の気持ちのまま滑ると高橋大輔は言ってましたが、ファンでなくても(いえ、カートはファンかもしれませんが)違いを分かってもらえるんですね。
 手に入れた技術を音楽表現のためのツールとして滑る。まず、そこが別次元だと思います。
 

naoさん、再びこんばんは。
チャン選手いつも明るくてフレンドリーな方ですよね。私も彼の性格の良さは画面からも見て取れます。

で、気になったのが前記事への私のコメントです・・プレカンでの、、のくだり、あれ読み方によっては高橋選手を持ち上げてチャン選手を下げた表現になってしまうなと。

チャン選手物事を正直にストレートに言ってしまう、そんなところで誤解されてしまうのかな・・とは思いますが。何を言いたいかというと、コメントの表現も難しいですね(苦笑)

それは置いておいてランビエールが安藤美紀との対談で表現力について語っていました。「僕達はとても繊細な人間、だから感情がすぐに表に出ちゃう」これ高橋選手の感性にも通ずるものがあるなと思いました。

pororimamaさん
いつもありがとうございます。
言ってましたね。滑るたびに違うプログラムに見えると。
私たちもそう感じますよね。
感性というのは、そういうものなのでしょうね。
>手に入れた技術を音楽表現のためのツールとして滑る
同感です。

tomatoさん
そうですね、チャン選手は、性格的にはいいと思いますよ。
高橋とも仲が良さそうでほほえましいです。
でも、コメントはそう気にされなくともいいのではないでしょうか。
まったく、そういうふうに感じませんでしたよ。
確かにコメントもブログの記事も言葉のニュアンスは難しいですけれど。。。

「僕達はとても繊細な人間、だから感情がすぐに表に出ちゃう」
ホント、まさに高橋大輔のことだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541748/54005377

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞(パトリック・チャン):

« 四大陸 セレモニー インタ【動画】 | トップページ | 大輔、帰国 世界選手権へ課題は4回転 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ